スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

クレンジングで肌の老化を進めないで!40代のおすすめクレンジング

更新日:2018/06/08 公開日:2018/05/29

40代に突入して以降、肌の乾燥や小ジワなど肌老化サインを感じていませんか?もしかしたら、その現象は「クレンジング」に原因があるかもしれません。もしクレンジング剤の使い方を誤っている場合、知らず知らずのうちに肌がトラブルを抱え、肌そのものがさらに老化していく原因につながることも。さっそく、肌を老化させないクレンジングの知識と方法を身につけましょう。

間違ったクレンジングは肌老化の悪化につながる!

40代はいかに今ある肌老化を悪化させないようにするかがポイント。特に注意したいのは、普段のスキンケアによる肌への負担です。

その中でも、クレンジングはスキンケアの中でも負担を与えてしまいやすケアのひとつ。間違ったクレンジングを続けると、乾燥を招いて肌を外的刺激から守る「バリア機能」が低下しやすくなり、くすみや紫外線などによるシミ、深いシワなどができやすくなってしまいます。

また、そういった肌トラブルを日々のクレンジングによって招いているとは気づきにくいものです。

肌に負担を与えない正しいクレンジングできていますか?

今使っているクレンジング剤が自分の肌に合っているかどうかを見極めましょう。ポイントは2つです。

クレンジング後の肌を観察する

クレンジングはメイクを落とすことが目的です。しかし、気をつけなくてはならないのが「落としすぎ」です。クレンジング後に肌がつっぱっているということはありませんか?もし肌がつっぱっている場合、メイクだけでなく肌が必要とする皮脂まで落としてしまっている可能性があります。使った後に肌がつっぱりを招くクレンジング剤は肌の乾燥を引き起こしやすい上に、肌への負担がかかっているといえるでしょう。

肌の乾燥を引き起こすなど、肌に負担を与えるクレンジング剤を使い続けると、肌の水分を保持する角質層のキメが荒くなり、肌がくすみやすくなってしまいます。

まずは洗い方を変えてみる

必要以上に時間をかけていたり、手でゴシゴシこすってしまっていないか、まずはクレンジング方法についてチェックしてみましょう。

手でゴシゴシこすらず、やさしく肌をなでるようにする
クレンジングは泡立たないタイプが多いため、どうしても手で肌をこするように落とす場合があります。また、密着したメイクを落とそうと、こすとうとする意識も働きます。肌をこすとメイクは落ちやすいですが、肌への負担が大きいことを把握しておきましょう。
クレンジングに時間をかけない
クレンジング剤には、メイクを落とすために洗浄成分である界面活性剤が使われています。界面活性剤は必要な成分ですが、肌に触れている時間が長いと肌に負担を与えてしまいます。クレンジングで洗う時間の目安としては、30秒~1分くらいを意識しましょう。ただし、急ぐあまり手で肌をこすってしまわないように注意。このときにメイクが落ちる程度の洗浄力を持ったクレンジング剤を選ぶようにしたいところです。

落としすぎのサインは、肌のつっぱり具合

メイクが落とせて、肌につっぱる感じがなければOKです。それでも肌がつっぱる場合は、洗う時間を短くしたり、今のよりも洗浄力がマイルドなものに変更することをおすすめします。

クレンジング剤の種類と特徴

では、クレンジングにはどんな種類があるのでしょうか?主な特徴もあわせてご紹介します。

オイルタイプ

クレンジング剤のなかでクレンジング力が高いタイプの1つ。肌にスルスルと伸び、ポイントメイクも落としやすいだけでなく、メイクだけでなく肌に付着したほこりや酸化した皮脂も落としやすいのがメリットです。

オイルによって指が滑りやすくなり肌に余計な摩擦を与えにくいメリットもありますが、洗浄成分である界面活性剤が多く入っていることが多いのも特徴。オイルクレンジングというだけで、肌に悪いものとして避けられがちですが、使われている界面活性剤によって肌への負担は変わります。たとえば、動植物を原料として油脂だけを使用したオイルクレンジングは、肌への負担もマイルドでおすすめです。一方、クレンジング剤の場合はミネラルオイル(鉱物油)が肌への負担を大きくしてしまうので注意です。

ジェルタイプ

他のクレンジング剤と比較するとクレンジング力はやや弱めなジェルタイプ。大きく分けると、「油性タイプ」と「水性タイプ」の2タイプが存在します。

油性タイプ
オイルを乳化させてジェル状になったクレンジング剤。主成分がオイルのため、メイクの落ちやすさは他のジェルタイプに比べると最も高いといわれています。油性のウォータープルーフマスカラやティントタイプのチーク・口紅などのクレンジングに最適です。
水性タイプ
オイル不使用の「オイルフリー水性タイプ」とオイルが含まれる「オイルイン水性タイプ」が存在します。
オイルフリー水性タイプ
オイルが含まれていないため、ナチュラルメイクを落とすのに適したタイプです。油分が入っていないため、まつげエクステ中の方でも使えるクレンジング剤となっています。
オイルイン水性タイプ
市販されているジェルクレンジングの大半を占めるクレンジング剤。油分でメイクを浮かせられることから水性タイプよりもクレンジング力が高いとされていますが、肌への刺激はやや強め。肌へのやさしさや40代からのエイジングケアを第一に考えるなら、オイルフリー水性タイプのものがおすすめです。

クリームタイプ

製品にもよりますが、洗浄力がマイルドなクレンジング剤。使っているコスメやメイクの濃さによるところはありますが、肌への刺激が少なめのため敏感肌の方にとっても比較的使いやすいのも特徴です。

また、クリームは顔に乗せたときに指のクッションとなってくれるため、肌への摩擦も最小限に留められるというメリットも。肌への負担や刺激を避けたい40代の肌に適したタイプともいえるでしょう。クリームタイプには拭き取りタイプと洗い流すタイプがありますが、40代女性には摩擦による刺激を避けるために、洗い流すタイプの方がよりおすすめです。

ミルクタイプ

洗浄力はやや弱いものの、肌への刺激が控えめな特徴をもつのがミルクタイプ。そのマイルドさから、乾燥が気になる40代の方やナチュラルメイクのクレンジングに最適といわれているクレンジング剤です。

主成分は水で、油分や界面活性剤といった肌の負担になりがちな成分が少量しか入っていないため肌にはやさしいのですが、マスカラや口紅などのポイントメイクを落とすのにはやや力不足。ポイントメイクはオイルクレンジングなどの洗浄力が高めのクレンジングを使うと良いでしょう。

リキッドタイプ

オイルクレンジングよりもよりさらっとした質感のリキッドタイプ。オイルタイプよりも多めに界面活性剤が含まれているのが特徴で、オイルタイプよりも洗浄力が高いといわれています。

そのため、薄めのナチュラルメイクに使うよりは、リキッドファンデーションやウォータープルーフの日焼け止め、マスカラのクレンジングに使うのがおすすめです。界面活性剤が使われているとはいえ、最近は成分がマイルドな低刺激タイプのものも多く販売されているため、使う際はなるべく低刺激タイプのものを選んでおくと良いでしょう。

リキッドタイプのクレンジング剤を顔全体にのせる場合は、手ですばやく顔全体になじませてできるだけ早くぬるま湯で洗い流しましょう。こうすることで、肌に必要な油分まで洗い流してしまう危険性を最小限にとどめられます。

ウォータータイプ

ほとんど水のような質感のクレンジング剤。クレンジングローションとも呼ばれています。ここまでご紹介したクレンジング剤は直接顔につけるのに対し、ウォータータイプはコットンに染み込ませて拭き取ってクレンジングを行うのが特徴です。

コットンを使ってメイクを落とすため、自然と摩擦が発生しやすいのがデメリットではありますが、唇や目元など、皮膚が薄い場所にクレンジングウォーターを染み込ませてしばらくおいておくとポイントメイクが落ちるため、こすりすぎによる目元のカサつきや唇の剥がれを防止するのに適したタイプといえます。

また、ウォータータイプにはくすみ予防に効果が期待できるものや保湿力が高いもの、オイル入りで洗浄力をアップさせているものなど種類もさまざま。自分が期待する効果に応じて使うものを選んでみるのも良いですね。

シートタイプ

比較的安価で、シートで手早く落とせる手軽さとずば抜けた洗浄力が特徴。洗浄力の高さとシートによる強い摩擦から、毎日の利用にはあまり適していません。一泊旅行や時間がない時などイレギュラーな時に使う程度が良いでしょう。

40代の女性におすすめのクレンジング剤

ここからは40代女性におすすめのクレンジング剤を紹介します。

エリクシール シュペリエル|メーククレンジングジェル N(資生堂)

40代のおすすめクレンジング エリクシール シュペリエル メーククレンジングジェル N 資生堂

販売価格(編集部調べ):2,700円(税込)
内容量:140g

詳しくはこちら

おすすめの理由
乳白色をしたジェルというよりゆるめの乳液といったテクスチャで、肌の上にのせるとすぐにとろける感じです。濡れた手でも使えるので、バスタイムにメイクオフが出来て時短になって嬉しいですね。洗い流したあとは、みずみずしくもちもち弾力のある肌になります。刺激もあまり感じませんでした。

監修者の写真 Ema鍼灸マッサージ治療院 院長 江波戸恵美

使ってみた感想
仕事や子育てに忙しい女性は、メイクを落とす時間すらもったいなく感じでしまいがち。濡れた手でも使えるクレンジング料はあまり多くないと思いますが、このクレンジングジェルはその貴重な中の一つ。お風呂の中でもメイクオフができます。洗い流したあとはさっぱりするものの、保湿はしっかりぷるぷる&もちもちの肌になれます。乾燥肌が多くなる40代でも、夏の時期に気持ちよく使えると思います。ウォータープルーフのアイライナーなどはクレンジングジェルをのせるだけでは浮かび上がりませんがコットンで拭き取るとしっかりメイクが落ちました。

ホワイティシモ|薬用クレンジング クリア(POLA)

40代のおすすめクレンジング ホワイティシモ 薬用クレンジング クリア POLA

販売価格(編集部調べ):4,104円(税込)
内容量:120g
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
オイルが含まれたクリームタイプのクレンジングで、乳白色をしたとろみのあるテクスチャ。メークをしっかり洗い流すとともに、肌に溜まった不要な角質もオフしてくれます。シミ、そばかす、くすみが気になる肌や年齢を重ねてきたお肌にぴったりのクレンジング料だと思います。

監修者の写真 Ema鍼灸マッサージ治療院 院長 江波戸恵美

使ってみた感想
しっかりメイクや肌の汚れを洗い流してくれるクレンジング料なので、洗浄力がやや強めに感じるかもしれませんが、保湿成分が十分含まれているので肌の乾燥は心配におよびません。クレンジングをした後は、弾力のあるぷるんとした肌になります。メイクだけでなく肌に蓄積されたメラニンを含む不要な角質もしっかりオフしてくれるので年齢を重ねて肌のターンオーバーが遅くなってくすみが気になる肌やシミが気になる肌の方におすすめです。

アンフィネス|エリミネート クレンジング ミルク(ALBION)

40代のおすすめクレンジング アンフィネス エリミネート クレンジング ミルク ALBION

販売価格(編集部調べ):4,860円(税込)
内容量:200g

詳しくはこちら

おすすめの理由
ゆるめの乳液状のテクスチャをしたクレンジングミルク。ただメイクを落とすだけではなく、肌の老化の原因となる不要な皮脂や汚れまでオフして、メイクオフと同時にエイジングケアも期待できるクレンジングミルクです。

監修者の写真 Ema鍼灸マッサージ治療院 院長 江波戸恵美

使ってみた感想
メイクの汚れだけでなく、溜まり続けると肌のハリを失う原因となる皮膚の汚れや、皮脂までしっかり浮き上がらせてオフしてくれる乳液タイプのクレンジング。肌の上にのせるとすぐなじんでくれます。クレンジング後は、引き締まったなめらかな肌へと導いてくれます。肌のたるみやむくみ、くすみ、毛穴の汚れなどが気になる方にはぜひ使ってほしいクレンジングです。拭き取りでも洗い流しでもどちらでもOKなので、外出先に携帯すればメイク直しの時にも使えるのが嬉しいですね。

トリートメントクレンジングミルク(カバーマーク)

40代のおすすめクレンジング トリートメントクレンジングミルク カバーマーク

販売価格(編集部調べ):3,240円(税込)
内容量:200g

詳しくはこちら

おすすめの理由
美容液が89%以上含まれていて保湿力がとても高いクレンジングミルクで、使った後は丸一日、肌の保湿力が続きました。クレンジング中にハーブの香りがして清々しい気分になれます。

監修者の写真 Ema鍼灸マッサージ治療院 院長 江波戸恵美

使ってみた感想
みずみずしいジェルとクリームが合わさったようなテクスチャをしています。洗浄力が高く、シミやくすみの原因となる不要な肌の汚れを落としながらもしっかり保湿してくれるところが肌の老化が気になってきた人にぴったりです。保湿だけでなく、血行が良くなりむくみもなくなり、あごのラインがシャープになります。毛穴がかなり目立たなくなるところもおすすめです。ただ結構パワフルに感じたので、肌の弱い人は最初はポイントメークを落とすことから始めても良いかもしれませんね。

マイルドクレンジングオイル(ファンケル)

40代のおすすめクレンジングマイルドクレンジングオイル ファンケル

販売価格(編集部調べ):1,836円(税込)
内容量:120ml

おすすめの理由
無香料で低刺激なので、肌が不安定な時でも安心して使えます。肌荒れの原因となる毛穴につまる角栓も、なでるだけですっきり落ちます。オイルクレンジングなのにベタベタせず、洗い流しがすぐに終わるところも嬉しいですね。

監修者の写真 Ema鍼灸マッサージ治療院 院長 江波戸恵美

使ってみた感想
ウォータープルーフのマスカラやアイライナーも、ゴシゴシこすらず、なでるだけでメイクオフできるところがポイント高いです。酸化して肌の老化原因になる毛穴のつまりもすっきりするので、肌のざらつきもなくなりました。洗い上がりの肌もしっかりうるおいぷるぷる。肌が乾燥しません。クレンジング力もスキンケア力も強いクレンジングは同時に刺激も強かったりするのですが、このクレンジングオイルは刺激を全く感じなかったのが嬉しいです。

雪肌精|トリートメントクレンジングオイル(コーセー)

40代のおすすめクレンジング 雪肌精 トリートメントクレンジングオイル コーセー

販売価格(編集部調べ):2,160円(税込)
内容量:160ml

詳しくはこちら

おすすめの理由
ベタベタせず、さらりとしたオイルクレンジングの感触。肌の上にのせれば、さっと広がるテクスチャ。ハトムギ、ベニバナ、セサミの和漢植物オイルが肌をやわらかくしつつ、肌のざらつきを取り除いてなめらかな肌にしてくれます。エイジングケアが気になり始めた人におすすめしたいオイルクレンジングです。洗い流した後はさっぱりしていながら、オイルの保湿力も続きます

監修者の写真 Ema鍼灸マッサージ治療院 院長 江波戸恵美

使ってみた感想
しっかり汚れを落とすオイルクレンジングを使いたいけれど、ベタベタするのは嫌という人にぜひおすすめしたいクレンジング。さらさらしたオイルタイプのクレンジングです。くるくる肌になじませれば、ウォータープルーフのアイライナーもしっかり落ちます。毛穴の奥の汚れや肌のざらつきも気にならなくなり、洗い流した後は肌が明るくなる気がしました。クレンジング後、ほのかにスーっとした感じが続くのも気持ち良いです。雪肌精シリーズの香りがホッとさせてくれます。

クレンジングをする際に注意するポイント

今後、どんなことに注意しながらクレンジングをすると良いのでしょうか。クレンジング前にぜひ思い出しておいてほしいポイントをご紹介します。

肌をこすらない

繰り返しになりますが、肌をこすると肌に摩擦を与えてしまいます。肌をこすって摩擦を加えてしまうと、角層が傷ついてしまい、肌荒れを引き起こす可能性があります。力を入れず、肌をなでるようにやさしくクレンジング剤をなじませてメイクを落としましょう。

とくに、オイルタイプやクリームタイプのクレンジングの場合、肌なじみが良いためいつまでもこすってしまいがち。クレンジング剤をなじませてから洗い流すまで1分程度を目安にしておくと良いでしょう。

「石けんで落とせるメイク=肌にやさしい」というわけではない

クレンジング剤は不要で「洗顔料だけで落とせる」や「石けんで落とせる」という製品がありますが、石けんの洗浄力は強いため、マイルドな洗顔料でも落ちそう…と勘違いしやすいです。

しかし、石けんで落とすとはいえ、マイルドな処方の洗顔石けんだと1回の洗顔でメイクが落ちないことも。

1回目の洗顔でメイクが十分に落ちなかった場合、2回目の洗顔をすることになり、肌に必要な油分もまるごと洗い流されてしまうことも考えられます。

このことから、石けんで落とせるコスメは100%肌にやさしいというわけではないのです。

「クレンジング不要」と「お湯だけで落とせる」というメイクには

実際の製品による部分が大きいです。たとえば、油分がほとんどないパウダーファンデ(ルースタイプのファンデ)であれば、洗顔だけで落ちると考えていても、少量含まれていた油分が肌トラブルを引き起こすことがあります。この油分が洗顔で落ちず肌に残ってしまうと、その油分が毛穴に入り込み、毛穴のつまりを引き起こしたり、肌のターンオーバー(肌の生まれ変わり)が停滞し、最終的に肌が老化してしまう可能性もあるのです。ただし、目に見えないほど微量にメイクが残るくらいであればターンオーバーで十分に落ちるので、いつまでも肌に残ることはありません。洗顔だけで肌に問題がなければクレンジングは必要ありません。

洗浄力が弱いものが正しいわけじゃない

肌の負担を考えて、洗浄力が弱いミルククレンジングやクリームタイプのクレンジング剤を使っていませんか?これらが全てNGというわけではありませんが、これらはかなり薄化粧(ナチュラルメイク)の方向けです。洗浄力が弱いクレンジングで、長い時間をかけて落とすということは、手で肌をこすりやすくなるうえに、界面活性剤が肌に触れる時間も長くなり肌に刺激となるため注意が必要です。

オイルクレンジングは「悪」ではありません

よくオイルクレンジングは洗浄力が強いから肌に悪いという話や情報を見かけますが、その認識は改めましょう。オイルはオイルでも、動植物からとれる「油脂」は、肌の油分と近くなじみやすいため、メイクを落とす力はありますが肌が乾燥しにくいので、負担が少ないのがメリット。主な油脂には、アルガンオイルやマカダミアナッツオイルなどがあります。

注意したいのは「ミネラルオイル」などの鉱物性のオイル

オイルクレンジングで避けたいのは、ミネラルオイルなどの鉱物性のオイル。「ミネラル」と聞くと、わたしたちの健康を保つのに必要なミネラル類を連想しがちですが、実はこのミネラル類とミネラルオイルに関連性はありません。ミネラルオイルは石油を生成する段階で作り出される鉱物油で、クレンジングに使うと強力な洗浄力を発揮します。

しかし、洗浄力が強いだけでなく、脱脂力も高いのがこのミネラルオイルの大きな特徴。さらに、ヌメりも残りやすいため、ダブル洗顔が必要になることもあります。強い脱脂力に加え、ダブル洗顔まで必要になると、肌が乾燥しやすくなり、くすみやごわつき、毛穴詰まりを引き起こしてしまうことに。最終的に乾燥肌が長期化して肌のターンオーバーがどんどん遅れる事態にもつながりかねません。

クレンジング剤の成分表示に「ミネラルオイル」(ワセリン、セレシン、パラフィンなどと表記されていることも)の表示がないか購入時にチェックしておくことをおすすめします。

まとめ

40代の女性におすすめのクレンジング剤や選び方、使い方のポイントなどをご紹介しました。一番大事なポイントは、なるべく肌に刺激を与えないようなやさしい成分のクレンジングを正しい方法で使うこと。正しい方法で自分の肌やその日のメイクの濃さに合うクレンジング剤を使うことで、余計な刺激や摩擦を避けられ、クレンジングによる肌トラブルも避けられるようになるはずです。エイジングサインを感じやすい40代だからこそ、お肌に影響を与えやすいクレンジングには気をつけておきたいところ。今日からさっそく、正しいクレンジング方法でメイクをやさしく落としてみてくださいね。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー