スキンケア大学 メンズスキンケア大学

女性の薄毛・脱毛はどうしたら治る?

更新日:2017/05/12 公開日:2017/03/31

女性の薄毛の原因には、ダイエットや妊娠・出産・更年期など、女性ならではのものも多く見られます。女性の薄毛の原因や治療法などについて知っておきましょう。

女性の薄毛の原因

男性の薄毛の原因は遺伝的要因である場合が非常に多いですが、女性の薄毛はホルモンバランスの乱れや生活習慣の乱れが主な原因であるといわれています。女性の薄毛の原因について解説します。

ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンの一種であるエストロゲンには、生殖に関するはたらきをもつだけでなく、髪の成長にも大きく関わっています。年齢を重ねて閉経に近づくといわゆる更年期となり、エストロゲンの分泌は急激に減少します。そのため、更年期になると髪が細くなったり、抜け毛が多くなったりするなどして薄毛の原因となることもあります。

また、妊娠・出産もホルモンバランスを大きく変化させるライフイベントです。妊娠中はエストロゲンが徐々に増加し、出産して妊娠の状態が終わると、体が妊娠前の状態に戻ろうとするため、今度はエストロゲンが一気に増えます。こうしたエストロゲンの急激な増減により、薄毛になってしまうケースもあります。

生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れは体にさまざまな不調や病気をもたらしますが、薄毛に関しても例外ではありません。

女性の薄毛の原因で多いのは、過度なダイエットです。すでに痩せる必要がないようなスレンダーな体型であるにもかかわらず、さらに細い体形に憧れて無理な食事制限などを続けてしまうと、体に必要な栄養が供給されない状態になります。体に栄養が供給されないということは、髪や頭皮にも十分な栄養が行き届かなくなるということです。発毛や髪の成長にはタンパク質やビタミン、ミネラルなどのさまざまな栄養が必要ですので、これらの栄養が不十分だと薄毛になってしまうケースがあります。

喫煙の習慣も薄毛の原因になります。タバコを吸うと、全身の血管が収縮することで爽快感を得ることができるといわれています。しかし、血管が収縮してしまうと全身へ栄養や酸素などが供給されるのを阻害してしまいます。頭部の血管も収縮してしまうので、頭皮や髪に十分な栄養を送ることができなくなってしまいます。

睡眠不足による成長ホルモンの不足が原因となる場合もあります。起きている間に体に受けたダメージは、成長ホルモンのはたらきによって睡眠中に修復されるようになっています。そのため、睡眠時間が慢性的に不足すると、頭皮などに受けたダメージの修復が追い付かなくなってしまいます。また、成長ホルモンには毛髪の成長を促進するはたらきもあるので、睡眠が不足して成長ホルモンの分泌が少なくなると、髪が成長しにくくなるといわれています。

ストレス

心身にストレスを受けると、自律神経が乱れて血行不良に陥りやすくなります。血行不良は頭皮の栄養不足を招きますので、薄毛の原因であるといわれています。

強いストレスを受けると、体内の亜鉛が大量に消費されます。亜鉛は髪の成長や発毛を促進に欠かせない栄養素ですので、これが不足することによって薄毛になってしまう場合もあります。

間違った頭皮や髪のケア

シャンプーやコンディショナーの洗い流し忘れは毛穴に汚れを溜めてしまい、薄毛の原因となるケースが多く見られます。反対に、汚れをしっかり落とそうとして頭皮を洗いすぎることで頭皮の乾燥を招き、炎症などを引き起こして抜け毛がひどくなる場合もあります。

また、おしゃれのためのヘアカラーやブリーチ、パーマなどの薬剤には、頭皮に強い刺激を与えてしまうものが多いです。頭皮や髪の状態が気になる時は、こうした施術を避けることをおすすめします。

女性の薄毛・脱毛の治療法

女性の薄毛治療は、病院で行うものと、自宅で行うセルフケアとに分かれます。

病院での治療

病院での薄毛治療は、薄毛外来や美容外科などで行うことができます。カウンセリングや検査で薄毛の状態を確認した後、それぞれの症状に合った薬が処方される場合がほとんどであるとされています。薄毛治療は根気強く続けていくことが大切ですが、病院での治療の場合、早い人では3か月ほどで治療の効果を実感することができる人もいるといわれています。

自宅でのセルフケア

薄毛治療には、育毛シャンプーなどで手軽にセルフケアを行う方法もあります。病院で治療を受ける場合よりも安価に済ませることができる場合が多く、予算があまりない人でも始めやすい方法です。

女性の薄毛・脱毛治療のメリットとデメリット

薄毛治療においては、病院での治療を受ける場合・自宅でセルフケアを行う場合の両方にメリットやデメリットがあります。

病院で治療を受けるメリット

病院などの医療機関で治療を受けるメリットは、専門家の指示のもと、適切な治療を行うことができるところです。カウンセリングや検査で薄毛の原因を明らかにし、それらを改善していくための薬の処方などを受けることができます。

病院で治療を受けるデメリット

医療機関で薄毛治療を受けるデメリットは、通院の必要があることです。薄毛で悩んでいる女性の中には、できるだけ人目に触れずに治したいと思っている方も多いです。近年は女性専門の薄毛外来なども増えてきてはいますが、まだまだそれほど多くはありません。男性共用の薄毛外来だとどうしても女性患者が目立ってしまうと考え、通院に強い抵抗を感じる方にはあまりおすすめできません。また、セルフケアよりも費用がかかる場合も多いです。

自宅でセルフケアを行うメリット

薄毛のセルフケアのメリットは、通院の必要がないことです。誰にも知られずに治療を始めることができるので、薄毛治療のことを他人に知られたくないという方の中にはセルフケアを選択する方も多いです。セルフケアには育毛シャンプーなどの費用がかかりますが、通院費や薬代などと比較すると割安である場合が多いといわれています。

自宅でセルフケアを行うデメリット

自宅での薄毛のセルフケアのデメリットは、専門家による適切な指示を仰ぐことができないことです。自分の判断でヘアケア剤などを購入しなければならないので、自分の症状や肌質に合わないものを購入してしまう危険性もあります。

薄毛治療の各方法にはそれぞれメリットやデメリットがあります。自分の悩みや予算に合わせて治療方法を選ぶようにしましょう。

今すぐ読みたい

カテゴリー