スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

爪水虫の治療効果が期待できる薬はどのようなものがあるか

更新日:2017/08/16 公開日:2017/03/31

水虫のよくある疑問

女性でも水虫に悩んでいる人というのは意外に多いといわれています。なかなか人に水虫の治療について相談しにくいようです。ここでは、水虫の中でも爪水虫の効果的な薬について、ドクター監修の記事で解説します。

一般的な水虫と爪水虫の違いが判らないという人も少なくありません。爪水虫や、効果的な治療法、副作用などについて詳しく解説していきます。

爪水虫とは

爪白癬といわれる疾患で、爪にカビである白癬菌が感染して起こります。以下、爪水虫について詳しくご紹介します。

水虫の延長

爪水虫は、一般的な水虫を治療しないでそのまま放っておくことで菌が爪の中に入り込んでしまい発症する病気です。通常の水虫よりも完治に時間がかかることで知られており、治療がとてもやっかいだという事で知られています。また、通常の水虫と違い、爪水虫は足から手に感染して手の爪に爪水虫を発症させることもあります。

爪水虫の症状

爪水虫になると爪が白くなったり褐色になったりするといわれています。皮膚にできる一般的な水虫と違って、爪は神経が通っていないため、かゆさや痛さというのは感じないことが大きな特徴です。ただ、爪水虫が進行すると爪が分厚くなるため、その圧力によって指が痛くなる場合があるようです。前述の通り、一般的な水虫からの派生であることが多いです。爪水虫になるとその他への感染力が高くなるといわれているので、注意が必要です。

爪水虫の原因

爪水虫は、皮膚にできる水虫の延長であるため、通常の水虫と同じ白癬菌の感染が原因です。

原因は白癬菌というカビ

水虫というのは、皮膚の表面にある角質層に白癬菌というカビの一種がはいりこんで増殖していくことで発症するといわれています。白癬菌がなぜ皮膚の中に入っていくのかというと、皮膚や爪のなかにあるケラチンという物質を摂取するためだと考えられています。

白癬菌の好む環境

白癬菌を含むカビという物質は、高温で湿気の多い場所を好みます。また、正常な皮膚の状態である弱酸性ではなく、アルカリ性の環境で増殖が活発になるといわれています。そのため、手の皮膚でも白癬菌は生息するものの、白癬菌にとって比較的生息が厳しい部位となり、汚れがたまってアルカリ性に変性しやすい、足の指などで活発に増殖をするようになると考えられています。また、足は靴を履いている機会が多くなるため、気温や湿度が上がりやすく、白癬菌が成長しやすい環境が整いやすいといわれています。

爪水虫に効果的な薬の種類

爪水虫に効果のある薬としては、ラミシールやイトリゾールと呼ばれる薬が効果的であるといわれています。

ラミシール

ラミシールは、殺菌作用のある薬であり、白癬菌の増殖を抑制する効果が期待できるといわれています。ただし、副作用の評価のため、定期的に血液検査を行いながら使用していく必要があります。血液検査をする必要性としては、ラミシールという薬は、肝臓が正常な状態であるのかどうかをチェックしておかなければならないからです。肝臓に異常をきたしていると、ラミシールを服用することで副作用が引き起こされる可能柄性があります。使用ができるのかどうかを医師と相談をしながら使用する必要があります。

イトリゾール

イトリゾールという薬は、白癬菌の細胞膜を作るのを阻害する効果がある薬です。細胞膜を作ることができませんので殺菌する効果が期待できます。白癬菌を含むさまざまな真菌に効果があるといわれており、使用頻度の高い薬であることが多いです。1週間の薬を飲む期間、その後3週間の休薬期間を設けた治療を行う場合が多いです。イトリゾールの効果を最大限に発揮させるためには、食後に服用をすることが必要だといわれています。

足水虫との治療法の違い

通常の足水虫との治療法のもっとも大きな違いは、塗り薬が使用できるかどうかという事です。足水虫の場合は、飲み薬による治療ができ、さらに塗り薬を併用して高い効果が期待できるようになります。ですが、爪水虫の場合は、爪に塗り薬を浸透させることが比較的難しいといわれています。使用する薬の違いがもっとも大きな治療法の違いと言えるようです。

副作用について

爪水虫の治療で使用される、ラミシールとイトリゾールは副作用があります。

ラミシールの副作用

ラミシールの副作用はさまざまなものがあるといわれており、例としては下痢や吐き気といった消化器官系の副作用、味覚異常、そして皮膚や顔に現れる炎症が引き起こされる可能性があるといわれています。

イトリゾールの副作用

イトリゾールの副作用としては、消化器官系の障害や、肝機能障害、そして持病の悪化などの副作用が引き起こされる可能性があるといわれています。

肝臓の機能が低下すると副作用が起こりやすい

肝臓の機能が低下している状態で、治療を行うと前述の副作用が引き起こされやすくなるといわれています。そのため定期的に血液検査を行い、医師の判断の元治療を進めていく必要があるといわれています。

ヘルスケア本