スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

肌にやさしいおすすめBBクリーム5選|メイクで人気のBBクリームの魅力と正しい使い方

更新日:2018/04/03 公開日:2018/01/19

「肌に負担をかけにくい」「しっかりカバーできる」と評判のメーキャップ化粧品に「BBクリーム」があります。

では、BBクリームはなぜ人気なのでしょうか。今回はBBクリームの基本から人気の理由、おすすめアイテムまでご紹介したいと思います。

BBクリームとは?意味と人気の理由

BBクリームとは?

BBクリームとは、"blemish balm"(傷をケアするバーム)の略で、もともとはドイツの医療機関が発祥で、ケミカルピーリング後に使われるメイクアップバームでした。デリケートな状態になった肌をケアし、紫外線や外的刺激から守りながら赤みなどをカバーできるBBクリームは、韓国をはじめアジアで注目され、開発が進んでいきました。

今では、かつてのようなケミカルピーリングやレーザー治療のあとのメイクアイテムとしてではなく、"スキンケア効果の高い時短メイクアイテム"として世界中で使われています。現在のBBクリームを定義するとすれば、美容液、日焼け止め、化粧下地、ファンデーションの4役を兼ね揃えた、敏感肌や乾燥肌でも使いやすいオールインワンのメイクアイテムといえるでしょう。

肌にやさしいおすすめBBクリーム5選

肌にやさしいおすすめのBBクリーム

ここでは肌に優しいおすすめのBBクリームをご紹介します。

アレルバリア エッセンス BB(d プログラム)

アレルバリア エッセンス BB(d プログラム)

販売価格(編集部調べ):3,240円(税込)
内容量:40mL
SPF40・PA+++

詳しくはこちら

おすすめの理由
紫外線はもちろん、花粉やちりなどの空気中に浮遊している微粒子からも守ってくれる、BBクリームです。敏感肌用に設計されており、紫外線吸収剤、パラベン、アルコール、鉱物油、香料は無添加。H-スタビライジングA配合で、うるおいを与えながら美肌バリア機能を整え、肌あれを起こしにくい状態をキープします。デリケート肌でも使える厳選された成分を採用している上、パッチテスト、アレルギーテスト済み。石けんでオフが可能です。

監修者の写真 美容ライター 継田理恵

使ってみた感想
美容液のような滑らかに伸び、サラッとした仕上がり。赤みやくすみなどの肌悩みを、自然のカバーしてくれます。シミが気になる部分などは、少量を重ねづけすれば目立ちにくいです。軽いつけ心地なので、ファンデーションで不快に感じる方、重たいと感じる方にはとくにおすすめ。長時間美しい仕上がりが続き、乾燥も気になりません。

キュレル BBクリーム [自然な肌色](キュレル)

キュレル BBクリーム [自然な肌色](キュレル)

内容量:35g
SPF28・PA++

詳しくはこちら

おすすめの理由
セラミドのはたらきを効果的に補い、肌にうるおいを与えながら、シミ・色ムラ、小さなニキビ跡の凹凸もきちんとカバー。カバー力はあるのにナチュラルな仕上がりで、厚塗り感、負担感はありません。紫外線吸収剤、香料、アルコールは無添加、アレルギーテスト、乾燥性敏感肌によるパッチテスト済み。ニキビのもとになりにくいノンコメドジェニック処方なので、乾燥肌、敏感肌、ニキビ肌の方すべてにおすすめ。

監修者の写真 美容ライター 継田理恵

使ってみた感想
これ一塗りで十分なカバー力があり、時短メイクになります。うるおいも続くので、秋冬も使いやすいです。クリームのような質感で、忙しい朝もパパっとムラなく伸ばせるのもポイント。2色展開のため、自身の肌色に合わせて混ぜて使うのもおすすめです。

メイクアップクリームN(ナチュラグラッセ)

メイクアップクリームN(ナチュラグラッセ)

販売価格(編集部調べ):3,024円(税込)
内容量:30g
SPF44 PA+++

詳しくはこちら

おすすめの理由
BBクリームという名称ではありませんが、化粧下地、ファンデーション、日焼け止め、保湿美容液、ブルーライトカットの5つの機能を兼ね備えたオールインワンメイクアップクリーム。光の散乱を活かして、毛穴や色ムラ、くすみ、シミなどを自然にカバーします。必須脂肪酸(α-リノレン酸=オメガ3)、ビタミンEを豊富に含み、うるおいを与えながらキープすることができるサチャインチと、うるおいをつかんで離さない粘液質の多糖類を花に含むゼニアオイを配合。一日中、しっとり肌が続きます。

監修者の写真 美容ライター 継田理恵

使ってみた感想
薄づきでも、光の反射で肌が美しく見えます。滑らかに伸びてべたつかず、軽いつけ心地。ツヤと透明感がアップし、素肌美人に見せることができます。スキンケアしながらメイクをしている感覚で、一日中メイクしていても肌に負担を感じません。100%天然由来原料を使っていて、石けんでオフが可能です。

ミネラルCCクリーム(エトヴォス)

ミネラルCCクリーム(エトヴォス)

販売価格(編集部調べ):3,456円(税込)
内容量:30g

おすすめの理由
名称はCCクリームですが、BBクリームと効果はほとんど同じ。毛穴やキメの乱れなど肌の気になる凹凸にピタッと密着し、ナチュラルにカバーします。紫外線だけでなくブルーライトもカットし、排気ガスなどの外的刺激にも対応。4種のヒト型セラミドと、近年注目されているヒートショックプロテインをサポートするエクトインやグリコーゲンをはじめ、保湿してツヤやハリを生むマンダリンオレンジ果皮エキス、肌荒れを防ぎキメを整える甘草エキスなど、植物由来成分もたっぷり配合しています。低刺激処方で、石けんでオフも可能。

監修者の写真 美容ライター 継田理恵

使ってみた感想
肌色が均一になり、毛穴が目立たないナチュラルな美肌に仕上がります。保湿力があるので一日中乾燥が気にならず、使い続けると肌にいいように感じました。1本でベースメイクができて石けんでオフできるので、メイクは面倒くさいけれどキレイになりたい方におすすめ。香りもほのかな柑橘系で癒されます。

オーガニックトリートメントACクリームBB(アクア・アクア)

オーガニックトリートメントACクリームBB(アクア・アクア)

販売価格(編集部調べ):2,970円(税込)
内容量:23g
SPF22 PA++

おすすめの理由
毛穴、ニキビや肌荒れ、シミ・そばかすなどの肌悩みをしっかりカバーします。イチゴ、ヨーロッパキイチゴ、クランベリー、キウイ、スイカ、アサイー、パッションフルーツ、マンゴーの種子からとれたバターをブレンドした8種類のスーパーフルーツオイル配合で、エイジングケア機能をプラス。肌にツヤを与えながらも、皮脂吸着機能のあるミネラルを配合しているので、Tゾーンなどもテカリにくいです。石けんでオフできます。

監修者の写真 美容ライター 継田理恵

使ってみた感想
みずみずしいつけ心地で、スキンケアの力を感じられるBBクリーム。毛穴やシミ、そばかす、赤みなどをカバーしながら、ツヤ感を出して肌に立体感を生み出します。マットに仕上げたいときは、上からパウダーを。鉱物油、紫外線吸収剤、アルコール、パラベンフリーで、敏感肌の方にもおすすめです。

人気のBBクリームの魅力と正しい使い方

肌にうれしい成分によりスキンケア効果に期待

肌にうれしい成分によりスキンケア効果に期待

BBクリームが支持される一番の理由は、メーキャップ効果だけでなく、スキンケア効果を持つところではないでしょうか。スキンケア効果といっても、メイクなのでつけることは少なからず肌への負担にはなります。しかし、肌を乾燥から守る保湿成分、肌の調子を整える成分など、肌にうれしいはたらきをもたらす成分をしっかり配合しているものが多いです。

紫外線から肌を守りたいし、シミや毛穴などの肌悩みも隠したいけれど、「ファンデーションを使い続けて肌が荒れてしまった」、「帰宅する前にファンデを落としたいと思うことがある」などと感じている方は、スキンケア効果に優れたBBクリームを試してみる価値ありでしょう。

BBクリームの正しい使い方

BBクリームの正しい使い方

スキンケア効果以外に、使いやすいこともBBクリームの魅力でしょう。ベースメイクが1本で済む上、塗り方は手で伸ばすだけでOK。ベースとファンデーションの相性を考えなくてもよいので、メイクテクニックがなくてもキレイに仕上がります。

しっかりシミや毛穴などを隠せて、肌色が均一に整うものが多いので、時短ながらも仕上がりに納得できるはずです。

まとめ

肌に優しいBBクリームが人気の理由のまとめ

BBクリームは何といってもスキンケア効果があり、手軽に肌をキレイに見せることができるのが魅力です。ご紹介したおすすめのBBクリームを参考に、肌や悩みに合ったアイテムを見つけてみてくださいね!

この記事で紹介した商品一覧

アレルバリア エッセンス BB(d プログラム)
キュレル BBクリーム [自然な肌色](キュレル)
メイクアップクリームN(ナチュラグラッセ)
ミネラルCCクリーム(エトヴォス)
オーガニックトリートメントACクリームBB(アクア・アクア)

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー