スキンケア大学 メンズスキンケア大学

スキンケア大学タイアップ企画 [PR] 提供:株式会社ニッピコラーゲン化粧品

低刺激なケアで肌を守ろう!シンプル処方の化粧品を見分けるポイント

更新日:2019/04/22

低刺激やシンプル処方の化粧品とは

季節や体調などによって、肌の状態は変わってきます。特に、敏感になっているときは、いつも使っている化粧品でもピリピリと刺激を感じる場合があるので、低刺激な化粧品に切り替えたケアが必要。しかし、低刺激な化粧品といっても種類が多く、どれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。化粧品選びに慎重になっている方のために、低刺激でシンプル処方の化粧品成分を見分けるポイントについてお伝えします。

敏感肌の人が化粧品を選ぶうえで必要なこと

敏感肌の人が化粧品を選ぶポイント

肌が敏感になっているときは、いつもの化粧品を使ってケアしているのに、ムズムズしたり、ピリピリと刺激を感じることがあります。デリケートな肌を守るには、どのような点に気をつけて化粧品を選んだらいいのでしょうか?

配合成分が多いほど肌への刺激リスクは上がる

いつもの化粧品を使って、ムズムズやピリピリとした刺激を感じる場合は、何らかの化粧品成分が肌への刺激になっている可能性も。

化粧品は製品によりますが、数十種類の成分が配合されています。配合される成分は、肌にうるおいを与えたり、整える成分だけでなく、使いやすさを向上するため、見た目の色、香り、長く使用するための品質保持などさまざまです。

また、人によってどの成分が刺激になるかは変わってくるため、どの成分が肌トラブルの原因とは一概にいえません。そのため、配合されている成分が多い化粧品は、それだけ肌へのリスクになる可能性も大きいと言うことができます。

植物成分や美容成分も油断できない!?

肌に負担を与える成分として、香料や界面活性剤、防腐剤などの添加成分が注目されますが、肌にとって良い効果が期待できる植物由来の成分や美容成分も例外ではありません。また、化学的に作られる合成成分よりも、植物由来や天然由来などの成分のほうが低刺激であるとは限りません。

配合成分を調べるなら「成分表示」をチェック

配合成分は成分表示に書いてある

化粧品にどんな成分がどれくらいの種類使われているかを調べるなら、化粧品の容器やパッケージの裏にある「成分表示」を確認してみてください。ここには化粧品に配合されている全成分が記載され、基本的に配合量の多い順に並んでいます。

配合成分が少ない化粧品を探す

シンプル処方の化粧品の特徴

化粧品を使って刺激を感じたとき、成分表示に記載されているどの成分が原因となっているかを見極めるのは難しいこと。そんなときは、配合成分の「数」をひとつの指標にしてみましょう。たとえば、成分の数が10種類前後であれば、配合成分はかなり少ない方です。40種類などたくさん配合する化粧品よりも、肌刺激のリスクが低くなると言えるでしょう。

肌が敏感なときは保湿だけに留める

敏感になっている肌は、角層が乱れて水分が失われている状態。角層が整った健やかな肌は、アレルゲンや刺激から守るバリア機能が働いているのですが、その要となるのが水分です。敏感な肌のケアには、しっかりとうるおいを与えて維持するための保湿ケアが重要です。

そして、美白化粧品やスペシャルケアなどで別の化粧品を使うと、肌への刺激リスクになるので、敏感になっているときは保湿ケアだけに留めると良いかもしれません。

シンプル処方で保湿もしっかり!編集部おすすめの化粧品

敏感な肌は保湿だけでOK

肌が敏感なときは、シンプル処方でありながら、肌をしっかり保湿してくれる化粧品を選ぶことがポイント。しかし、数ある化粧品の中から、この2つの要素を兼ね備えたものを見つけ出すのは、なかなか大変かもしれません。

そこで、編集部がおすすめしたいのが、ニッピコラーゲン化粧品の「スキンケア ジェル NMバランス」。わずか5種類しか配合されておらず、非常にシンプルな処方。それでいて保湿力も期待できるので、敏感肌の方におすすめの化粧品です!

スキンケア ジェル NMバランス

スキンケア ジェル NMバランス

「生コラーゲン」「ナノコラーゲン」「メディコラーゲン」の3種のコラーゲンと、「水」「グリセリン」というシンプル処方のスキンケアアイテム。働きの異なる3種類のコラーゲンが段階的にアプローチして、肌にハリとうるおいを与え、皮膚を健やかに保ちます。保存料・界面活性剤・香料・着色料・増粘剤は一切使用していません。

化粧品をつけるのが怖い…という方にこそ、肌をやさしく包みこむ生コラーゲンは一度試していただきたいです!

詳しくはこちら

余計な添加物を一切使わない、シンプル処方の「生コラーゲン」

関連記事

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー