スキンケア大学 メンズスキンケア大学

スキンケア大学タイアップ企画 [PR] 提供:株式会社ニッピコラーゲン化粧品

2月のケアで差をつける!春に向けた大人の「ゆらぎ肌」対策

更新日:2020/01/29

寒がる女性イメージ

冷たい風による乾燥や、花粉が原因のかゆみなど、2月は肌にとってダメージの大きい、過酷なシーズン。

こうした季節の変わり目などに、一時的に敏感になった肌の状態は「ゆらぎ肌」と呼ばれます。この「ゆらぎ肌」、くり返すことで肌の老化を加速させてしまうため、なんとか手を打ちたいもの。大人の「ゆらぎ肌」対策のためのスキンケアとアイテム選びのポイントをご紹介します。

季節の変わり目の肌トラブルが老化の原因に?

肌を気にする女性イメージ

肌のトラブルは、つっぱりやカサカサ、ヒリヒリした痛みを伴ったり、ニキビや吹き出物が出たりと人によってさまざま。自分は大丈夫だと思っていても、ある日突然症状が出ることもあります。

肌トラブルによってターンオーバーに乱れが出ると、肌のバリア機能が低下し、紫外線などのさまざまな外的要因の刺激を受けやすくなってしまいます。これが「ゆらぎ肌」が老化を進める理由です。毎年のことだからと放っておかずに、肌を安定させるケアをはじめましょう。

2月の「ゆらぎ肌」の原因は?

マスクを持つ女性イメージ

「ゆらぎ肌」は他の季節でも起こりますが、2月の肌は他の季節よりも特にデリケート。この時期に起こる「ゆらぎ肌」の原因は何でしょうか。

気候

暦の上では春といっても、まだまだ寒い2月。1年で最も気温が低く、乾燥しがちです。乾燥によってバリア機能が低下しているところに、飛び始めた花粉が刺激となりダメージを受けてしまいます。

紫外線

日差しそのものは弱いため、ついつい対策をおろそかにしてしまいがちですが、2月は紫外線の量が少しずつ増え始める時期。バリア機能が落ちていると、花粉同様、肌へのダメージとなります。

ストレス

年度末が3月という会社では、それに向け忙しくなる時期です。異動などを経験する人も多いでしょう。また、子供の卒業や入学などで増える家族のためのタスクや心配事もストレスに。

このように「ゆらぎ肌」の原因はさまざま。「なんとなく調子が悪い…」と思っている今こそ、早めに対策することが大切です。

スキンケアだけでは不十分!「ゆらぎ肌」対策

スキンケアアイテムイメージ

2月の「ゆらぎ肌」の対策には、肌のバリア機能を高めるスキンケアを基本に、ゆらぎを引き起こすリスクを避けることが大切です。

肌のバリア機能を整える

バリア機能を高めるために最も大切なことは、しっかりと保湿すること。乱れた肌のターンオーバーを正常にし、バリア機能を高めます。睡眠不足や栄養不足、ストレスもターンオーバーの乱れの原因になるので、少しでも軽減するよう意識しましょう。

日常のリスクを回避する

花粉症の方は、しっかりと花粉対策を。目がかゆくて何度もこすってしまうと、薄くデリケートな目の周りの皮膚はすぐにダメージを受けてしまいます。また、ティッシュを使った鼻のかみすぎも肌への刺激に。抗原抗体反応(花粉症状)を起こさないよう、抗アレルギー薬を使ったり、花粉がなるべく肌に触れないようマスクやメガネなどで物理的にシャットアウトしたりすることも大切です。

また、徐々に増えてくる紫外線の存在も忘れてはいけません。冬の間あまり紫外線を浴びていなかった肌は、少量の紫外線を浴びるだけでも過敏に反応してしまいます。紫外線は通年での対策がおすすめですが、春に向けて対策は万全にしていきましょう。

ストレスを感じているなと思ったら、早めにリフレッシュすることも大切。趣味やスポーツはもちろん、マッサージや入浴、睡眠をとることもストレス緩和に役立ちますよ。

「ゆらぎ肌」を整えるなら、保湿力の高いコラーゲン

スキンケアジェル NMバランス

美容成分として知られるコラーゲンは、実は私たちの体に含まれている成分です。そのため刺激も少なく、ゆらぎ肌の方でも安心して取り入れることができます。しかし、年齢を重ねると体の中のコラーゲン量は減少していきます。コラーゲンが不足した肌は土台を失い、乾燥による小じわが目立つ、ハリ不足の肌に。

コラーゲンは美容や健康のため、積極的に補ってあげたい成分のひとつでもありますね。

そんなコラーゲンの中でもおすすめは、コラーゲンメーカーであるニッピコラーゲン化粧品独自の生コラーゲンを使用した「スキンケアジェル NMバランス」。それぞれ役割が違う3種のコラーゲンを配合しているのが特徴です。

「生コラーゲン」が水分をしっかりホールド

一般的な化粧品で使われているコラーゲンは加熱処理されたもの。ニッピグループの「生コラーゲン」は加熱処理をしていないため、人の肌と同じ三重らせん構造を保っています。

その保水力はなんと加熱処理されたコラーゲンの約5倍!その次に使う化粧水や美容液のうるおいをしっかりホールドし、角層まで届けます。

コラーゲンメーカーだから実現した配合

さらに、ニッピコラーゲン化粧品独自のコラーゲンも配合。最小サイズの「ナノコラーゲン」は肌のすみずみ*まで浸透し、ハリのある肌をつくり出します。

そして、紫外線により発生する活性酸素を抑制する「メディコラーゲン」を新配合。肌ストレスを抑え、健やかな肌を育みます。

「生コラーゲン」「ナノコラーゲン」「メディコラーゲン」の3種のコラーゲンによるトリプルケアで、よりしっとり美しい肌へと導いてくれます。

詳しくはこちら

詳しくはこちら

年齢を重ねると、美容ケアの効果をすぐに実感できないもの。しかし、コラーゲンで丁寧なケアを続けることで、春を迎える頃には去年との違いが分かるはず。

「ゆらぎ肌」をしっかり整えて、すこやかでハリのある肌を手に入れましょう。

*角層まで

洗顔後の肌を満たす、3種のコラーゲンを配合

関連記事

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー