スキンケア大学 メンズスキンケア大学

できてしまった指のささくれの処理方法

更新日:2017/03/31 公開日:2013/11/13

ささくれが悪化すると感染症になることも!

よくある指先のトラブル「ささくれ」。ささくれを指で引っぱったり、ストッキングなどに引っかけてしまうと、皮膚が余計に割けて傷が広がってしまいます。そこから菌が入り、炎症を起こすと、腫れたり膿が溜まって激しく痛む場合も!

「たかがささくれ」と軽視せず、見つけたらなるべく早く正しい処理を行いましょう。

ささくれの正しい処理方法

(1)ささくれを切る道具を消毒

細かいところのカットに適した、小回りの利くネイルニッパーや眉用のハサミなどを準備し、アルコールや消毒薬で殺菌します。

(2)ささくれを根元からカット

ささくれ周辺もアルコールや消毒薬で消毒したら、ささくれを根元からカットします。手がぶれて、掴んだささくれを引っ張ってしまわないように注意しましょう。

(3)軽度ならしっかり保湿、傷がある場合は絆創膏などで保護

ささくれをカットしたら、傷口がない場合はキューティクルオイルなどを塗ってしっかり保湿。傷がある場合は軟膏などを塗って絆創膏で保護しましょう。

自宅でのささくれ・手荒れ対策については、正しいハンドクリームとキューティクルオイルの塗り方をご参照ください。

また、そもそもなぜ指のささくれができるのかについては、「指のささくれの原因と予防法でご紹介しています。

今すぐ読みたい

カテゴリー