スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

敏感肌・乾燥肌の方限定!保湿クリームの選び方とおすすめ4選

更新日:2018/10/11 公開日:2018/10/11

敏感肌の方の化粧品選びは大変ですよね。肌に合わない成分が配合されていることに気づかずに買ってしまうと、そのクリームを活用できずに捨てなければいけないときもあります。また、成分に気をつけることからクリーム選び自体が大変になることもあります。

悩み多き敏感肌の方の保湿クリームは、実は乾燥肌の方と同じ選び方で選ぶことができます。敏感肌と乾燥肌には、共通点があるのです。

あなたはどっち?肌が敏感になっている原因

化粧品を使うと肌にピリピリと刺激を感じたり、すぐに肌トラブルが起こったりすると「肌が敏感になっている」と思ってしまうものです。肌が敏感になる原因は、実にさまざまなことが原因として考えられますが、大きく2つに分けることができます。

肌のバリア機能が低下している

肌のコンディションが低下している場合、普段なら反応しない刺激にも反応しやすくなります。特に肌には十分な水分を保つことで働く「バリア機能」が備わっていますが、肌の水分が低下して乾燥すると肌のバリア機能も低下します。

たとえば、普段使っている化粧品でピリピリとした刺激を感じる場合は、肌バリアが低下したことにより、化粧品成分によって刺激を感じていることが考えられます。つまり、単純に肌が乾燥していたり、いわゆる乾燥肌タイプの人は、同時に肌が敏感になっている状態であるともいえます。また、バリア機能の低下は乾燥だけが引き起こすわけではありません。たとえば、肌をこするような行為や間違ったスキンケアによっても起こります。

  • 肌をこするクレンジングや洗顔
  • 洗浄力の高いクレンジング剤や洗顔料の使用
  • 不十分な保湿ケア

対策としては、まず普段のスキンケアを見直して、乾燥しないようにしっかりと保湿ケアを行なうことがポイントになります。それ以外にも、生活習慣の乱れやストレスによっても肌のコンディションは低下するので、トータル的な観点からも見直し、改善するようにしましょう。

化粧品成分によるアレルギー反応

簡単に言うと食物アレルギーがあるように、化粧品に含まれる何らかの成分と皮膚の相性が悪く、アレルギー反応が出てしまうことです。この場合は、アレルギー成分を避けることが一番の対策となります。また、どの成分がアレルギー反応を起こすのかを見極めるために、まずは配合成分が少ない化粧品から、新しい化粧品を試す場合にどの成分が加わっているのか、反応がでるのかを観察して成分を特定していきます。また、皮膚科に相談をしたり、パッチテストで反応しやすい成分や傾向を調べることもできます。

敏感肌の人に、クリーム化粧品は必要?

敏感肌の対策として、保湿クリームをとり入れることが必要であるかは原因によって変わるため、すべての人に必要であるとはいえません。まず、化粧品成分によるアレルギーによって肌が敏感になっている場合は、化粧品を加えるよりも、原因となる成分を避けることが重要になるので、今やっているスキンケアで使用する化粧品をプラスすることは、かえってアレルギー反応を起こすリスクを高めます。

クリームは不足している油分を補うことが目的

保湿クリームをはじめ化粧品を追加するということは、肌に良いというわけではありません。自分の肌に足りているもの、足りていないものを見極めて過不足ないようにコントロールすることが重要。クリーム化粧品や乳液は、化粧水と違って油分をベースにした化粧品です。そのため、皮脂が十分に出ているという人がクリームを使うと油分過多になりがちです。これでは、かえって肌トラブルを招きやすい肌環境になってしまいます。

保湿クリームをとり入れるべき人は、皮脂の量が少ない人です。足りない分の油分を肌に補ってあげることで、肌の乾燥を防ぎます。たとえば、化粧水や美容液だけで肌が乾燥しない人は、皮脂によるカバーができているので、無理に化粧品で油分を加える必要はないのです。

すでにクリームを使っている人で、肌が乾燥するという人は、使い方を見直してみること。それでも足りない場合は、化粧水やクリームの保湿成分に注目して化粧品を変えてみましょう。クリームを使っていない人は、油分不足による乾燥が考えられるので、クリームや乳液をとり入れてみましょう。

ここからは、敏感肌の方だけでなく、乾燥肌であると感じている人もしっかりチェックしてみてくださいね。

敏感肌・乾燥肌におすすめの保湿クリームの選び方

敏感肌や乾燥肌の方に大切なのは、肌に刺激を与えないようにしながら、保湿ケアで水分を維持することです。肌の油分が不足して乾燥を招いている場合は、保湿クリームを効果的にとり入れましょう。ここでは、保湿クリームをとり入れるポイントについて詳しく見ていくので、参考にしてみてください。

シンプルで低刺激な処方

敏感肌の方や、肌が乾燥して外部の刺激に弱くなっている状態のときは、できるだけシンプルな処方のクリームを選ぶのがおすすめです。配合されている成分が多いと、それだけ肌の刺激になる成分が配合されている可能性が出てきます。そのため、配合されている成分の傾向をチェックすることが大切です。

保湿成分をたっぷり配合

クリームは、セラミドやコラーゲンといった保湿成分をしっかり配合しているものを選ぶことが大切です。

保湿成分とは、肌のうるおいをサポートする成分のこと。有名な保湿成分としては、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸、グリセリンなどがあげられます。これらは水分を取りこみ、角層で水分を保つサポートをしてくれる成分です。

一方、ワセリンやスクワランなどは、肌の表面に油膜をつくり、肌の水分を逃がさないようにする成分です。肌の乾燥が気になる場合は、両方の成分をクリームで肌に与えたいところです。クリームは基礎化粧品の中でも油分が多いため、セラミドやコラーゲンなどの保湿成分をしっかり配合しているクリームを選びましょう。

植物由来成分はやや注意する

植物由来の成分は、肌にアレルギー反応を起こす可能性があります。ただし、普段使っていて問題ない場合や敏感な状態でも刺激にならない場合は問題ありません。購入前や使用前にパッチテストができる場合は、積極的に行いましょう。アレルギーのリスクをなるべく回避する場合は、植物成分を極力少なくするのもポイント。

エタノールは避ける

化粧品によく配合されるエタノールは、主に肌につけたときの清涼感を出す目的で使われます。敏感な肌には刺激が強く、揮発性の高さにより水分も奪われるので避けるようにしましょう。成分表示に書かれている成分の先頭の方に記載されている場合は注意。成分表示にお尻の方に書かれている場合や似た名称の場合は、品質を安定させるために使われているので問題ありません。

パラベンフリーはあまり気にしない

パラベンは化粧品に使用される特定の防腐剤を指します。このパラベンを使用しない製品をパラベンフリーと呼び、メーカー側で強く推している場合もよく見かけます。パラベンという成分だけを見れば、たしかにアレルギー反応を起こす可能性を持った成分ではあるのですが、実際にはアレルギー反応を起こすほどの量を配合できないように国で決められているため、基本的には肌のリスクと考えるレベルではありません。むしろ化粧品の品質を守るために必要な成分です。

パラベンを使っていない製品は、それに代わる防腐成分を使っています。その場合、パラベンよりも多い量で使われているため、かえって肌トラブルにな可能性があります。どうしても防腐剤を避けたい人は、防腐成分を使用していない短く使用期限を設けた化粧品を選びましょう。

美白ケアは少しお休み

上記の低刺激のクリームを選ぶということに通じますが、美白ケアは肌が敏感なときはお休みしたほうがよいかもしれません。特に、バリア機能の低下によって肌が敏感になっている場合、美白成分が肌に刺激となってしまう可能性があります。また、美白成分の中には肌に刺激を与えやすい成分もあります。

肌のコンディションが戻るまでは美白ケアを控え、保湿に専念することをおすすめします。

おすすめ保湿クリーム4選

エリクシール シュペリエル|リフトナイトクリーム W(資生堂)

 エリクシール シュペリエル リフトナイトクリーム W 資生堂

販売価格(編集部調べ):5,400円(税込)
内容量:40g

詳しくはこちら

おすすめの理由
エイジングケアブランドとして人気の高いエリクシール。「つや玉肌」を目指し、ハリを追求して辿り着いたナイトクリームは、寝ている間のうっかり乾燥からうるおいバリアでお肌を守ってくれるので、翌朝のベースメイクがスムーズになりますよ。

監修者の写真 Face conductor(フェイスコンダクター) 上野リサ

使ってみた感想
普段から乾燥が気になっている方はもちろん、いつも保湿系の化粧品を選んでいるのに、日中の乾燥がなかなかケアされない方には、夜の肌に着目しているナイトクリームがおすすめです。寝ている間に、みずみずしいうるおいを感じるハリ肌を目指せます。

アヤナス|クリーム コンセントレート(DECENCIA)

 アヤナス クリーム コンセントレート DECENCIA

販売価格(編集部調べ):5,940円(税込)
内容量:30g

詳しくはこちら

おすすめの理由
肌が本来もつ外的刺激から守ったり、内側のうるおいを逃さないようにする働きを高めながら、うるおいを与える濃密クリーム。4種のオイルを特殊設計することで、つけ心地は滑らかだけど、しっかりうるおいたいというわがままも叶えてくれます。

監修者の写真 Face conductor(フェイスコンダクター) 上野リサ

使ってみた感想
バリア機能を活性化しながら、健やかな皮膚を育んでくれる、デリケートスキンを知り尽くしたディセンシアならではの配合成分。季節の変わり目でもストレスに負けず、ゆらがず、ハリを感じていたい方のお守りクリームになれること間違いなし!

ドレスリフト ナイトクリーム(アテニア)

 アテニア ドレスリフト ナイトクリーム アテニア

販売価格(編集部調べ):4,320円(税込)
内容量:35g

詳しくはこちら

おすすめの理由
乾燥や表情による小ジワや、弾力の低下によるたるみ肌に必要なうるおいと栄養をチャージしてくれるナイトクリーム。寝る前にベストな肌環境を整えて、修復・再生をサポートしてくれます。やわらかなハリ肌は、ずっとさわっていたくなるような喜びがあります。

監修者の写真 Face conductor(フェイスコンダクター) 上野リサ

使ってみた感想
甘く穏やかな香りのダマスクローズと快眠に導くレッドシダー樹液をブレンド。「毎日使うものだから香りも妥協できない」という方にも満足できる仕上がりに。スキンケアが夜のリラックスタイムになり、お肌も心もうるおいます。

NOV|L&W エンリッチクリーム(常盤薬品工業)

 NOV L&W エンリッチクリーム 常盤薬品工業

販売価格(編集部調べ):5,616円(税込)
内容量:48g
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
敏感なお肌のために必要な高い保湿力に加えて、うるおい不足によるハリ・弾力と美白も兼ね備えている贅沢なクリーム。ゆらぎやすい肌の声をキャッチして、なめらかにうるおし、外的刺激や乾燥による肌の乱れを沈め、肌ストレスに負けないお肌に導きます。

監修者の写真 Face conductor(フェイスコンダクター) 上野リサ

使ってみた感想
肌表面の水分量の不足によってくすみがちな肌や日焼けの戻りにくい敏感肌でも、美白有効成分がメラニン生成を抑えて透明感のあるお肌に導きます。うるおい感も高くコクのあるリッチな感触でありながら、仕上がりは上質なシルキースキンのようです。

保湿クリームの正しい使い方

保湿クリームは、使用する順番やつけ方を意識すると、より効果を引き出せます。

基礎化粧品は、油分の少ないものからつけ始めるのが大切です。油分の多いクリームや乳液を先につけてしまうと、水分である化粧水がはじかれてしまい、浸透しません。そのため、化粧水で肌に水分を与えてやわらかくしたうえで、必要に応じて美容液などを使用し、最後にクリームで油分を与えるようにしましょう。

クリームをつけるときは、1回につける量も大切です。敏感肌の方や肌の乾燥が気になる方でも、クリームを多くつければ肌の状態がよくなるというものではありません。まずはメーカーが指示している1回の使用量を守り、肌の様子を見ましょう。

また、クリームに限らずスキンケアをするときは、肌をできるだけこすらないことも意識してください。クリームをベッタリとつけてマッサージするという方もいるかもしれませんが、油分が多くなりすぎるうえに肌をこすってダメージを与えてしまう可能性もあるためおすすめできません。

クリームをぬり広げるときは、手のひらにとって軽くあたため、顔の内側から外側に向かって少しずつハンドプレスするように手をずらしてなじませましょう。

まとめ

肌の乾燥が気になる場合や、季節によって肌が敏感になることがあるゆらぎ肌の場合、特定の成分を避け続ける必要はありません。しかし、肌が乾燥していることが多いため、しっかり保湿ケアを行うことが大切です。

クリームを選ぶ場合は、配合されている保湿成分はもちろん、できるだけシンプルな処方であること、美白成分などの刺激になる可能性が考えられる成分を配合していないこともチェックしましょう。

肌バリアは、肌の乾燥やホルモンバランス、間違った洗顔方法、ストレスなどさまざまな要因で簡単に崩れます。自分に合ったクリームなどの保湿化粧品をそろえて、肌のコンディションの安定した肌を目指しましょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー