スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

赤ちゃんの保湿にはローション?クリーム?選び方とおすすめ12選

更新日:2018/07/17 公開日:2018/06/29

赤ちゃん用の保湿剤には、ローションやクリームなどさまざまな形のものがあり、特徴もさまざまです。どのように選ぶと、赤ちゃんに合った保湿剤を選べるのでしょうか。

赤ちゃんの肌に使用するローションの選び方やおすすめ製品をご紹介します。

赤ちゃん用のローションとは

赤ちゃん用のローションには、主に肌に水分を補うとともに保湿する役割があります。赤ちゃんの肌はうるおっているように見えるものですが、保湿する必要があるのでしょうか。

また、ベビーローションと似たようなものでベビーオイルもありますが、どのような違いがあるのでしょうか。

赤ちゃんの肌には保湿ケアが必要

赤ちゃんの肌は、ふっくらしてうるおっているように見えることもあります。特に汗をかきやすい夏場は、赤ちゃんの肌には保湿ケアが必要ないように見えます。

しかし、実際には、赤ちゃんの肌は非常に乾燥しやすく、1年中保湿ケアが必要な状態と言えるのです。

皮膚の一番表面にある角層には、肌の内側を外部の刺激や細菌の侵入から守ると同時に、肌の内側からの水分の蒸発を防ぐバリアの役割があります。赤ちゃんの皮膚も同じ構造になっていますが、皮膚自体が薄くバリア機能も未熟です。

バリア機能が未熟で皮膚が乾燥すると、さらにバリア機能が低下して外部の刺激に肌が弱くなってしまいます。そのため、保湿ケアを含めたスキンケアを行い、皮膚を健全に保つサポートをするのです。

赤ちゃんの皮膚は、薄くデリケートです。そのため、年間を通して適切な保湿アイテムを活用してケアしてあげることが大切なのです。

ベビーローションとベビーオイルの違い

ドラッグストアや赤ちゃん用品店の保湿アイテムの棚を見て、多くの製品が並んでいることに驚いた方も多いかもしれません。赤ちゃん用の保湿剤は、大人の女性用ほどではありませんが、数多くの製品が発売されています。

その中でも「ベビーローション」と「ベビーオイル」の違いがわかりにくいという方もいるのではないでしょうか。

簡単に分類すると、ベビーローションは水分が含まれているローションタイプの保湿剤、ベビーオイルはオイルがメインとなり水分が含まれていないものを指すことが多いようです。大人向けの化粧品で言う化粧水や乳液に近いものがベビーローションと言えるでしょう。

ベビーローションの主な役割は、水分と保湿成分を赤ちゃんの肌に与えることにあります。一方、ベビーオイルは油分と油性成分のみのことが多いため、皮膚の表面に油の膜を張って肌の内側から水分が蒸発しにくくすることが主な役割です。

そのため、基本的にはベビーローションで保湿ケアを行い、それでは乾燥してしまう場合はベビーオイルを重ねるといった使い方が考えられます。また、保湿後がベタつかないようにしたい夏などには、ベビーローションだけで仕上げてあげるのもよいでしょう

なお、ベビーオイルは保湿ケアのほかに、おむつ替えのシーンなどで、こびりついている汚れをふき取るときなどにも使えます。

ベビーローションの選び方

では、ベビーローションを選ぶ場合はどのような基準で選ぶとよいのでしょうか。

ミルクローション?ローション?

メーカーによってローションといわれているものには、多少の違いがあります。大まかには、乳液のようなミルクタイプと透明で化粧水のようなローションに分けられます。

基本的には、化粧水のようなローションは油分が少なく、さっぱり使用できる傾向があるようです。一方、ミルクタイプのベビーローションは油分が多く含まれているため、よりしっとりした仕上がりを期待できるでしょう。

ベビーローションには「セラミド」や「ヒアルロン酸」などの、もともと皮膚の角層にも存在する保湿成分が配合されているものもあります。これらの成分は、保湿剤で肌につけると水分をため込んで保湿する作用が期待されます。そのため、赤ちゃんの乾燥肌対策にもおすすめです。

なお、ミルクタイプでも赤ちゃんの肌がカサつく場合は、オイルを重ねる方法もありますが、赤ちゃん用のクリームを使うのもよいでしょう。

香料・着色料・防腐剤ができるだけ入っていないもの

香料や着色料、防腐剤は、配合量によっては皮膚に刺激となる場合があります。そのため、香料や着色料が配合されておらず、防腐剤もできるだけ配合されていないものを選ぶとよいでしょう。

香料や着色料、防腐剤に関しては、パッケージに「無香料」「無着色」「防腐剤フリー」といった記載があるとまったく配合されていないというものになります。似たような表記で「パラベンフリー」というものがありますが、これは防腐剤の一種であるパラベンを配合していないという表記であり、パラベン以外の防腐剤が配合されている可能性があります。

アレルギーなどのテスト済の印があるもの

赤ちゃん用のローションの中にはアレルギーテストや皮膚への刺激に関するテストを行った旨が表記されているものもあります。

このような製品は、メーカーが独自に行っているアレルギーや皮膚への刺激に関するテストをクリアしているというものです。信頼性の1つの目安にするとよいでしょう。

おすすめベビーローション12選

ドゥーエ ベビー|ミルキーローション(資生堂)

 ドゥーエ ベビー ミルキーローション 資生堂

販売価格(編集部調べ):1,404円(税込)
内容量:150ml

詳しくはこちら

敏感な肌のために。資生堂がおくる安全性を最優先に考えたシンプルで低刺激なスキンケア化粧品「2e(ドゥーエ)」のベビーライン。

使ってみた感想
サラサラとした質感の乳液タイプのベビーローション。さっと伸びて適度に保湿できている感じがします。ポンプタイプのボトルなので片手で扱うことができて便利です。娘の肌は乾燥しがちで保湿ケア後でも肌を掻いていることがあるのですが、このベビーローションを使ってからひっかき傷が少し減った気がします。しばらく使い続けてみたら、明らかに娘の肌がしっとりして、ひっかき傷だらけだった太もももきれいになりました!少し油分が少ない気がするので、特にしっかり保湿しておきたい部位は、ワセリンも併用しています。

監修者の写真 スキンケア大学編集部ママさん 2歳7ヶ月の娘

Dolci Bolle|ドルチボーレ ミルキーベビーローション(SANSHIN)

 Dolci Bolle ドルチボーレ ミルキーベビーローション SANSHIN

販売価格(編集部調べ):3,024円(税込)
内容量:150ml

詳しくはこちら

敏感なお肌を持つ赤ちゃんをやさしく洗い上げ、無添加ベビーソープを販売する「Dolci Bolle(ドルチボーレ)」。

使ってみた感想
柑橘系の香りがする乳液タイプのベビーローションです。プッシュ式のボトルは、適量が出しやすい設計です。少量でも伸びがよく、うるおいと油分をしっかり感じることができるお肌の仕上がりになりました。

監修者の写真 スキンケア大学編集部ママさん 2歳7ヶ月の娘

ママバター|ベビーローション(ビーバイ・イー)

 ママバター ベビーローション ビーバイ・イー

販売価格(編集部調べ):1,944円(税込)
内容量:180ml

詳しくはこちら

ヒトの肌になじみやすい、天然油脂のシアバター(シア脂)を配合した保湿スキンケアシリーズ「MAMA BUTTER(ママバター)」のベビーライン。

使ってみた感想
サラサラとした質感の乳液状のベビーローション。ポンプタイプなので、ササッと手にとることができ、伸びがよく、肌にスーッとなじむので使いやすいですね。シアバターのしっとり感もあります。柑橘系の香りがして、家の娘は『いいにおいがするね!』と自分の腕をクンクンしています。ポンプ式の猫のようなボトルデザインも可愛らしく、娘が自分で楽しそうに塗ってくれます。たまにたくさん出しすぎて困ることもありますが、そんなときにはパパとママに塗ってもらってスキンシップの機会にしています。ボトルデザインが可愛らしく、お子さんと楽しんで使うことができる商品だと思います。

監修者の写真 スキンケア大学編集部ママさん 2歳7ヶ月の娘

アトピタ|保湿全身ミルキィローション(丹平製薬)

 アトピタ 保湿全身ミルキィローション 丹平製薬

販売価格(編集部調べ):702円(税込)
内容量:120ml

詳しくはこちら

アトピタは、ママのお腹の中で赤ちゃんを守る「胎脂」に着目。肌あれ・乾燥を繰り返しやすい赤ちゃんの肌を守るケアシリーズです。

使ってみた感想
アトピタのミルクタイプのローション。少し粘度があるので、手に出してもスルスルと手からこぼれ落ちることもないので、子どもをつかまえてパパパッと狙ったところにしっかり塗れる。肌なじみもよくかなり伸びるので、少量でも大丈夫です。特に肌のトラブルもなく、肌のカサカサ対策におすすめです!

監修者の写真 スキンケア大学編集部ママさん 2歳7ヶ月の娘

ジョンソン®|ベビーローション 無香料(ジョンソン・エンド・ジョンソン)

 ジョンソン® ベビーローション 無香料 ジョンソン・エンド・ジョンソン

販売価格(編集部調べ):465円(税込)
内容量:300ml

詳しくはこちら

ベビーパウダーやベビーローションの定番であり代名詞ともいえる世界ブランド。世界中のママと赤ちゃんのケアに使われています。

使ってみた感想
個人的にベビーローションといえば、まっさきに浮かぶのがコレ!みなさんもおなじみだと思います。トロッとした質感のベビーローションで伸びはよく、すっと肌に広がってくれる。肌にすっと水分が補給された感じがする。仕上がりはしっとりさらさら。特に香りもないですね。大容量ながら価格は控えめなので、コスパはいいです。

監修者の写真 スキンケア大学編集部ママさん 2歳7ヶ月の娘

NOV|ベビー ミルキィローション(常盤薬品工業)

 NOV ベビー ミルキィローション 常盤薬品工業

販売価格(編集部調べ):1,296円(税込)
内容量:120ml

詳しくはこちら

敏感肌スキンケアブランドの定番ともいる「NOV(ノブ)」。赤ちゃん用のスキンケアシリーズも期待できそうです。

使ってみた感想
標準的なテクスチャで、ぬるつきやベタつきは少ないです。さらっとしているのに保湿力は、かなりある方だと思います。テクスチャとボトルのかたさがマッチしていて、わりと調節しやすく中身のキレもイイ感じです。乾燥が深刻な赤ちゃんにはぜひ使ってみてほしい。

監修者の写真 スキンケア大学編集部ママさん 2ヶ月の娘

アロベビー|ミルクローション(N&O Life)

 アロベビー ミルクローション N&O Life

販売価格(編集部調べ):2,484円(税込)
内容量:150ml

詳しくはこちら

赤ちゃんとママのための国産オーガニックにこだわるスキンケアブランド。オシャレなデザインもママの間で人気です。

使ってみた感想
フローラルの香りがする乳液タイプのベビーローションです。伸びがとてもよく、お肌にしっかりとうるおいを与えてくれます。塗ってからちょっと時間がたったあとの肌を触っても、まだしっとりモチモチしていたので保湿力は抜群だと思います。

監修者の写真 スキンケア大学編集部ママさん 2歳7ヶ月の娘

ママ&キッズ|ベビーミルキーローション(ナチュラルサイエンス)

 ママ&キッズ ベビーミルキーローション ナチュラルサイエンス

販売価格(編集部調べ):1,944円(税込)
内容量:150ml

詳しくはこちら

育児雑誌でおなじみ!20年のロングヒットを続ける「ママ&キッズ」は「生まれてすぐから使える」をコンセプトに皮膚科医協力開発&各種アレルギーテスト済の低刺激スキンケア。

使ってみた感想
みずみずしい質感でスルルルッと伸びて肌なじみがいいですね。塗ったあとの肌はベタつかずに、しっとりみずみずしい感じになるので、お風呂上りもとりあえずコレ塗っておけばOK!という感じですね。ボトル内には真空のパックが入っているので、詰替えできるタイプではないけど、衛生面や品質面での安心は◎です。

監修者の写真 スキンケア大学編集部ママさん 2歳7ヶ月の娘

アラウ.ベビー|モイストローション(サラヤ)

 アラウ.ベビー モイストローション サラヤ

販売価格(編集部調べ):972円(税込)
内容量:120ml

詳しくはこちら

毎日使うものだからこそ、安心できるものを追求する「アラウ.」シリーズ。アレルギーのリスクをなるべく排除したこだわりの洗剤&コスメのベビーラインです。

使ってみた感想
さらさらとした質感のベビーローション。特にクセがあるわけでもなく、手にとって塗ればスーッと伸びてくれます。やや化粧水に近いテクスチャかな?適度に肌にうるおいを与えてくれます。また、ラベンダーの香りがリラックスさせてくれます。

監修者の写真 スキンケア大学編集部ママさん 2歳7ヶ月の娘

BABY BORN|No.1 Face & Body Milk(Mother)

 BABY BORN No.1 Face & Body Milk Mother

販売価格(編集部調べ):4,104円(税込)
内容量:300ml

詳しくはこちら

人気タレントの東原亜希さん、エステティシャンの高橋ミカさんが、子育てをするママの観点から共同で作ったベビー用コスメブランド。見た目もオシャレ!

使ってみた感想
ラベンダーの香りが印象的で、さらっとした乳液タイプのベビーローションです。すっと伸び、しっとりと肌になじんでくれるので普段使いに申し分ないです。大容量のボトルに描かれたゆるキャラを見て、娘が「牛さん?」と言っていました。大切なお子さんとの楽しいスキンシップを演出してくれるこういったエッセンスも製品選びのポイントですね!

監修者の写真 スキンケア大学編集部ママさん 2歳7ヶ月の娘

ヴェレダ|マイルド ベビーミルクローション(ヴェレダ・ジャパン)

 ヴェレダ マイルド ベビーミルクローション ヴェレダ・ジャパン

販売価格(編集部調べ):3,132円(税込)
内容量:200ml

詳しくはこちら

創業1921年。自然科学や環境に着目し、7つの基本原則をもとに作り出すオーガニック系コスメブランド。

使ってみた感想
クリームのような質感のベビーローションです。無香料タイプですが、ふんわりとやさしいミルクのような香りがただよいます。伸びはよく、肌にしっとり感を与えてくれますね。

監修者の写真 スキンケア大学編集部ママさん 2歳7ヶ月の娘

メディスキンベビー|ナチュラルベビーローション(メディスキン)

 メディスキンベビー ナチュラルベビーローション メディスキン

販売価格(編集部調べ):2,592円(税込)
内容量:190ml

詳しくはこちら

皮膚科医として多くのメディアで活躍する友利新(ともりあらた)さんがプロデュースするベビー用スキンケアブランド。自身の出産と子育てを経て、考えられたのは「赤ちゃんの予防スキンケア」でした。

使ってみた感想
色は乳白色でサラサラしてますが、化粧水タイプのベビーローション。さっと伸び、あっさりしっとりな仕上がりになります。やさしいラベンダーの香りがよくて、リラックスできそうです。仕上がりがあっさりしているので、特に乾燥気味ではないお肌のお子さんにはちょうどいい具合に保湿できると思います。乾燥が気になる方は、クリーム等も併用するとより肌のしっとり感を保てます。

監修者の写真 スキンケア大学編集部ママさん 2歳7ヶ月の娘

赤ちゃん用はオーガニックにこだわるべき?

赤ちゃん用のスキンケア用品の中には、オーガニックを標榜しているものも見受けられます。オーガニックと言うと肌にやさしい印象がありますが、実際にはそうとは限りません。

オーガニックのスキンケアを含む化粧品には、日本国外ではいくつかの認証機関があり、それぞれの認証基準にのっとって化粧品の審査を行っています。しかし、日本国内には現状このような認証機関やオーガニック化粧品の基準がなく、各メーカーの独自判断のもと「オーガニック」を標榜しています。

また、オーガニック化粧品は「農薬などの化学合成成分を使用せずに栽培された有機原料」を使用して作られた化粧品という印象がありますが、自然由来の原料を使用していても体質によってはアレルギーを起こす可能性は考えられます。

そのため、赤ちゃんにオーガニックの保湿ローションなどを使用する場合は十分に注意し、使用したときに赤ちゃんの肌に赤みやかゆみなどの変化が現れないか確認するようにしたほうがよいでしょう。

まとめ

赤ちゃん用のローションには、ミルクタイプのものや化粧水のようなタイプのものがあります。赤ちゃんの肌に合うものを選ぶため、以下のようなポイントをチェックしてみましょう。

  • よりさっぱりと使用したい場合は化粧水タイプ
  • 保湿にもこだわりたい場合はミルクタイプ
  • 香料・着色料・防腐剤ができるだけ入っていないもの
  • アレルギーなどのテスト済みのもの

赤ちゃんの肌の状態や季節、赤ちゃんの周辺環境によって赤ちゃんに適した保湿剤は異なります。その保湿剤を使用した後の赤ちゃんの肌も観察して、赤ちゃんに合う保湿剤を使うようにしましょう。

カテゴリー