スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

疲労回復に効く!自律神経を整えるツボとは

更新日:2017/07/26 公開日:2015/07/31

今すぐできる慢性疲労回復

疲労回復の方法はいろいろありますが、場所を選ばずできるのが、身体のツボ押し。ここではドクター監修の元、疲労回復に効果的なツボや、疲労回復に直結する自律神経を整えるツボについて、それぞれの位置の紹介とマッサージ方法について紹介します。

マッサージ

疲労回復に効果的なツボとは?

疲労を回復させたいけれど、まとまった時間を取れない忙しい方におすすめの疲労回復方法。それは、疲れを解消させるツボを自分で刺激し、セルフメンテナンスをすることです。特に心臓から遠い足は、動くことで血液を送り出すポンプの役割を果たすため、第2の心臓と呼ばれています。足裏には、疲労回復に効果的な、数多くのツボがあります。

(1)湧泉(ゆうせん)

足裏の中央、第2と第3の指の骨の間にある湧泉は、気力や体力を高める効果があるため、「万能のツボ」とも呼ばれています。足を使い過ぎた場合の筋肉疲労の回復に効果があります。湧泉へのマッサージは、両手の親指を使って強めに3秒ほど押し、3秒ゆるめることを数回繰り返しましょう。しだいに湧泉がじんわり温まってきます。親指で押すのが難しい場合は、ゴルフボールなどを使うのもおすすめです。

(2)足の親指・人さし指

足の親指へのマッサージは、脳の疲れに効果があるといわれています。また、足の人さし指へのマッサージは、胃への効果が期待できます。このツボは、各指の両脇を指先から指の付け根に向かってさすり、また同じ流れでしっかりと揉みほぐします。手で足指を持ち、ぐるぐると回すのも効果があります。

いずれもお風呂上りのリラックスした状態で行うことでより高い効果を得られます。マッサージをする際には、リラックス効果や安眠効果のあるアロマオイルなどを使うこともおすすめです。

自律神経のバランスを整えるツボとは?

疲労回復には、ただ身体の疲れを取るのではなく、自律神経のバランスを整えて血行を良くすることも大切です。足に次いで全身のツボが集まる手のマッサージは、手軽にどこでも行うことができます。こまめにマッサージすることで心と身体をリラックスさせ、疲れをためない習慣を身につけていきましょう。

(1)指間穴(しかんけつ)

手の人差し指から小指までの指の股、手の甲にあるツボです。脳や内臓の疲労を取ることで自律神経を整えます。この指間穴へのマッサージの仕方は、マッサージをしたい手の反対の手の親指と人さし指で指間穴をはさみ、押しもみします。少し強めに刺激をし、指で挟んだ状態で指先に向かって引っ張り、離すとさらに刺激を与えることができます。これらを、左右を交互にマッサージしていきましょう。指先が温かく感じるまで続けることで、自律神経が整っていき、イライラの解消にもつながります。

(2)合谷(ごうこく)

手の親指と人さし指の骨が合流した場所からやや人さし指に近いところにあるツボです。親指で押した時にジーンとし、くぼみがあるのが合谷。首の疲れや肩こり、疲れ目などさまざまな症状に効果があるとされる「万能のツボ」といえます。新陳代謝の活性化も促す効果が期待できます。手の甲を上に向け、親指の腹を合谷に当て、やや強めにつまむようにマッサージをしましょう。

ご自身・ご家庭でいわゆるマッサージや指圧(ツボ押し)などをする際の注意点

  1. 1.マッサージや指圧などは身体に影響を及ぼす行為です。ご自身・ご家庭で行う場合は、部位の把握や力の加減が難しく、身体への影響には個人差があります。
  2. 2.病気やケガ、痛みがある場合は、マッサージや指圧などをするまえに医師の診断やアドバイスを受けましょう。
  3. 3.食後、飲酒時、妊娠中など、普段と異なる体調の際は、自己判断によるマッサージや指圧などは避けましょう。
  4. 4.マッサージや指圧などをしたことで体調が悪くなったり、痛みなどが出た場合は、すぐに医師に相談しましょう。また、症状が改善しなかったり悪化したりするようなら、医療機関を受診しましょう。

今すぐ読みたい