スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

日経ヘルスでも注目の大豆ダイエットとは

更新日:2017/04/24 公開日:2014/05/15

豆・大豆食品・乳製品

私たち日本人にとって馴染み深い大豆は、昔から多くの家庭で食べられてきました。そんな大豆がダイエットに期待できると注目を集めています。日経ヘルスという雑誌でも大々的に取り上げられ、多くの方が「大豆ダイエット」を実践しています。しかし、大豆をどのように食べたらダイエットに期待できるのか気になるところです。ここでは大豆の効果とダイエットに効果的な食べ方について、詳しく解説します。

大豆

大豆ダイエットとは?

大豆ダイエットとは、普段の食事に大豆をプラスするだけのシンプルなダイエット法です。多くのダイエット法が無理な食事制限を強いられるなか、大豆ダイエットは無理なく行うことができます。

また食事制限をしてしまうと、例え痩せたとしても肌がボロボロになったり健康を害したりする可能性がありますが、大豆ダイエットはいつもの食事にプラスするだけですし、豊富な栄養素が含まれているので健康的にダイエットをすることができます。

大豆ダイエットに期待される効果

大豆ダイエットに期待される効果は大きく分けて3つです。1つ目は代謝を改善することです。2つ目が腸をスッキリ、キレイにするということです。そして3つ目が腹持ちの良さで食欲を抑えることができることです。

大豆に含まれるどんな成分が効果をもたらすのか、詳しく解説します。

代謝の改善

ダイエットは代謝をアップさせることが欠かせません。食べたものを効率良く消費し、脂肪を燃焼させなければ痩せることはできません。そのためには運動をして脂肪を燃焼したり、脂肪燃焼を助ける成分を摂取したり、体温を上げるなどの方法が不可欠です。

筋肉を作るタンパク質が不足したり、身体を冷やすものばかり食べたりしていると脂肪燃焼は望めません。しかし、それを大豆に含まれる豊富な栄養素で補うことができます。

大豆に含まれる大豆たんぱく質、ビタミンB群、大豆イソフラボンという成分は糖質や脂質をエネルギーに変えて代謝を高める働きがあります。普段の食事にプラスして取り入れるだけで、高いダイエット効果が期待できます。

腸をスッキリ、キレイにする

便秘になったり宿便が腸に溜まったりするとガスが発生して、お腹がポッコリしてしまいます。すると肥満を加速させる菌が腸に住み着いてしまい、痩せにくい身体になってしまいます。

そこで役立つのが大豆に豊富に含まれる食物繊維やオリゴ糖です。これらの成分は便通を良くし、腸の中をスッキリとキレイにしてくれます。特にオリゴ糖は腸の働きを活発にさせる善玉菌の餌となるため、善玉菌を増やす効果があります。

食欲を抑える

大豆は少量でも満腹感を得られやすく腹持ちが良い食品です。また、よく噛んで食べると満腹中枢が刺激され、もっと食べたいという食欲を抑制することができます。ダイエット中はどうしても、もっと食べたいという欲が出てしまいます。それを防ぐためには、大豆を食事に取り入れることが効果的だとされています。

効果的な食べ方

大豆はあらゆる製品に姿を変えて販売されています。水煮や納豆、豆腐やおから、最近では豆乳も人気になっています。どの製品もダイエットに効果があると言われていますが、最もダイエットに期待できると言われているのが「蒸し大豆」です。

他の製品は加工の段階で栄養素が水に溶けだしてしまったり食物繊維が奪われたりしていますが、蒸し大豆はそのようなことがなく、大豆特有の栄養素をそのまま摂取することができます。普段の食事に蒸し大豆をトッピングしたり、小腹が減った時につまんだりすると効果が期待できます。

注意点

大豆がダイエットに効果的だとは言え、少なからずカロリーがあるので食べ過ぎには注意が必要です。大豆をとっているからと言って必ずしも痩せるわけではなく、適量をプラスすれば代謝を改善したり腸をキレイにしたりするのを助けてくれる、ということを忘れてはいけません。

大豆だけを食べるということはNGです。また効率よく痩せるには、やはり適度な運動も必要です。バランスのとれた食事と程度な運動をして健康的にダイエットを行いましょう。

ヘルスケア本