スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

混合肌のクレンジングと洗顔について

更新日:2016/12/09 公開日:2013/02/20

混合肌になる原因や症状が進んでしまう原因は、生活習慣が深く関わっていると言われています。特に、毎日のクレンジングと洗顔方法を誤ると、混合肌の症状を引き起こすことが多くなります。ここでは、毎日の習慣であるクレンジングと洗顔について、少し考えてみましょう。

洗いすぎは、混合肌を悪化させることに

「昨日は疲れてたから、顔洗わないで寝てしまった・・・」ということ、ありませんか?メークをしたまま眠ってしまうことは、肌に負担を与えてしまうのでNGです。「メークをしたまま寝ると、一晩で3ヶ月歳をとる」と言われるほど、肌にとってよくない状態なので、お化粧をした日はしっかり落としてください。

ですが、少しの洗い残しもないよう一生懸命に洗顔してしまってもいけません。とにかく汚れを落とそうと熱いお湯で洗ったり、クレンジング後に洗浄力の強い洗顔料を使う・・・等々。このような洗顔を長年続けるてしまうと、混合肌を引き起こしたり悪化させてしまいます。

正しいクレンジングと洗顔をおぼえましょう

まずはクレンジングについて考えてみましょう。オイルやジェル、クリーム、拭き取りタイプなど、メークオフにはさまざまな方法があります。皮膚科に来院される混合肌の患者さんにうかがうと、オイルを使ってメークを落としていらっしゃる方が多いようです。オイルはメークを落とすということに限っていえば、とても優秀な方法です。

しかし、必要不可欠な皮脂・水分までも一緒に取り去ってしまうのが問題です。混合肌や乾燥肌の人には洗浄力が強すぎるきらいがあります。混合肌にお悩みの方は、クリームタイプのメーク落としに切り替えて様子をみましょう。そして洗顔は、泡をたっぷり立てて優しく行ってください。決して、手でゴシゴシこすったりすることのないように。洗顔後は化粧水を多めに使い、肌に潤いを与えてあげてください。

寝ている間に、肌に必要な皮脂や水分が蓄えられています。夜にしっかりメークオフ・泡洗顔をしたら、朝は水で洗顔するのみでいいでしょう。

混合肌は「引き算」で考える

混合肌にお悩みの方は「何をすれば効果的か」と考えるより「今、していることの何をやめればよいか」と考えてください。洗顔時に熱いお湯を使うのをやめる、クレンジング後の洗顔を控えめにするなど、まずはできることから。混合肌の原因の多くは「やりすぎ」です。

洗いすぎていたかも、という皆さん、今日から体内の皮脂と水分を大事に保つメーク落としと洗顔方法にシフトしましょう。それでも改善しない場合は、何か別の原因が考えられますので、専門医に相談しましょう。

カテゴリー