スキンケア大学 メンズスキンケア大学

赤ちゃんのシャンプーは大人用とどう違う?おすすめ11選と洗い方

更新日:2018/07/17 公開日:2018/06/29

赤ちゃんを迎えるにあたって、入浴タイムに必要なものをそろえているプレママにとってどう選べばよいのかわからないもののひとつが「赤ちゃん用のシャンプー」ではないでしょうか。

ここでは、赤ちゃん用のシャンプーの必要性やおすすめシャンプー、大人用に切り替えるタイミング、洗い方について解説します。

赤ちゃんのシャンプーと大人用の違い、知っていますか?

赤ちゃんはベビー用のシャンプーを使う、ということがなかば常識となっているようです。しかし、大人用のシャンプーを使ってはいけないのでしょうか。

大人用のシャンプーにはさまざまなものがあります。中には、洗浄力が強く赤ちゃんの肌には刺激が強すぎるものも。また、大人のシャンプーの中には香料や着色料など、使用感をよくするための添加物が配合されている場合もあります。

一方、赤ちゃん用のシャンプーは、多くがマイルドな洗浄力でやさしく汚れを落とすもの。香料や着色料などの添加物も入っていない場合が多く、デリケートな赤ちゃんの肌への刺激を少なくしながら洗うことを目的に作られています。

また、赤ちゃん用のシャンプーには、ポンプを押すと泡で出てくるタイプのものも多く見られます。特に生まれてからあまり経っていない赤ちゃんは、片手で赤ちゃんの身体を支えながら髪や身体を洗ってあげる必要があります。そのため、あらかじめ泡で出てくるタイプのものだと洗いやすいでしょう。

そもそも赤ちゃんの頭皮はシャンプーで洗うべき?

生まれたての赤ちゃんは髪の毛も少なく、あまり汚れていないように見えるので「実はお湯で洗うだけで十分なのでは?」と考える方もいるかもしれません。しかし、それは間違いです。

特に生後2か月までの赤ちゃんは、母親の性ホルモンの影響で皮脂の分泌が盛んです。毎日の入浴時に余分な皮脂を落としてあげないと、黄色いかさぶたのようなものが付着する乳児脂漏性湿疹ができる可能性があります。特に、頭は皮脂が多く分泌される部位なので、乳児脂漏性湿疹が出やすい部位でもあります。

古い皮脂をきちんと落とすには、シャンプー剤を使って洗うことが大切です。赤ちゃんの頭皮を適切な強さのシャンプーで清潔に保つため、赤ちゃん用のシャンプーで洗ってあげることが重要なのです。

赤ちゃんの頭皮はボディソープで洗ってはいけないの?

赤ちゃんの髪の毛や頭皮は、ボディソープではなくベビーシャンプーで洗ってあげたほうがよいでしょう。

赤ちゃんは髪の毛の量もあまり多くなく、ボディソープでそのまま髪を洗ってよいのではないかと思うかもしれません。しかし、頭皮は身体と比べて皮脂の分泌量が多くなりがち。そのため、赤ちゃん用のシャンプーは頭皮や髪の毛の汚れを落とすのにより適した配合になっています。また、ボディソープよりも泡切れがよいものが多いため、すすぎも楽だと感じる方が多いようです。

大人はボディソープで髪の毛を洗わずシャンプーで洗うでしょう。赤ちゃんも同じく、シャンプーとボディソープは分けて使ってあげることをおすすめします。

赤ちゃん用シャンプーの選び方3つのポイント

赤ちゃん用のシャンプーを選ぶうえでおさえたいのが、以下の3つのポイントです。

  • 洗浄成分がやさしいもの
  • 香料、着色料無添加かつ防腐剤も無添加もしくはできるだけ少ないもの
  • アレルギーテスト済みのもの

それぞれ詳しく見ていきましょう。

洗浄成分がやさしいもの

シャンプーの洗浄力は、配合されている界面活性剤の種類で決まります。シャンプーに配合されることの多い界面活性剤は、以下の4つに大きく分けられます。

  • アミノ酸(ココイル、グルタミン酸 など)
  • 石けん(石けん素地、脂肪酸ナトリウム など)
  • 高級アルコール(ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na など)
  • 両性界面活性剤(アンホ、ベタイン など)

このうち、洗浄力がやさしいものが多く赤ちゃんの肌に適しているのは、アミノ酸の界面活性剤と両性界面活性剤です。赤ちゃんの肌は大人に比べて非常に薄く、肌のバリア機能も未熟です。皮脂も生後3か月くらいから思春期前くらいまでは少ないため、シャンプーに強い洗浄力は不要です。

アミノ酸や両性界面活性剤のシャンプーを見極める目安として、成分表示の上から6番目くらいまでを見る方法があります。成分表示の上位には配合割合の多い成分が順番に表示されているため、前述したアミノ酸の界面活性剤や両性界面活性剤の名前が多ければ、洗浄力のマイルドなシャンプーと考えてよいでしょう。

赤ちゃん用の泡で出てくるシャンプーなどは、アミノ酸の界面活性剤を使っているものがほとんどです。しかし、少し成長した子供用のシャンプーの中には、高級アルコールの界面活性剤を使っているものもあります。そのため、できればちらっとでも成分表示をチェックする習慣をつけることをおすすめします。

香料、着色料無添加かつ防腐剤も無添加もしくはできるだけ少ないもの

香料や着色料は、赤ちゃんのデリケートな肌の刺激になります。そのため、こういったものは配合されていないシャンプーを選ぶようにしましょう。

また、シャンプーの中で微生物が繁殖するのを防ぎ、品質を保つ目的のある防腐剤ですが、多く配合されていると肌に刺激となります。代表的な防腐剤として、以下のものがあげられます。

  • パラベン
  • 安息香酸塩
  • フェノキシエタノール など

このような成分が入っていないか、成分表示の後ろのほうにしか記載されていないシャンプーを選ぶとよいでしょう。

なお、「パラベンフリー」や「パラベン無添加」と記載されている製品を見かけますが、パラベンは配合されていないものの、他の防腐剤となる成分が配合されている可能性があります。念のため成分表示をチェックし、ほかの防腐剤が多く配合されていないかチェックすると安心でしょう。

アレルギーテスト済みのもの

シャンプーの中には「アレルギーテスト済み」と表記されているものがあります。アレルギーテストとは、実際に人の肌に一定期間つけ続け、アレルギー反応が出ないかどうかを確認するテストのことです。このテストをクリアした場合にのみ「アレルギーテスト済み」と表記されます。

必ずしもアレルギーテスト済みのものを選ばなければいけないというわけではありませんが、このような表記があるものを選ぶと安心と考えられます。

おすすめ赤ちゃん用シャンプー11選

ママバター|ベビーソープ(ビーバイ・イー)

 ママバター ベビーソープ ビーバイ・イー

販売価格(編集部調べ):1,728円(税込)
内容量:250ml
全身用

詳しくはこちら

ヒトの肌になじみやすい、天然油脂のシアバター(シア脂)を配合した保湿スキンケアシリーズ「MAMA BUTTER(ママバター)」のベビーライン。

使ってみた感想
さらっとした泡タイプの全身用ボディソープ。全身これ一本で洗うことができます。すすぎでの泡切れがよく、さっとお湯で洗い流せるのはラクでいいですね。そんなに強い成分が入っている感じはせず、全体的に優しい(裏を返すと薄い)感じがする。しっとりよりも、さっぱりしたい夏の時期にいい商品だと思います。泡で出てくるポンプタイプなので、使い勝手がよく、どんな月齢、年齢のお子さんにも使いやすい商品です。

監修者の写真 スキンケア大学編集部ママさん 2歳7ヶ月の娘

BABY BORN|No.3 Face & Body Creamy Soap(Mother)

 BABY BORN No.3 Face & Body Creamy Soap Mother

販売価格(編集部調べ):3,456円(税込)
内容量:500ml
全身用

詳しくはこちら

人気タレントの東原亜希さん、エステティシャンの高橋ミカさんが、子育てをするママの観点から共同で作ったベビー用コスメブランド。見た目もオシャレ!

使ってみた感想
フローラルな香りがするキメの細かな泡タイプのベビーソープ。泡がすごくモチモチしていて、泡で包み込むように優しく洗うことができます。泡切れもよく、洗い上がりはすべすべしたお肌になりました。大容量のボトルに書かれた、ワニ(?)のイラストに子どもに興味津々。楽しいバスタイムが過ごせます!

監修者の写真 スキンケア大学編集部ママさん 2歳7ヶ月の娘

ドゥーエ ベビー|泡シャンプー(資生堂)

 ドゥーエ ベビー 泡シャンプー 資生堂

販売価格(編集部調べ):1,404円(税込)
内容量:300ml

詳しくはこちら

敏感な肌のために。資生堂がおくる安全性を最優先に考えたシンプルで低刺激なスキンケア化粧品「2e(ドゥーエ)」のベビーライン。

使ってみた感想
月齢2か月だし、頭も体も丸っと洗うので良いと思うのですが、うちの子は生まれたときから髪がフサフサしているので、使ってみたくなりました。特にキシつくこともなく、しっとりと洗い上げてくれたので、引き続き使っていきたいですね。お値段はやや高い印象だけど、子どもの小さい頭だけに使うことを考えるとそこまで割高ではないのかも。

監修者の写真 スキンケア大学編集部ママさん 2ヶ月の娘の子育て奮闘中

泡シャンプー(ピジョン)

  泡シャンプー ピジョン

販売価格(編集部調べ):788円(税込)
内容量:350ml

詳しくはこちら

赤ちゃんのスキンケア化粧品といえば、欠かすことができない老舗メーカーの「ピジョン」。困ったときはピジョン!というほど、ママたちの信頼が厚いです。

使ってみた感想
なめらかな泡タイプのシャンプーです。泡立ちがよく、汗でベタついた頭もさっぱりします。髪の毛もサラサラに仕上がりました。ポンプの先が少し上を向いていますが、このボトルは片手でも簡単に扱えるデザインになっているので、こういったところにママへの思いやりを感じます。

監修者の写真 スキンケア大学編集部ママさん 2歳7ヶ月の娘

アトピタ|保湿頭皮シャンプー(丹平製薬)

 アトピタ 保湿頭皮シャンプー 丹平製薬

販売価格(編集部調べ):1,350円(税込)
内容量:350ml

詳しくはこちら

アトピタは、ママのお腹ので赤ちゃんを守る「胎脂」に着目。肌あれ・乾燥を繰り返しやすい赤ちゃんの肌を守るケアシリーズです。

使ってみた感想
アトピタって、使いやすさと洗いやすさがあって良いですね。頭皮シャンプーで子ども頭を洗ったら、髪が少しギシギシした感じがしました。すすぎはさっと流せて、とてもいいと思う。特にトラブルもなく、乾かしたあとはサラサラの髪になりました。アトピタシリーズは独特のにおいがありますね。うちの家族は気にならないですが、苦手な人がいるのかも?一度、試してみてください!

監修者の写真 スキンケア大学編集部ママさん 2歳7ヶ月の娘

ママ&キッズ|ベビーヘアシャンプー(ナチュラルサイエンス)

 ママ&キッズ ベビーヘアシャンプー ナチュラルサイエンス

販売価格(編集部調べ):1,458円(税込)
内容量:370ml

詳しくはこちら

育児雑誌でおなじみ!20年のロングヒットを続ける「ママ&キッズ」は「生まれてすぐから使える」をコンセプトに皮膚科医協力開発&各種アレルギーテスト済の低刺激スキンケア。

使ってみた感想
子どもには全身に使えるソープの方がラクだし、それで十分でしょ!と思っていたのですが、これを使ったら髪の毛がサラサラになったので、やっぱり頭を洗うシャンプーってすごいですね。全身ソープのほうが手軽ではありますが、これなら分けて使いたいと思っちゃいますね。目にしみると子どもが泣き叫んで困るのですが、これは目にしみないようなので嬉しいです。

監修者の写真 スキンケア大学編集部ママさん 2歳2ヶ月の息子

キューピー ベビーシリーズ|ベビーシャンプー 泡タイプ(牛乳石鹸共進社)

 キューピー ベビーシリーズ ベビーシャンプー 泡タイプ 牛乳石鹸共進社

販売価格(編集部調べ):756円(税込)
内容量:350ml

詳しくはこちら

赤箱の石けんで有名な牛乳石鹸がおくるベビーラインの「キューピーシリーズ」。実は1961年から販売されている歴史ある赤ちゃんスキンケア製品です。

使ってみた感想
泡が出てくるポンプタイプでのシャンプー。クリーミーな泡で泡立ちよく、髪なじみもよい質感。柔らかな泡で、子どもの細く繊細な髪が優しく洗えました。洗い流しもさっと落ちてGood!途中、顔に泡がかかるハプニングもあったけど、目にしみにくい処方とあるだけあって、娘も特に泣くことなかったのは驚き(気分の問題もあると思うけど)。パッケージについたキューピーを「赤ちゃん?」といって、楽しそうに泡を出してくれるので、パッケージの良さでごきげんも変わるんだなと思いました。

監修者の写真 スキンケア大学編集部ママさん 2歳7ヶ月の娘

アロベビー|ベビーソープ(N&O Life)

 アロベビー ベビーソープ N&O Life

販売価格(編集部調べ):2,106円(税込)
内容量:300ml
全身用

詳しくはこちら

赤ちゃんとママのための国産オーガニックにこだわるスキンケアブランド。オシャレなデザインもママの間で人気です。

使ってみた感想
弾力のある泡が特徴的なソープ。一度に出る泡の量は他のものと比べると少なめかなとは思いましたが、出すとクリーミーでしっかりと洗えている実感が持てました。洗い流しにも時間はかからなかったので使いやすかったです。プッシュ式も押しやすく。さわやかなラベンダーの香りがとても好きです。

監修者の写真 スキンケア大学編集部ママさん 2歳2ヶ月の息子

ヴェレダ|カレンドラ ベビーウォッシュ&シャンプー(ヴェレダ・ジャパン)

 ヴェレダ カレンドラ ベビーウォッシュ&シャンプー ヴェレダ・ジャパン

販売価格(編集部調べ):1,728円(税込)
内容量:200ml
全身用

詳しくはこちら

創業1921年、自然科学に着目したオーガニック系コスメブランド。

使ってみた感想
オーガニックな優しい香りがするとろっとした液体タイプのベビーソープ。チューブがから適量取り出し、泡立てて使用してください。ネットで泡立てるとふわっとした柔らかい泡ができ、その泡で優しく洗うことができます。シャワーでさっと洗い流すと、うるおいを持った肌に仕上がってくれます。頭もしっかり洗えて、夏場の汗ばんだ頭皮もすっきりしている感じがしました。※キク科にアレルギーがある方はご使用をお避けください。

監修者の写真 スキンケア大学編集部ママさん 2歳7ヶ月の娘

erbaviva(エルバビーバ)|ベビーシャンプー(ジョンマスターオーガニックグループ)

 erbaviva(エルバビーバ) ベビーシャンプー ジョンマスターオーガニックグループ

販売価格(編集部調べ):2,592円(税込)
内容量:175ml

詳しくはこちら

雑誌でも大人気のオーガニックブランド「ジョンマスターオーガニック」のベビーラインです。

使ってみた感想
オーガニックならではのフローラルな香りが印象的で、少量でもふわっと泡立つのが気持ちいいです。それでいて泡切れがよく、すすぎにくさはなくて使いやすかったです。ボディソープとしても使えるようですが、ちょっとお高いのでもったいないような気がしてしまいます(笑)

監修者の写真 スキンケア大学編集部ママさん 2歳7ヶ月

erbaviva(エルバビーバ)|ベビー ソープ(ジョンマスターオーガニックグループ)

 erbaviva(エルバビーバ) ベビー ソープ ジョンマスターオーガニックグループ

販売価格(編集部調べ):2,376円(税込)
内容量:110g
全身用

詳しくはこちら

雑誌でも大人気のオーガニックブランド「ジョンマスターオーガニック」のベビーラインです。

使ってみた感想
クリーム色の優しい香りがする石けん。ネットで泡立てると、軽やかな泡が立ち、お肌を優しく洗うことができます。泡切れはとてもよく、サッと流れてくれます。洗い上がりのお肌もすべすべしっとりしていて、とってもいいです。包装から気分が上がるおしゃれなデザインで、プレゼント用としても嬉しい製品ですね。

監修者の写真 スキンケア大学編集部ママさん 2歳7ヶ月の娘

アラウ.ベビー|泡全身ソープ(サラヤ)

 アラウ.ベビー 泡全身ソープ サラヤ

販売価格(編集部調べ):864円(税込)
内容量:450ml
全身用

詳しくはこちら

毎日使うものだからこそ、安心できるものを追求する「アラウ.」シリーズ。アレルギーのリスクをなるべく排除したこだわりの洗剤&コスメのベビーラインです。

使ってみた感想
全身に使えるソープで、シンプルな成分で、大容量…もうこれだけで十分に選んで良いポイントが揃ってると思います。同じ製品で「しっとり」タイプもありますが、特に肌の乾燥が気にならない場合はこちらで良いと思います!

監修者の写真 スキンケア大学編集部ママさん 2歳7ヶ月の娘

赤ちゃんの髪の洗い方は

赤ちゃんの髪の毛と頭皮の洗い方は、以下のとおりです。

  • 赤ちゃんの髪をぬらす
  • シャンプーを手に取って泡立てる
  • 泡を赤ちゃんの頭皮全体につけ、やさしく包み込むように洗う
  • じゅうぶんなぬるま湯ですすぐ

シャンプーを直接頭皮につけて泡立てるのは、頭皮への刺激が強くなります。しっかり泡立ててから赤ちゃんの頭につけましょう。1歳半くらいまでの赤ちゃんは、頭蓋骨に隙間があります。そのため、あまりチカラを入れるのではなく、指の腹を使ってやさしくなでるように洗いましょう。

また、シャンプーのすすぎ残しは頭皮を刺激し、肌トラブルを引き起こすことがあります。すすぎ残しがないよう、ぬるま湯のシャワーで十分にすすいでください。

いつから大人のシャンプーを使える?

子供に大人と同じシャンプーを使わせてもよいタイミングはいつなのでしょうか。

理想としては、小学校くらいまでは赤ちゃん用や子供用で低刺激のシャンプーを使わせるとよいでしょう。子供の肌は、生後2か月くらいまでは皮脂の分泌が盛んですが、生後3か月くらいからは皮脂の分泌が少なくなり、そのまま思春期の前くらいまで皮脂の少ない状態が続きます。

子供のうちは皮膚も大人ほど成熟しておらず、肌バリア機能も未熟です。皮脂が少ないということは肌が乾燥しやすいということでもあるため、大人用のシャンプーの中でも洗浄力の強いものを使ってしまうと肌が乾燥してトラブルにつながる可能性が考えられます。

思春期に入ると、皮脂の分泌量が一気に増加します。そのときに大人用のシャンプーに切り替えるようにするのが理想的です。

その前から大人と同じシャンプーを使う場合は、大人用でもできるだけ低刺激で洗浄力もマイルドなものを選んであげてください。最近は大人の中でも強い洗浄力のシャンプーを使いすぎて頭皮が乾燥している方もいるので、子供と一緒にアミノ酸シャンプーなどの洗浄力の弱いシャンプーに切り替えてみるのもおすすめです。

なお、シャンプーを切り替えたばかりのときは、子供の頭皮にかゆみや赤みなどの異常がないか確認しましょう。

まとめ

赤ちゃんの頭皮を清潔に保つためには、泡切れがよくやさしい洗浄力の赤ちゃん用のシャンプーが適しています。今回紹介した3つの選び方のポイントを、もう一度おさらいしてみましょう。

  • 洗浄成分がやさしいもの
  • 香料、着色料無添加かつ防腐剤も無添加もしくはできるだけ少ないもの
  • アレルギーテスト済みのもの

このポイントや今回紹介したおすすめシャンプーも参考に、赤ちゃんに合うシャンプーを選んであげましょう。また、使用するときには泡立てて使うこと、やさしく洗うことを心がけてください。

赤ちゃんのお世話はそのときは大変ですが、気がつくと赤ちゃんの時期はあっという間に終わってしまいます。赤ちゃんとの入浴タイムをリラックスして楽しめるとよいですね。

カテゴリー