スキンケア大学 メンズスキンケア大学

二の腕のブツブツ、原因を知って早く治そう!

更新日:2016/12/09 公開日:2016/04/19

二の腕のブツブツは、いったい何が原因になっているのでしょうか。

二の腕のブツブツの原因とは

二の腕の気になるブツブツは、医学的には「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」や「毛孔性角化症」と名前がついている皮膚病である場合が多いです。

この毛孔性苔癬は、肌のターンオーバーが上手くいかずに皮膚の毛穴周辺の角質が厚くなり、角栓となって毛穴をふさいでしまうことで起こります。毛穴の内部で角質が固まるため、手触りがザラザラして盛り上がるのです。

ブツブツの色は、基本的には周囲の皮膚の色と同じですが、毛穴の中で毛がつまると黒っぽくなります。まれにニキビのように赤くなったり、色素沈着で茶色く見えることも。

原因として親からの遺伝があるといわれています。または発症が10代~20代と若いころに集中しているので、ホルモン代謝の異常ではないかという説もあります。しかし、はっきりとした原因は分かっていません。

二の腕のブツブツ 日常ケアのポイント

二の腕のブツブツの治療法としては、肌のターンオーバーを促して角質除去につとめることがポイントになります。

血行促進を心がける

お風呂はシャワーで済ませずできるだけ湯船につかりましょう。身体を温めて血行を促せば新陳代謝もよくなります。

市販薬のクリームを試してみる

毛孔苔癬治療用のクリームが市販されているので、試してみましょう。尿素など角質を取り除く有効成分が配合されているほか、クリームを塗ることは乾燥防止につながります。患部を保湿することにより角質が軟らかくなれば、除去しやすくなります。

クリニックでの治療法

二の腕のブツブツの治療コースを設定しているクリニックがあります。レーザーを照射することによって皮膚真皮に働きかけ、皮膚の再生を促す方法です。

二の腕のブツブツを作らないためにも、ブツブツを治すためにも、日頃から代謝を意識した生活習慣を心がけましょう。

カテゴリー