スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

スキンケア大学タイアップ企画 [PR] 提供:株式会社メリックス

汗ばむ夏の妊娠期も心地よくボディケア!ベタつかない保湿クリームの選び方

更新日:2019/05/29

ベタつく夏はおなかの皮ふの凸凹ができやすい!?

夏の妊婦さん

年々暑さが増していくように感じる日本の夏。大きなおなかを抱える妊婦さんにとっても、汗をかきやすく過ごしにくい季節ですよね。

夏はとくにお風呂上がりはなかなか汗がひかず、肌がうるおっているかのような錯覚を起こしがち。ボディケアをつい忘れてしまう妊婦さんは多いのではないでしょうか。また、ベタつく使用感のボディケアは重く感じられて、「さっぱりタイプの保湿剤ばかり選んでしまう」ということもあるはず。

妊婦さんのおなかをツルツル・スベスベに保つには、肌の保湿が欠かせません。水性の保湿成分だけでなく、油分もバランスよく配合されているクリームでケアしましょう。

とはいっても「夏に油分はベタつきそうだから避けたい…」という人もいますよね。まずは、妊婦さんのボディケアに油分が必要な理由から紹介します。

油分がおなかの皮ふを柔らかく・しなやかに

すーっとなじむ保湿クリーム

スキンケア化粧品に配合される油分には、肌を柔軟にする働きと、肌表面を保護してうるおいを保つ働きがあります。

乾燥してゴワゴワになった、革のブーツやバッグをイメージしてみてください。今にもヒビが入りそうな状態でも、オイルを塗ると柔らかくしなやかになりますよね。

動物の革もヒトの肌も同じタンパク質。油分を与えて柔らかく保っておくと、おなかが大きくなるときの急激な伸びに耐えることができます。

ただし油分が多すぎるとベタつきが気になるもの。保湿ケアを毎日欠かさず行うには、心地いい使用感のアイテム選びも重要です。そこで注目したいのが、油分量が多くてもさっぱりと仕上がる保湿クリーム。

矛盾があるようでいて理想的な保湿クリームは「三相乳化」という新しいテクノロジーによって生み出されます。

肌にスーッとなじむ心地よさを実現する新しい技術「三相乳化」とは

三相乳化図解

一般的な保湿クリームには「界面活性剤」が使用されています。水と油をまぜる(乳化する)ため欠かせないものの、人によっては肌に刺激を感じることがあります。

神奈川大学の研究によって開発された「三相乳化*」は、界面活性剤を使わない新しい乳化技術。油分の粒を親水性のナノ粒子が包み込むことで乳化しています。

肌に触れた瞬間に水分と油分が分かれ、すーっと伸びるのが特徴。水分と保湿成分、そして油分を絶妙なバランスで配合し、ベタつきのなさ・伸びのよさ・保湿力を実現しています。

*神奈川大学 特許第3855203号「乳化分散剤及びこれを用いた乳化分散方法並びに乳化物」

うるおいとサラサラを叶えるクリームで夏の保湿ケアを快適に

ミルポッシェオーガニクス

『ミルポッシェオーガニクス ボディケアクリーム』は、三相乳化技術を採用した全身用保湿クリーム。しっかり油分を含むのにサラッとした使用感で、保湿ケアの後もすぐに服を着ることができます。

5万人のママの声をもとに開発しているから、やさしさや使い勝手へのこだわりが詰め込まれているのもうれしいですね。

ママと赤ちゃんの肌を考えた8つのフリー

界面活性剤、合成着色料、合成香料、防腐剤**、鉱物油、エタノール、シリコン、合成ポリマー不使用の低刺激設計。気になるおなかや太もも、ヒップ、バストなどのボディだけでなく、顔にも使用できます。出産後は赤ちゃんと一緒に使うのもおすすめ。

99%以上が天然由来成分

宮古島で有機栽培された亜熱帯植物「月桃」から抽出したゲットウ葉水*がベース。肌になじみやすくベタつきにくい、シアバター・オリーブオイル・ホホバオイル*の植物油脂をバランスよく配合しています。おなかの皮ふを柔らかくしなやかに保ち、凸凹のできにくい肌に。

ツルツル・スベスベのおなかを保つには、毎日コツコツ保湿ケアを継続することが大事。暑い夏を『ミルポッシェオーガニクス ボディケアクリーム』で心地よく乗りきりませんか?

ミルポッシェオーガニクス ボディケアクリーム
160mL/2,700円(税別) 400mL/5,800円(税別)

詳しくはこちら

**薬機法の化粧品基準に定められた防腐剤を使用しておりません
**保湿成分

三相乳化でサラサラしっとり。ミルポッシェオーガニクス ボディケアクリーム

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー