スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

性器ヘルペスの原因・感染経路と予防方法

更新日:2017/04/11 公開日:2017/03/31

性器ヘルペスは性行為の経験があれば、誰でもかかる可能性がある病気で、けっして珍しい病気でもありません。しかし、実際の症状や原因、感染経路、診断方法や治療方法などといったことはわからない人も多いでしょう。

性器ヘルペスに感染する主なケース

性器ヘルペスは、ほとんどの場合が性行為にて感染するとされています。感染した人の近くにいるだけで空気感染したり、飛沫感染したりすることはないとされています。基本的にウイルスに感染した患部に触れる、感染した人と洋式便座やタオルを共有する、口唇ヘルペスを患っている人とオーラルセックスをするといったことがきっかけとなり、感染するケースが見られます。

また、感染源となった人が無自覚のまま別の人に感染するケースも多く、感染源となった人に症状が現れていないうちから感染が広がる可能性もあります。

性器ヘルペスのセルフチェック

性器ヘルペスの主な症状としては、以下のようなものがあげられます。

●性器周辺やおしりに赤いブツブツができている

●性器周辺やおしりに水ぶくれができている

●性器周辺やおしりがむずがゆい

●性器周辺やおしりがヒリヒリする

●性器周辺やおしりに強い痛みがある

●性器周辺やおしりが熱い

●排尿時に痛い

これら以外にも発熱や頭痛、倦怠感、リンパ節が腫れるといった症状がみられます。特に水ぶくれができている場合は、限りなく性器ヘルペスの疑いが強いので病院を受診しましょう。男性は性器カンジダと症状が似ているため注意が必要です。

患部がデリケートな部分なだけに、病院に行くのをためらう人も多いかもしれません。自宅でもできる「性病検査キット」などもあるため、活用してみることをおすすめします。

性器ヘルペスの予防方法

日常生活での予防

性器ヘルペスは日常生活で気をつけていれば、予防しやすいとされる病気です。石けんを使って手をよく洗ったり、タオルは自分のものを使用したりすると予防効果が期待できます。また、洋式便座を使用する際は、消毒用エタノールなどで拭いてから使用するかタオルなどを掛けて使用するようにする、といったことを徹底することで、外部からの感染はある程度予防できるとされています。

性生活での予防

性器ヘルペスを発症している人との性行為を避ける、不特定多数との性行為を避けるといったことがあげられますが、事前予防は難しいかもしれません。また、感染源となっている人が発症していなくても感染してしまう可能性もあります。さらに、ほとんどの性病と違ってコンドームによる効果もあまり期待できません。コンドームで覆っていない部分から感染してしまうケースがあるためです。性行為に関しては完全な予防がないために注意が必要です。現実的な予防策では、患部を触らないことや万が一触ってしまったら性行為のあと石けんでよく洗うこと、オーラルセックスは極力避けるなどが考えられます。

ウイルスの特徴

症状がまだ出ていない場合、ウイルスが発生している量は少ないため、感染しにくいとされています。また、特定のパートナー同士のカップルの場合、相手に感染する確率は約10%ともいわれています。熱や乾燥に弱いウイルスでもあるので、気にしすぎるのもよくないでしょう。

パートナーが感染していた場合

公衆トイレなどの使用が原因でパートナーが外部で感染してしまった場合には、まず手を石鹸を使いよく洗うようにすることが効果的です。これはお互いに実施することで効果がより高まります。タオルは別々のものを使用し、洗濯も別々に行うようにしたり、熱処理するなど工夫しましょう。熱や乾燥に弱いウイルスだといわれているため、よく天日干ししたり乾燥機を使ったりすることでより感染力は低下すると考えられます。洋式便座などは使用の度に消毒用エタノールを使用する、使用する際にタオルやガーゼを便座にかぶせるといった対処も必要です。特に消毒用エタノールなどは感染力のあるウイルスには効果が高いものなので、ヘルペスに限らず使用することをおすすめします。

また、症状が治まるまでは性行為を避けるようにしましょう。直接、間接問わず、患部に触れないように心がけることが大切です。ヘルペス自体は誰にでも感染する可能性がある病気です。自覚症状があれば、すぐに医師に相談するようにしましょう。

カテゴリー