スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

40代は失敗できない!洗顔のポイント&おすすめ洗顔料

更新日:2018/06/08 公開日:2018/05/29

40代になると、30代のころ以上に肌の乾燥や、シミやたるみなどのエイジングサインが気になるもの。エイジングサインが目につくと少しテンションが下がることもあるかもしれませんが、自分の肌を改めて観察してスキンケアを見直す絶好のチャンスでもあります。

ここでは、40代が見直したい「洗顔料」と「洗顔方法」を解説します。スキンケアの基本となる洗顔を見直して、エイジングケアの行き届いた美肌を目指しましょう。

40代はスキンケアの基本「洗顔」を見直すタイミング

40代になると、女性ホルモンの分泌量の減少などの影響で、角質層で水分を保持している成分「セラミド」や「天然保湿因子」の産生量も減少し、30代のころ以上に肌が乾燥しやすくなります。これにより、今までは特に肌が敏感ではなかった方でも、肌が敏感になることもあります。

また、40代を迎えるころには肌のターンオーバー周期も長くなる傾向があります。個人差はありますが、20代のターンオーバー周期は約28日ですが、40代になると40日から55日くらいになるといわれているのです。ターンオーバー周期が長くなるということは、古くくすんだ角質が肌の表面に長くとどまるということ。それだけ肌のくすみも気になるようになります。

美しい肌を目指すうえでは、このような年齢にともなう身体の変化も考えながら、洗顔を含むスキンケアを見直すことが重要です。

今まで以上に「皮脂」を大切にしましょう

洗顔の目的には、余分な皮脂を落とすこともありますよね。しかし、皮脂は肌にとって大切な役割も持っているのです。

皮脂は、毛穴の中にある皮脂腺から分泌されます。毛穴から分泌された皮脂は、皮膚の表面で汗と混じり、皮脂膜を作ります。この皮脂膜には、以下のような役割があるのです。

  • 皮膚の内側から水分が蒸発するのを防ぐ
  • 外部の刺激から皮膚を守る

つまり、皮膚のバリア機能をサポートしてくれるのが皮脂の役割なのです。

もちろん、皮脂が多すぎたり古い皮脂が皮膚表面に残り続けるのは、ニキビなどの原因になるためよくありません。しかし、脱脂力の強い洗顔料で洗って皮脂を必要以上に取り除きすぎるのも、肌の乾燥や敏感肌につながってしまうためよくありません。

今まで以上に乾燥しやすくなる40代の肌には、不要な皮脂だけをとり去る肌にやさしい洗顔が重要になるのです。

しかし、そもそも顔を洗うことの目的は皮脂を落とすだけ、なのでしょうか。もう少し洗顔の意義について詳しく見ていきましょう。

40代女性が持つべき洗顔の目的と意識

洗顔は、スキンケアの基本です。それは、洗顔で汚れを落とすことで、その後に使用する化粧水や美容液などの美容成分が肌に浸透する土台を作れるから。

エイジングサインが気になり始めると、美容液をプラスしたりクリームをより高保湿なものに変えたりする方も多いかもしれません。しかし、そもそも洗顔でしっかり毛穴の汚れなどを落とせていなければ、十分な効果を期待できません。そのため、美肌作りの基礎は洗顔とも言えるのです。

洗顔で落とす汚れとは、前述した「古くなった皮脂」のほか、日々の生活の中で付着している「チリやほこり」、そして、ターンオーバーの中で出てくる「不要な角質」のこと。これらを落とし、肌を清潔に保つのが洗顔の目的なのです。

しかし、これらを完璧に落とさなければいけない、と意識して顔を洗うのは少し違います。たとえば、不要な角質除去を訴求する洗顔料などもありますが、不要な角質は「必要な皮脂を残しながらやさしく洗顔」くらいのイメージでも十分に落ちるといわれています。また、もともと角質はターンオーバーの過程で自然に落ちるものなので、洗顔で完璧に落とせなくても、多少残った程度なら自然とはがれ落ちるのです。

洗顔のやりすぎは、かえって肌の乾燥や老化を進めることにもなりかねません。

  • 洗顔の目的は汚れを落として美肌の土台をつくること
  • 洗顔は汚れを9割くらい落とすことを意識

この2点を意識し、自分にとって程よいくらいの洗顔を目指すとよいでしょう。

40代女性の洗顔料の選び方

では、洗顔料はどのように選べばよいのでしょうか。

40代以降のスキンケアは、少しでも老化現象を抑えるエイジングケアの要素も強くなってきます。最近の洗顔料には、汚れを落とす目的だけではなく、美容成分などが含まれるものも多くなってきています。たとえば、洗顔料でもセラミドなどの保湿成分が配合されているものや、美白などの効果を期待できるビタミンC誘導体が配合されているものも出てきています。特に、保湿成分が配合された洗顔料はうるおいを残しながら洗いやすいともいわれています。

洗顔料の役割はあくまで顔をきれいにすること、美容成分はその後の美容液などで肌に与えると役割を分けて考えるのも、もちろんよいでしょう。しかし、前述したような美容成分が配合された洗顔料を使ってみて肌の調子がよくなるようであれば、そちらを使い続けるのもよいでしょう。

スキンケア全般に言えることですが、最終的に自分の肌に合うかどうかは使ってみなければわかりません。美容成分配合のものなども使ってみて、今の自分の肌にマッチするものを選びたいものです。

では、実際にどのような洗顔料があるのでしょうか。次におすすめの洗顔料をご紹介します。

40代女性におすすめの洗顔料

ここからは40代女性におすすめの洗顔料を紹介していきます。

DHC ブライトニングホイップウォッシュ 炭酸洗顔料(DHC)

40代おすすめ洗顔料 DHC ブライトニングホイップウォッシュ<炭酸洗顔料> DHC

販売価格(編集部調べ):1,468円(税込)
内容量:120g

おすすめの理由
この炭酸入りの泡洗顔料は、肌に溜まった古い角質を、毛穴の奥までしっかり取り除き、うるおいを肌にたっぷり与え保湿し、ふっくらすべすべの肌を目指すことを目指しています。素肌から不要なものをしっかり除去して、十分に保湿を与えたい人に向いている洗顔料です。

監修者の写真 Ema鍼灸マッサージ治療院 院長 江波戸恵美

使ってみた感想
年齢を重ねた肌は、新陳代謝が低下するため肌に古い角質が溜まってしまい、肌の奥までうるおいがしっかり届かず、乾燥や肌のくすみにつながってしまいます。不要な角質や汚れを肌から取り除いた上で保湿をしっかりすると、もっちりスベスベな肌に生まれ変わります。肌のくすみやごわつきを感じ始めたら使っていただきたい洗顔料ですね。

薬用 クリアウォッシュ(オルビス)

40代おすすめ洗顔料 オルビス 薬用 クリアウォッシュ オルビス

販売価格(編集部調べ):1,404円(税込)
内容量:120g
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
繰り返しできるニキビや肌荒れを根本的に整えていくニキビケアシリーズ。もっちりした泡ができる白い洗顔フォームです。洗い上がりはほのかにスーッとして気持ちがいいです。紫根エキスや甘草エキスなどの植物エキス成分が肌の状態を整えてくれ使いつづけるうちに、肌のコンディションが整ってくる気がします。生理前など周期的にできてしまう大人ニキビに悩む方におすすめです。

監修者の写真 Ema鍼灸マッサージ治療院 院長 江波戸恵美

使ってみた感想
最近、大人ニキビや吹き出物ができやすくなった、肌荒れしている状態が続いているかもしれない?と思った人にぜひ使ってほしい薬用洗顔フォームです。肌のバリア機能を整える甘草エキスや保湿をサポートする紫根エキスがなめらかでツヤのある肌に導いてくれますよ。ヨクイニンエキスも配合されているので、肌の状態を根本から整えたい人にもぴったりです。

エリクシール シュペリエル|クレンジングフォーム(資生堂)

40代おすすめ洗顔料 エリクシール エリクシール シュペリエル クレンジングフォーム 資生堂

販売価格(編集部調べ):2,376円(税込)
内容量: 145g

詳しくはこちら

おすすめの理由
クリーム状の洗顔フォームで、泡立ちがとても早く、少量でこんもりと泡ができあがるので洗顔時に肌を摩擦の刺激から守ることができます。肌にうるおいを与えると共に余分な角質をスムーズに取り除くので、肌の乾燥やエイジングケアが気になる人におすすめの洗顔フォームです。

監修者の写真 Ema鍼灸マッサージ治療院 院長 江波戸恵美

使ってみた感想
この洗顔フォームは、肌の不要な角質をやさしくとりのぞきしっかりうるおいを与えてくれるので、洗顔後の化粧水や美容液などが肌のすみずみまで届きやすくなります。肌の弾力低下やうるおい不足、くすみなどのエイジングケアが気になる40代の人に使ってほしい洗顔フォームですね。

洗顔パウダー(FANCL)

40代おすすめ洗顔料 ファンケル 洗顔パウダー FANCL

販売価格(編集部調べ):1,296円(税込)
内容量:50g

おすすめの理由
肌の中にあるうるおい成分PCAを守りながら洗顔できる作りなので洗った後も肌に保湿力を感じられつるんとしたツヤ肌になります。洗顔をすることが気持ち良く感じられます。防腐剤や石油系界面活性剤など無添加なところもデリケートに傾きやすいエイジング肌には嬉しいですね。パウダー状なので、一回一回泡だてる手間がかかるところだけがマイナスですが、泡だてネットを使えば簡単ですよ。

監修者の写真 Ema鍼灸マッサージ治療院 院長 江波戸恵美

使ってみた感想
洗い流した後はまるでゆでたまごの表面に触れているかのようなツルツルの肌になります。肌がうるおいを抱え込みやすくなるのか、洗顔後肌へ化粧水がぐんぐん入っていく感じがしました。保湿力も自然と高まるので、乾燥によるシワの予防にもなりますよね。さらに、毛穴の奥にある角栓や汚れ、黒ずみなどをしっかり吸着して取り除いてくれるので、毛穴の黒ずみやざらつきが目立たなくなりました。肌荒れやエイジングにつながる原因を取り除いてくれるので、とにかく肌をきれいにしたいと思うすべての人におすすめしたい洗顔料です。

雪肌精|ホワイトクリームウォッシュ(コーセー)

40代おすすめ洗顔料 雪肌精 ホワイトクリームウォッシュ コーセー

販売価格(編集部調べ):2,160円(税込)
内容量:130g

詳しくはこちら

おすすめの理由
毛穴の奥の黒ずみやメラニンが溶け込む古い角質を取り除くよう作られた洗顔クリーム。ハトムギやトウキ、牡丹の皮などの和漢植物エキスが肌の生まれ変わりをサポートしてくれます。肌の新陳代謝の乱れや遅れが気になる方や、透明感のある明るい肌になりたい人におすすめしたい洗顔クリームですね。

監修者の写真 Ema鍼灸マッサージ治療院 院長 江波戸恵美

使ってみた感想
肌の状態は、その人の第一印象を決める重要なポイントです。年齢を重ねると、肌のくすみや乾燥が気になり始めますが、そのままにしておくと、疲れた印象に見られかねません。この洗顔フォームは濃密な泡で、メラニンが溶け込んだ古い角質や毛穴の奥の汚れをしっかり取りのぞいて、なめらかで透明感のある肌にしてくれます。同じ年齢でも若々しく清楚な印象を与えることができるので、肌に「うるおい」や「透明感」が不足しているなと感じ始めた人に、ぜひ使ってほしい洗顔クリームですね。

ミネラルウォッシュ(カバーマーク)

40代おすすめ洗顔料 ミネラルウォッシュ カバーマーク

販売価格(編集部調べ):3,240円(税込)
内容量:125g

詳しくはこちら

おすすめの理由
クリーム状のテクスチャ。白いクリームの中に黒い粒のようなものが混ざっています。この黒い粒はモロッコ産のクレイで、毛穴の奥深くまで汚れや皮脂をしっかり吸着して取り除いてくれます。炭の4倍の吸着力を持つミネラル分を多く含んだクレイのおかげで、肌がきゅっとする洗い上がり。洗顔後、肌がポカポカしてくるのが実感できます。

監修者の写真 Ema鍼灸マッサージ治療院 院長 江波戸恵美

使ってみた感想
寝ている間に肌に出た皮脂汚れをしっかり取り除いてくれます。肌の皮脂汚れはしっかり取りたいけれど、肌への高い保湿とくすみを解消したいという人におすすめの洗顔クリームです。高い洗浄力の一方で、配合成分のセラミドが肌のバリアをしっかり守り、カンゾウ葉エキスがセラミドの働きをサポートしながら保湿してくれて乾燥知らずの肌でいられます。洗った後の肌は、めぐりが良くなる感じがするのでくすみも気にならなくなりそうです。

おさらい!正しい洗顔方法

洗顔では、もちろん自分に合った洗顔料を選ぶことが大切です。しかし、いくらよい洗顔料を選んでも、洗い方が間違っていては、肌を傷つけてしまったりしてトラブルを招く可能性もあります。

洗顔は今までずっと続けてきているものですが、ここで一度、自分の洗顔方法が肌にやさしいものか確認してみませんか。

正しい洗顔方法のステップをご紹介します。

  1. 手を洗う
  2. 洗顔料を泡立てる
  3. Tゾーンに泡を乗せ、指が触れないようにしながら洗う
  4. 顔全体を洗う(目元・口元は泡を乗せるだけでもOK)
  5. 人肌程度のぬるま湯で20回以上すすぐ
  6. 清潔なタオルで水分を吸い取る
  7. 保湿ケアを行う

このように書くと「ちょっと面倒…」と感じるかもしれません。しかし、押さえたいポイントは「こすらないこと」「洗顔料を残さずすすぐこと」「水またはぬるま湯で洗うこと」の3つです。

皮膚は非常にデリケートで、ちょっとした摩擦でも細かな傷がついたりしてダメージを受けます。そのようなダメージから肌の乾燥や肌トラブルが起きることもあるため、こすらないことが大切です。

そのためには、まず「洗顔料をしっかり泡立てる」ことを意識しましょう。手できめ細かな泡を作るのが難しい場合や、時間がかかって普段はできないという場合には、洗顔ネットや洗顔料泡立て器などを活用するのがおすすめです。きめ細かな泡を短時間で作れるため、忙しい朝でももちもちの泡で洗顔できます。ただし、洗顔ネットや泡立て器を使うときには、普段から泡立てアイテムも清潔に保つようにしましょう。

また、洗顔料のすすぎ残しもニキビや肌荒れの原因となります。そのため、洗顔料が残らないようにしっかりとすすぐことが大切です。上記の手順で20回以上すすぐ、としているのは、しっかりとすすぎ残しなく洗うための目安として20回以上は必要と考えられるため。特に、フェイスラインや髪の生え際近辺、小鼻などはすすぎ残しやすい部位なので、意識してすすぐようにしましょう。

すすぎのときのお湯の温度も、熱すぎると肌が本来持っている天然保湿因子などを洗い流してしまいます。33℃から36℃程度の、人肌もしくはそれより少しぬるいくらいのお湯で洗うようにしてください。

朝洗顔に洗顔料はいるの?いらないの?

洗顔ケアで、気にする方が多い疑問のひとつに「朝は洗顔するべきなの?」という点があります。芸能人や美容家の方の中には、洗顔料を使うのは夜だけで、朝は水やぬるま湯だけで洗顔しているという方もいるようです。しかし、これは本当に正しいケア方法なのでしょうか。

結論から言うと、朝はぬるま湯だけの洗顔をして肌の調子がよければそれでよいでしょう。反対に、ぬるま湯だけでは顔のベタつきが気になったり、角栓が気になり始めたりするようであれば、朝も洗顔料を使ったほうがよいでしょう。

夜洗顔をしても、朝の顔は意外と汚れています。それは、寝ている間も皮脂や汗の分泌があるうえに、空気中のほこりなども付着しているため。日中よりは汚れていないかもしれませんが、朝は顔が汚れていないとは言えないのです。

ほこりやチリはぬるま湯だけでも落ちますが、皮脂はぬるま湯のみの洗顔では落としきれません。そのため、皮脂の分泌が活発だったり、皮脂のベタつきが気になるようなら、古い皮脂を肌の表面に残しすぎないためにも、朝も洗顔料を使ったほうがよいと言えるでしょう。

しかし、もともと皮脂の分泌が少ない方や、肌が乾燥傾向にある方の場合、朝も夜も洗顔料を使ってしまうと皮脂を落としすぎてしまう可能性も考えられます。このような方は、朝は水やぬるま湯だけの洗顔で十分と考えられるのです。

このように、万人にとって正解と言えるスキンケアはないといわれています。新しい方法も適宜試しながら、自分に合った方法を見つけるようにしましょう。

まとめ

スキンケアの基本となる洗顔は、不要な皮脂や古い角質などを取り去って肌を清潔にし、その後に行う化粧水や美容液、クリームなどをしっかり浸透させるためのもの。しかし、やりすぎはかえって肌にダメージを与えることにもなりかねません。

40代を迎え、より乾燥しやすくなっている肌のケアでも、洗顔料や洗顔方法の見直しが基礎となるのです。

最近では、洗顔料でもセラミドなどの美容成分を配合しているものがあります。エイジングケアを積極的に目指したい40代は、このようなアイテムも試してみることをおすすめします。

洗顔料と洗顔方法の見直しからスキンケアを始め、5年後、10年後も若々しい肌を目指しましょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー