スキンケア大学 メンズスキンケア大学

スキンケア大学タイアップ企画 [PR] 提供:株式会社粘土サイエンス

知られざる美容パワーを秘めた「クレイ(粘土)」の魅力

更新日:2019/03/28

クレイパックする女性

「クレイって汚れをごっそり落とすんだよね」というイメージを持っているとしたら大間違い!クレイが持つ本当の美容パワーを知らない皆さんに、クレイとは何なのか?期待される美容効果やクレイに関するよくある誤解、化粧品を選ぶポイントを解説します。

化粧品に使われるクレイ(粘土)とは?

粘土イメージ

クレイ(粘土)とは、水分を含んだ粘りを持つ土(鉱物)のことで、砂と比較すると非常に細かい粒子の構造を持った物質。古くから陶器などの焼き物にも使われるなど、私たちの暮らしのさまざまな物に活用されています。

スキンケア化粧品としては、主に洗顔料やクレンジング、パックなどの基礎化粧品。その他にもファンデーションなどメーキャップ化粧品に使われます。しかし、クレイといってもたくさんの種類があり、それぞれ性質は異なります。

クレイが発揮する主な美容効果

様々なクレイイメージ

化粧品に使われる代表的なクレイには、カオリン、ホワイトクレイ、ガスール、モンモリロナイト、マリンシルトなどがあります。クレイを化粧品として活用する際、主にどのような効果が期待できるのかを見ていきましょう。

高い吸着性による汚れや皮脂、雑菌等の洗浄作用

細かい粒子構造を持つクレイは、高い吸着性を発揮します。皮膚の角質汚れや皮脂はもちろん、雑菌なども吸着する働きがあるため、優れた洗浄作用を持っています。

たっぷりの水分を含み、肌にうるおいを与える

クレイは自らの体積以上の水を抱えられる性質があり、たっぷりの水分を肌に届ける保湿の役割を果たします。また、基礎化粧品ではクレイに美容成分を抱えこませて肌に届ける、ということもクレイならではの働き。

汚れをとりながら、美容成分を届ける「イオン交換」

主に、スメクタイトやサポナイトなど、モンモリロナイトに属するクレイが持つ性質として注目されているのが「イオン交換」。

簡単に言うと、クレイが汚れを吸着するのと同時に、自らが持っている成分を手離して肌に残していく作用のこと。もう少し詳しく説明すると、マイナスの電子を帯びたクレイの粒子とプラスの電子を帯びた不要な角質や皮脂が接触すると、クレイが汚れを吸着しながら自らが持っている成分を瞬時に手放して交換するという反応です。

肌をヴェールで包んで守る「皮膜作用」

こちらもモンモリロナイトに属するクレイが持つ作用。水分を含んだクレイは、肌の表面を薄い皮膜でカバーします。この皮膜がバリア機能として働き、肌の水分を維持しながら、外部の刺激から守ります。

クレイ化粧品は洗い過ぎて肌に負担?というイメージ

クレイパック

化粧品で使われるクレイは、汚れの吸着作用にフォーカスした洗顔料やクレンジングなどの製品が多く販売されています。一方で「使うと肌がつっぱる」「クレイは洗浄力が高すぎて肌に負担を与える」といったイメージを持たれることも。

汚れを吸着して落とすのはクレイが得意とするひとつのポイントです。しかし、汚れを落としながらうるおいを届けたり、肌をカバーしてくれるクレイ本来の機能を考えると、別の理由が考えられます。

界面活性剤(洗浄成分)による影響

界面活性剤とは、洗顔料など汚れを落とす化粧品の洗浄や泡立ちを引き出すために使われる成分の総称。基本的に洗顔料が持つ洗浄力は、界面活性剤の種類や使う量によって変わります。

洗顔後に肌のつっぱりを感じるのは、肌に必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥を招いているため。製品によりますが、少量のクレイしか使われていない洗顔料では、界面活性剤による高い洗浄力によって、皮脂を落とし過ぎてしまうことが考えられます。

間違った洗顔方法による影響

洗顔の目的は汚れを落とすことですが、洗い方によっても落とし過ぎにつながります。たとえば、以下のような方法があげられます。

  • 時間をかけて洗顔をする
  • 手や指で肌をゴシゴシこする

正しい洗顔方法ができていないと、洗顔料にかかわらず肌に必要な成分まで落とし過ぎてしまいます。汚れを落とす方に意識を向けるより、皮脂を残してあげるイメージで洗うのがコツ。洗顔後に肌がつっぱる場合は、洗う時間を短くするように調整しましょう。

スキンケアで効果的にクレイをとり入れるポイント

エステでクレイパックする女性

クレイの魅力は肌を清潔に保ち、うるおいや美容成分を届け、守る機能を備えていることです。クレイを使った化粧品は、たくさん販売されているので、どれを使ってみようか迷ってしまうところ。しかし、クレイを使った化粧品なら何でも良いというわけではありません。

使われているクレイの種類によっても性質が変わるので、化粧品を選ぶ際はどのようなクレイを使っているのか、メーカーのこだわりも十分にチェックすることが重要です。

クレイの魅力をとことん堪能できる!編集部おすすめクレイ化粧品

YSD+(ワイエスディープラス)スキンケアウォッシュ

数あるクレイ化粧品の中でも、スキンケア大学編集部がおすすめするのは、クレイ化粧品ブランド「YSD+(ワイエスディープラス)」の洗顔料!

まず、なんと言っても「落とす・与える・守る」の機能をすべて備えた「モンモリロナイト」という天然クレイを使用しているところ。さらに、配合量が多い順で記載されている成分表示を見ると「水」の次に「モンモリロナイト」が並んでいることから、クレイの配合量が多いのがわかります。

クレイの良さを最大限に引き出した、これぞクレイ化粧品!が実感できる洗顔料ですよ。

詳しくはこちら

泡立て不要!天然のモンモリロナイト洗顔料「クレイフェイシャルウォッシュ」

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー