スキンケア大学 メンズスキンケア大学

スキンケア大学タイアップ企画 [PR] 提供:株式会社ウェーブコーポレーション

美肌の定番ビタミンC*!透明感**もキメもエイジングサインもまるごとケア

更新日:2019/09/26

25歳をすぎたら小さな肌変化を見逃さないで!

2まだ悩みのないすこやかな肌の女性

目立つようなシミやシワがなく、これといった悩みはないすこやかな肌。日々のスキンケアのたまものですよね。でも以前に比べて

  • 日焼けしていないのに、くすんでいる気がする
  • ファンデーションのノリ・モチがよくない
  • 鼻よりも頬の毛穴が目立ち始めた

なんてことはありませんか?

これらはキメの乱れやハリの低下などからくる、初期のエイジングサインかも。「エイジングケア*1を始めるにはまだ早いのでは?」と思う人には、ビタミンC*美容液での対策がおすすめです。

定番はやっぱりスゴイ!ビタミンC*の美肌力

ビタミンCの美肌力

さまざまな種類がある美容成分の中でも、ビタミンC*は長年にわたり支持され続ける成分。明るさ**、ハリ、キメ、ひきしめ、皮脂ケアなどマルチな働きが特長です。

継続して使っていくうちに、肌のベースを整えてすこやかさをキープ。今現在の美しさに磨きをかけながら、年齢とともに深くなる乾燥やゆるみを未然にケアします。

ただし肌に塗るビタミンC*は、どれも同じではありません。種類と特徴を押さえておきましょう。

ビタミンC*は安定性を保ってこそ力を発揮

ビタミンCの安定性に喜ぶ女性

スキンケア化粧品に使用されるビタミンC*には「ピュアビタミンC*」と「ビタミンC誘導体」があります。

ピュアビタミンC(アスコルビン酸:整肌成分)

何も加えていないそのままのビタミンC*のこと。肌に浸透するとすばやく働いて、美肌効果を発揮します。一方で、紫外線に触れると酸化しやすいデリケートな性質も。高度な技術がないと、高濃度配合が難しいビタミンC*です。

ビタミンC誘導体

ピュアビタミンC*に化合物を加えて、安定性や肌への浸透性を高めたもの。肌に浸透した後は、化合物が分解してから働き始めます。一般的な化粧品にはこちらが多く使われています。

そのままのピュアビタミンC*を使ってみたいけど「酸化していたら肌への影響は…?」という人もいますよね。そんな不安を払拭するのが、先進の浸透技術「D.P.Dカプセル」です。

ピュアビタミンC*が酸化せずに高浸透*2する美容液

スパトリートメントeX リアルC-セーラム

スパトリートメントeX リアルC-セーラム
18mL/8,000円(税抜)

「D.P.Dカプセル」とは、タマネギのような多重層のカプセル。肌になじみやすいリン脂質に、ピュアビタミンC*を包み込んでいます。

このD.P.Dカプセルを採用したピュアビタミンC*美容液が「スパトリートメントeX リアルC-セーラム」。安定性・高浸透*2・持続性を実現し、ピュアビタミンC*を壊さずしっかり肌の奥*2へ届けます。

D.P.Dカプセル

安定性

水溶性のピュアビタミンC*を油溶性の層(リン脂質)で包み込むことにより、酸化を防ぎます。

高浸透

肌組織となじみやすいリン脂質のナノカプセルが、角層の奥*2すみずみまですばやく浸透*2します。

持続性

タマネギのような多重構造のカプセルが、徐々にピュアビタミンC*を放出するため、効果が長時間持続します。

ピュアビタミンC*を7.5%濃度で配合できるのは、D.P.Dカプセル技術のたまもの。効果と品質はもちろん、毎日使いたくなる使用感にもこだわっています。

編集部が使ってみました!
ビタミンC*というと「キシキシする」イメージでしたが、覆されました!なめらかで肌あたりがよく、心地よくなじんでいきます。浸透した後のペタペタ感もなく、使いやすいですね。毛穴が気になる頬のあたりは重ねづけしました。そのせいか、午後になってもファンデが崩れにくくなった気がします!

スキンケア大学編集部 K恵(33歳)

今はピンとこないかもしれないけれど、年齢は誰もが平等に重ねていくもの。でも肌年齢は、日ごろのスキンケアでゆるやかにできますよ。「スパトリートメントeXリアルC-セーラム」で、今も未来も肌が喜ぶスキンケアを始めませんか?

*アスコルビン酸(整肌成分)
**うるおいによる
*1 年齢に合わせたお手入れのこと
*2 角層まで

詳しくはこちら

ピュアビタミンC*の働きをもっと詳しく!

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー