スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

美容効果を引き出すパックの選び方と使い方!毎日使えば効果は上がる?

更新日:2018/09/13 公開日:2018/05/30

市販されている美容パック(フェイスパック)にはさまざまな種類があります。徹底的に保湿ケアを行うものや、年齢に応じたエイジングケアに役立つパック、美白成分がたっぷりと配合されたものなどがあり、形状もシートやクリームなどさまざまです。シートマスクの中でも、面白いデザインが施されているものなどもあって、使用して効果を実感するだけでなく選ぶこと自体を楽しむ女性も多いのではないでしょうか。

さまざまな美容パックがある中で、自分の肌に必要なエイジングケアを目指すには、どのようにパックを選び、使用するとよいのでしょうか。

美容パックを毎日使えばよいとは限らない

まず、美容パックで誤解しないでほしいのが「毎日使えばそれだけ美肌に近づける」とは限らないこと。シートマスクタイプのパックの中には、たっぷりとシートが入っていて毎日使えるタイプのものもあります。一方で、厚手のマスクが一枚ずつ個包装され、それぞれにたっぷりと美容液をしみ込ませたリッチな使い心地のものもあります。

1枚あたりの価格もさまざまなので、中には「高価なものを毎日集中的に使えば実感できるのでは」と思っている方もいるかもしれません。しかし、高価で美容液をたっぷり染み込ませたものを毎日使えばよいとは限りません。

中には、シートパックを毎日の化粧水や美容液のケア代わりに使用する方もいます。肌の調子がよければ問題ありませんが、シートパックは定期的なスペシャルケアとして使用しておきたいところです。

美容パックで期待できる効果とは

美容パックにはさまざまな種類があり、製品によって配合される成分も多種多様です。たとえば、以下のような効果を期待できるパックがあります。

美白

特にシートマスクタイプのパックの中には、美白成分を配合して肌のくすみや日焼けによるシミに集中してアプローチできるものがあります。美白効果を期待できる成分として、以下のものがあげられます。

  • トラネキサム酸
  • アルブチン
  • ビタミンC誘導体 など

ただし、美白有効成分の中には比較的肌への刺激になりやすい成分もあるので気をつけましょう。

ハリ・弾力・毛穴

肌のハリや弾力は、見た目の年齢を左右する重要な要素。シワや毛穴のたるみなどにもつながります。ハリや弾力の低下には、加齢をはじめさまざまな要因がありますが、その1つとして肌の乾燥があげられます。

美容パックの中には保湿成分をたっぷりと配合したものが多く、その成分をしっかりと肌に浸透させられるため、乾燥により肌のハリや弾力の低下への対策におすすめです。

シートマスクの正しい使い方

保湿成分などを肌にじっくり浸透させるシートパックは、使用するタイミングや使用前後のお手入れなどを意識することでより効果的に使うことができます。まずは、シートマスクの基本的な使い方を見てみましょう。

シートマスクの使用手順

以下にシートマスクの基本的な使用手順をご紹介します。

  1. 通常通り洗顔し、化粧水で肌を整える
  2. シートマスクを広げ、顔にしっかり密着するように貼る
  3. 所定の時間が経ったらシートマスクをはがす
  4. 美容液をなじませ、乳液やクリームで保湿する

ポイントは、洗顔後に化粧水で肌を整えてからパックを使用することと、使用後は乳液やクリームによるケアを行うこと。

化粧水には、洗顔で無防備になった肌を整え、その後に使用する美容液や乳液の浸透を助ける働きがあります。そのため、シートマスクを使用する前に化粧水を使用するステップが大切です。

また、パック直後はたっぷりの美容液で肌がうるおっているため、乳液やクリームは不要と考えるかもしれません。それで肌が乾燥しなければ問題はありません。しかし、肌が乾燥してしまう場合は、パック後のケアが必要です。美容液はあくまで水分と水溶性の成分が主体となっているものが多く、油分と油溶性の美容成分を与えて肌を保護することが肝心になります。そのため、普段の美容液ケアと同じく、乳液やクリームによるケアも必要です。

ただし、こちらは一般的なシートマスクの使い方です。もし自分が使いたいパックの使用方法が上記と異なるようであれば、製品に記載された方法で行うようにしましょう。

シートマスクの効果を引き出すポイント

シートマスクの効果を引き出すうえで、2つ抑えたいポイントがあります。

所定の時間より長く使わない
シートマスクを所定の時間より長く使い続けると、パックの乾燥とともに肌の水分も奪われ、肌が乾燥しやすくなります。また、肌がふやけ、かえってダメージを与えることにもなりかねません。シートマスクは所定の時間を守って使用しましょう。
使用するベストタイミングは入浴後
入浴中、湯船に浸かりながらパックを行う方もいるかもしれませんが、あまりよいタイミングとは言えません。入浴後、汗が引いたときは肌が清潔で、肌バリアを形成する皮脂なども洗顔で落としているためパックを使用するのによいタイミング。シートマスクをはじめとした美容成分を肌に届けるパックは入浴後に行うとよいでしょう。

シートタイプのパックの選び方

シートタイプのパックを選ぶうえでチェックしたいのが、以下の2つです。

配合される美容成分

まず大切なのが、自分がアプローチしたい肌悩みに合った成分が使用されているシートマスクを選ぶこと。前述したように、シートマスクには美白や肌のハリ・弾力、乾燥など、さまざまな効果を標榜されているものがあります。そのため、自分の肌悩みに合わせてパックを選ぶことが大切になるのです。

なお、30代以上の女性は肌が乾燥しやすくなりがち。そのため、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分はマストと言えるでしょう。

密着しやすいパックの形

シートタイプのパックは、肌に密着してこそ効果を発揮します。できれば密着させやすい形のパックを選びましょう。パックによってはシートのカットの仕方に違いがあり、パックを密着させやすいものもあります。上下に分かれているものなどはぴったり貼りやすいのでおすすめです。

美容家の一押し!おすすめ美容パック5選

ここからは、美容家が厳選したおすすめの美容パックを紹介していきます。

HAKU|メラノシールド マスク(資生堂)

おすすめ美容パック HAKU メラノシールド マスク 資生堂

販売価格(編集部調べ):1,620円(税込)
内容量:30ml×1袋(上用・下用各1枚入)
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
顔の凸凹にきちんとフィットして、顔全体にピタッと密着してくれる美白マスクです。上下に分かれているシートマスクによって、部分的にしっかりケアをすることができますよ。特にシミができやすい部分にフォーカスしており、メラニンの抑制と排出をサポートします。

監修者の写真 美容家 船山葵

使ってみた感想
特に紫外線が強くなる夏に使うことが多く、2週間に1回のスペシャルケアとして使用しています。厚みのあるシートになっているので、しっかり美白ケアができるような気がします。そして保湿ケアとしてもおすすめなので、美白&保湿ケアを取り入れたい方におすすめ!

ホワイトショット QX(POLA)

おすすめ美容パック POLA ホワイトショット QX POLA

販売価格(編集部調べ):11,880円(税込)
内容量:シートマスク(医薬部外品)24ml×5包
    フィルム状美容液(4枚)×5包

詳しくはこちら

おすすめの理由
美容液1本分をたっぷりと含んだ美白シートマスクと、フィルム状美容液がセットになっています。美白有効成分として「トラネキサム酸」を配合しています。うっとりするような、透明感ある肌を手に入れたい方におすすめ。

監修者の写真 美容家 船山葵

使ってみた感想
私は大事な予定がある前日のケアとして取り入れています。紫外線に1日中浴びてしまったときのスペシャルケアとしてもおすすめです。1日使用しただけでも効果を実感できますし、シートマスクと美容液のセットは、とても贅沢なので「この日こそ絶対に美肌でいたい!」という時に使ってみるといいかも。

エリクシールホワイト|スリーピングクリアパック C(資生堂)

おすすめ美容パック エリクシールホワイト スリーピングクリアパック C 資生堂

販売価格(編集部調べ):3,456円(税込)
内容量:105g
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
夜のお手入れの仕上げとして塗る、美白ジェルです。寝ている間にたっぷりのうるおいとハリを与えてくれ、翌朝はプルンッと弾力のある肌に。美白成分として「m-トラネキサム酸」を配合しているので、毎日の美白ケアとして使用してもいいでしょう。

監修者の写真 美容家 船山葵

使ってみた感想
保湿も美白もこれ1本で叶えられます。アクアフローラルの心地よくリラックスできるような香りで、忙しく落ち着きのない心も休ませてくれるような感じがします。プルンッとしたゼリーのようなみずみずしいテクスチャです。

シスレー|フィトブラン ウルトラ ライトニング マスク(シスレージャパン)

おすすめ美容パック シスレー フィトブラン ウルトラ ライトニング マスク シスレージャパン

販売価格(編集部調べ):15,660円(税込)
内容量:60ml

おすすめの理由
ホワイトクレイによって肌の気になるくすみを一掃してくれ、肌の汚れをオフ。さらに肌に透明感を与えてくれるような「ホワイトマルベリーエキス」、「レモンエキス」を配合しています。保湿成分でもある「フィトスクワラン」、「シアバター」でうるおいのある肌が期待できるでしょう。

監修者の写真 美容家 船山葵

使ってみた感想
気になる汚れをしっかりと吸着してくれながらも、美白と保湿ケアも完了できてしまう優れものアイテムです。肌を柔らかくなめらかに整えてくれるだけではなく、肌のくすみ、そして毛穴までも目立ちにくくしてくれますので定期的に使っていくのもおすすめです。

ママバター|フェイスクリームマスク リッチ(ビーバイ・イー)

おすすめ美容パック ママバター フェイスクリームマスク リッチ ビーバイ・イー

販売価格(編集部調べ):994円(税込)
内容量:3枚

詳しくはこちら

おすすめの理由
天然保湿成分である「シアバター」で肌のキメを優しく整えてくれ、その他にも12種類ものオーガニック植物原料を配合しているシートマスクです。肌に弾力やハリ感を与えてくれる「アルガンオイル」や「ダマスクバラ」を配合しています。

監修者の写真 美容家 船山葵

使ってみた感想
これ1枚で化粧水、美容液、乳液のケアができますので、時短ケアとしても活躍することができます。肌の衰えを感じ始めていたり、エイジングケアを取り入れたいという時にもオススメです。肌にピタッと密着してくれるだけではなく、ラベンダーの優しい香りで心地よくお手入れができます。

ヨーグルトや野菜など、食品を使ったパックはNG!

美容パックと言うと、ヨーグルトやはちみつなど台所にあるものを使ったパックをイメージするかもしれません。キュウリの輪切りを顔に貼りつけてパックにしているイメージを見たことがある方も多いでしょう。しかし、このような食べ物を使ったパックには美肌効果を期待できるのでしょうか。

結論からいうと、食品を美容パックのように使うのはNGです。食品の中に含まれる特定の成分が、美肌に効果を発揮する可能性は考えられます。しかし、もともと肌につけるものとして作られている化粧品のパックから比較すると、残念ながら特別効果を期待できるとは言えません。また、食品にはさまざまな成分が含まれており、安全性の面でも疑問が残ります。

パックの中には、高級なものもあれば毎日気軽に使えるようなプチプラのものもあります。あえて食品をパックとして使用するよりも、最終的にはきちんと肌につけることを考えて作られた化粧品のほうが、コスト面でもメリットがあることも多くあります。美容パックをする場合は、化粧品として作られているものを使用しましょう。

まとめ

美容パックの中でも特に多く見られるシートマスクには、美白や保湿によるハリ・弾力への効果など、配合される美容成分で期待できる効果がさまざまです。そのため、自分の肌悩みに合わせたシートマスクを選び、正しく使うことが一歩進んだ美肌ケアと言えるでしょう。

いつものスキンケアに1つプラスするだけでスペシャルケアができる美容パックは、美肌を目指すうえでの強い味方。今回紹介したおすすめパックも参考に、賢くとり入れましょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー