スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

切れ痔の症状とは

更新日:2017/04/09 公開日:2017/04/09

痔核の治療・手術法

切れ痔は、日常的に起こりがちな疾患のひとつです。特に女性の方に多いといわれ、排便時の痛みを遠ざけるためにますます症状の悪化を招いてしまうこともあります。「切れ痔の症状」を中心にドクター監修の記事を参考にお届けします。

「切れ痔」になると排便時に強い痛みを感じるために、トイレが遠のいてしまい、ますます症状が悪化する方も少なくありません。また、同じように肛門付近の痛みや出血をともなう疾患には、生命にかかわる重大な病気もあります。「切れ痔」と重大な病気との違いを見極めるためにも、切れ痔の基礎知識について知っておくことは大切です。

切れ痔とは

切れ痔とは、肛門上皮の部分が傷つき、痛みや出血をともなう疾患のことを言います。出血の量には、症状や体調に応じて個人差がありますが、便が肛門を通過するときの痛みには著しいものがあります。

切れ痔になる主な原因として、硬い便を排出するときに力みすぎて、肛門上皮が裂けてしまうことがあげられます。あるいは下痢による水分を多く含んだ便が、皮膚に浸透することによって、炎症を起こしてしまうこともあります。切れ痔の発症は、排便と密接な関係がありますので、食生活には十分な配慮をしなければなりません。運動不足やダイエットのための急な減食などは、便秘を引き起こしやすいために注意が必要です。また、ウォッシュレットの使いすぎや、強く拭き取りすぎることも切れ痔を引き起こす原因のひとつです。

切れ痔の症状とは

切れ痔の症状は肛門付近の痛みと出血です。排便の際に痛みやヒリヒリと沁みるような感じがしたら、なんらかの理由で肛門付近が傷ついていることになります。この傷が、擦り傷程度の症状初期の段階を「急性裂肛(きゅうせいれっこう)」、慢性化したものを「慢性裂肛(まんせいれっこう)」と呼びます。

急性裂肛(きゅうせいれっこう)

急性裂肛(きゅうせいれっこう)とは、硬い便が肛門を通過するときだけに痛みを感じたり出血したりする、あるいは下痢症状による便が肛門に沁みるなどの状態の切れ痔のことをいいます。この段階では擦り傷程度である場合が多く、便が健康状態に戻れば傷は数日で回復します。

慢性裂肛(まんせいれっこう)

一度傷ついた皮膚は弱くなっているため、同じ刺激がくりかえされると傷つきやすい傾向にあります。便秘や下痢を何度もくりかえすことによって、同じ場所が傷つき、切れ痔が慢性化してしまうことは少なくありません。このような状態を、慢性裂肛(まんせいれっこう)と呼びます。慢性裂肛(まんせいれっこう)の段階では、排便後も痛みを感じ、傷口はさらに深くなります。やがて傷は潰瘍化し、ポリープを形成します。

慢性裂肛(まんせいれっこう)が悪化すると、肛門付近の硬化がすすみ、肛門が狭くなってしまいます。肛門狭窄(こうもんきょうさく)と呼ばれる状態です。肛門狭窄(こうもんきょうさく)になってしまうと、排便はますます困難になり、痛みも激しいものとなります。治療のためには、肛門を拡張するための手術や肛門括約筋(こうもんかつやくきん)の切開手術などが施されます。

切れ痔に間違われる病気

切れ痔と症状の似通った病気の中には、生命にかかわる重大な疾患もあります。肛門付近の痛みと排便の際の出血を手掛かりに、安易に「切れ痔」であると決めつけることは避けなければなりません。まずは専門のドクターに相談することをおすすめします。

直腸がん・大腸がんの可能性

排便の際に、出血があるからといって必ずしも切れ痔とは限りません。直腸や大腸にできたがん腫瘍から出血している場合もあります。それまでほとんど便秘になったことのなかった方が、急に便通が悪くなったり便が細くなったり、残便を感じるようになったら、大腸や直腸の病気の可能性が高いと言えます。出血とともにお腹が張ったり、座っていても肛門が痛んだりするような症状が見られたら、すみやかに病院を受診することをおすすめします。

血栓性外痔核(けっせんせいがいじかく)

それまで痔になったことのない方が、突然肛門付近に激しい痛みを感じることがあります。その場合に、肛門周囲にイボ状の血豆ができていたら、「血栓性外痔核(けっせんせいがいじかく)」という疾患です。この疾患は肛門周辺の血管に内出血が起こり、血栓ができることによって発症します。血栓のできる理由はさまざまで、困難な排便による強い腹圧がくりかえされることや、一時的な強い衝撃による内出血が発症原因となります。一過性の症状ですので、血栓が吸収されると血豆も痛みも消えていきます。

肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう)

「肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう)」とは、肛門腺などが細菌に感染し、化膿して膿(うみ)が溜まっていく病気のことを言います。ズキズキした痛みをともない、患部が腫れて熱を持ち、膿(うみ)が出てきます。また、頭痛をともなうこともあります。悪化すると、肛門内に小さなトンネルのようなものができて、「痔ろう」という疾患を引き起こします。「痔ろう」は、「いぼ痔」「切れ痔」と並ぶ痔の三大疾患といわれていますが、「いぼ痔」「切れ痔」と違い、生活習慣の改善や薬物による治療はできません。治すためには手術が必要になります。肛門周辺の痛みに関しては、生活習慣の改善はもちろん、軽視しない丁寧な観察とすみやかな受診が望まれます。

ヘルスケア本