スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

ゴロゴロするのはなぜ?目の異物感とは

更新日:2016/12/09 公開日:2016/02/22

目のトラブルの基礎知識

目がゴロゴロする、異物感があるとき、鏡で見てもなにも見つからないという経験をしたことはありませんか? 異物がないのにゴロゴロするのはなぜでしょう。目の異物感について、ドクター監修の記事にて詳しくお伝えします。

目がゴロゴロする異物感の原因や対処法について、以下で解説します。

目の異物感の正体

目に異物が入っているケース

結膜(まぶたの裏側と白目を覆う薄い膜)に異物が入っていると、まばたきをする度にゴロゴロとした異物感が生じます。これを「結膜異物」と言います。そのほか、飛んできたゴミ、砂、植物片などが飛んできて角膜に刺さっている場合は「角膜異物」と呼びます。

目に異物が入っていないケース

角膜に傷がついていることが考えられます。その原因としては、正式には睫毛乱生(しょうもうらんせい)と呼ぶ逆さまつげ、まぶたが内側を向く眼瞼内反(がんけんないはん)、結膜炎などの目の炎症、ドライアイ、電気性眼炎(いわゆる雪目※のこと)などがあげられます。

※雪目とは、スキー場や海などで目に紫外線を浴び続けたことで角膜表面が傷つく病気です。

目の中にできものがあるケース

いわゆる「ものもらい」と呼ばれる麦粒腫(ばくりゅうしゅ)、霰粒腫(さんりゅうしゅ)など、まぶたなどにできものができている場合もゴロゴロとした異物感があります。

なぜ目はゴロゴロするのか?

異物が入っている場合

まばたきにより、結膜に入り込んだ異物が角膜にこすれるのが原因。角膜とは黒目のまわりの茶色い部分を覆う膜のことで、結膜と異なり知覚神経が多いため、洗顔時のスクラブなどごく小さな異物が入っただけでもゴロゴロ感が生じます。

異物が入っていない場合

異物によって角膜に傷がつき、取れた後も異物感が残ることが考えられます。また、ドライアイでは、角膜が乾燥することで異物感やひっかかりが生じ、さまざまな炎症によってもゴロゴロした感じが起こります。

コンタクトレンズ装着時

レンズに汚れが付着していたり、レンズが変形していると異物感を感じることがあります。

目のゴロゴロ・異物感の対処法

市販の薬の使用

ドライアイの場合は、涙と同じ成分の点眼薬を使用します。ゴミが入った場合も点眼薬によって洗い流す効果があります。そのほか、アレルギーの場合は抗アレルギー成分が入った目薬、炎症の場合は抗菌成分サルファ剤配合の点眼薬というように、原因によって選び方が異なりますので、薬剤師に相談するとよいでしょう。

目を冷やす

炎症を起こしている場合は、目を冷やすことで炎症による異物感を和らげることができます。

病院にいく

点眼薬をさしても異物感がなくならないとき、もしくは化学薬品などが目に入ってしまったなどの場合は必ず眼科へ。この場合、受傷後早い時期に適切な処置が必要になりますし、眼科では顕微鏡によって、ごく小さな異物も発見できます。

目に異物感がある場合、ただのゴミと放置してしまうと角膜を傷つける恐れもあるため、2~3日しても治らない場合は、早めに眼科を受診しましょう。

ヘルスケア本