スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

脇には、エクリン腺のほかにアポクリン腺があるため、脇汗は臭いと感じてしまうことがあります。脇汗のニオイと汗腺の関係、脇汗のニオイを抑える方法について詳しく紹介します。

脇汗が臭い原因

脇汗が臭いと感じてしまう人には、以下のような理由があると考えられています。

アポクリン腺の個数が多い

ヒトには、エクリン腺とアポクリン腺という汗腺があります。全身に存在するエクリン腺は、主に体温調整をするために働くといわれていて、出てくる汗は99%が水分です。一方、アポクリン腺は、哺乳類の芳香腺だったので、乳首や外陰部、脇などに存在し、フェロモンを放つ働きがあると考えられています。そのため、汗の成分はタンパク質やアンモニアといったニオイを放ちやすい成分です。このアポクリン腺の個数が多い人は、それだけ汗が臭くなりやすい状態にあるので、汗のニオイが気になってしまうことがあります。

雑菌が繁殖しやすい環境である

アポクリン腺の汗もエクリン腺の汗も、出てきてすぐには無臭であるとされています。汗が放置されることで、脇の皮膚にある細菌によって分解されて雑菌臭が発生し、脇汗が臭いと感じてしまうのです。なので、雑菌の繁殖しやすい、蒸れやすい服を着ている、汗をこまめに拭き取らないといった環境にあると汗のニオイが気になってしまいます。

ワキガと普通の汗のニオイの違いとは

エクリン腺から出てくる汗は水分がほとんどなので、ニオイはそれほど強いものではありません。しかし、アポクリン腺から出てくる汗のニオイは少し強いと感じてしまったり、不快に思ったりすることがあります。その中でも、鼻にツンとくるニオイを放っている場合は、ワキガの可能性があるので注意が必要です。

ワキガ体質のセルフチェック

汗のニオイが強いと感じる人は、次の項目をチェックしてみましょう。当てはまる数が多ければ、病院で医師に相談することをおすすめします。

  • 親がワキガ体質である
  • 服の脇の下部分に黄ばみができる
  • 耳垢が湿っている
  • 脇汗が多い
  • ワキ毛が多い
  • ワキ毛に白い粉がついている

脇汗を抑える方法はあるのか

脇汗そのものを、セルフケアだけで減らすことは難しいと考えられます。それは、エクリン線の場合、主に体温調整のために機能しているので、正常に機能していないと体温が上がりすぎる可能性があるからです。ただし、運動をした後やからいものや熱いものを食べたときではなく、緊張したときやストレスを感じたときに汗を大量にかいてしまうという場合は、多汗症であるケースもあるので、病院での治療によって脇汗を抑えることができるでしょう。

また、アポクリン腺から出る汗は、アドレナリンによって発汗するといわれているので、こちらもセルフケアでは抑えるにくいと考えられます。アポクリン腺の汗の量が気になる場合も、病院で相談してみましょう。アポクリン腺を目視で取り除く切開法などの手術で、汗そのものをかかなくする方法など、状況にあった対処法を行います。

脇汗のニオイへの対策方法

脇汗のニオイが気になっている人は、正しい制汗剤の使い方や生活習慣の改善、食生活の改善を行うことをおすすめします。

・制汗剤を正しく使う

制汗剤には、汗の量を抑える成分が含まれるものと汗のニオイを抑える成分が含まれているものがあります。脇汗のニオイが気になっているのに汗の量を抑えてしまうと、かえってニオイをきつくしてしまうケースもあるといわれているので、ニオイを抑える効果が期待されている成分を配合している商品を選ぶようにしましょう。

また、制汗剤は毎日続けて使用するのはよくないといわれています。毎日制汗剤をしていると、毛穴や汗腺をふさいでしまうことがあるからです。それによって老廃物がうまく排出できず、ニオイが強くなってしまう可能性があるので、制汗剤を使用しない日を作ることが大切です。

・食生活を改善する

肉や乳製品は、アポクリン腺の働きを活発にすると考えられています。汗のニオイが気になる人は、肉や乳製品の摂取量に気を配り、魚中心の食生活にすることで、汗のニオイを少なくすることが期待できるでしょう。加えて、ニラやニンニク、ネギなどのニオイの強い食品を食べると汗のニオイも強くなるといわれています。栄養バランスが悪くならない程度に、食べるのを控えるなどしてみてもよいでしょう。

・生活習慣を改善する

運動不足は、汗腺の働きを低下させてしまうことがあるといわれています。汗腺の活動が低下してしまうと、汗の中にタンパク質やナトリウム、アンモニアなどが多く含まれるようになるため、雑菌臭を放ちやすくなります。適度に運動をして汗をかくようにし、汗腺の働きを正常に保つことも大切です。

臭くなりやすい脇汗には適切な対処を

脇汗は、アポクリン腺があることや雑菌が繁殖しやすい場所であるために、臭くなりやすいと考えられています。しかし、生活習慣や食生活を改善すること、制汗剤を正しく使用することでニオイを抑えることも可能ですので、できる範囲で行ってみるとよいでしょう。

カテゴリー