スキンケア大学 メンズスキンケア大学

スキンケア大学タイアップ企画 [PR] 提供:株式会社ニッピコラーゲン化粧品

内側からアプローチ!実感できる美容習慣は「食べる」が鍵

更新日:2020/01/29

ふと肌を気にする女性イメージ

「美容には関心があるしお手入れもしっかりやっているのに、変化を感じにくい…」「ケアをしても若い時ほど手ごたえを感じない…」ということはありませんか?でも、あきらめなくても大丈夫!

外側からのケアと内側からのケアを組み合わせた習慣で、美容にアプローチしましょう。

ケアは万全なのに、どうして効果が実感できないの?

スキンケアをする女性イメージ

外側から行う美容へのアプローチには、普段のスキンケア・ボディケアはもちろん、スペシャルケアや新製品など、多くの選択肢があります。

しかし、年齢を重ねてターンオーバーが遅くなると、どうしても美容アイテムの効果が現れるのが遅くなりがち。若い頃のように効果を実感するには「内側からのアプローチ」も組み合わせることがおすすめです。

「食べる」美容ケアで体の内側からアプローチ

様々な食材イメージ

私たちの体の中では日々大量の細胞がつくられています。毎日の食事が細胞の成長材料となっているのです。食事の質は新しく生まれる細胞の質、たとえば筋肉、骨、髪、皮膚などにも影響を及ぼしています。

美容成分、コラーゲンの役割って?

美容業界において一般的になりつつあるコラーゲンですが、髪や骨、関節、皮膚など体のあらゆるところでも大切な役割を担っています。コラーゲンは体のたんぱく質の約3分の1を占める、私たちにとって欠かせないもの。しかし年齢とともにコラーゲンは減少し、40代では20代の約半分の量に。歳を重ねるとさらに減少していきます。

「食べるコラーゲンは意味がない」って本当なの?

化粧品やサプリなど、コラーゲンを含む美容商品は、数多く存在しています。しかし、かつては「食べるコラーゲンは消化されるだけ」という意見もありました。その理由は、食べるコラーゲンも食事から摂ったたんぱく質も同様に、消化酵素でアミノ酸に分解されるという考えがあったため。コラーゲンを食べても、今あるコラーゲンに影響はない、と言われてきたのです。

しかし、近年の研究でコラーゲンはアミノ酸のみならず「コラーゲンペプチド」という、複数のアミノ酸がつながった状態でも吸収されることがわかってきました。そのコラーゲンペプチドが「体内のコラーゲン不足の箇所でコラーゲンの生成を促す信号となる」とも考えられています。そのときの鍵を握るのが、コラーゲンだけに含まれる特有のアミノ酸です。

こうしたことから「コラーゲン」を摂取することが大切なのです。さらに分子が体に吸収されやすいサイズの「低分子コラーゲンサプリ」なら、効率的にコラーゲンを摂ることができます!

使いやすいから続けられる!「食べる」コラーゲンで簡単美容習慣

ニッピコラーゲン100

体のあらゆるところで大切な役割を果たしているコラーゲン。年齢を重ねるごとに減少してしまうコラーゲンは、美容のみならず健康のためにもしっかり補うことが大切です。

安心して飲み続けるなら、コラーゲンメーカーが作ったサプリメント「ニッピ コラーゲン100」がおすすめ。

続けられなくちゃ意味がない!使いやすいサプリ

「ニッピ コラーゲン100」は、コラーゲンの研究・開発をするニッピのグループ企業である株式会社ニッピコラーゲン化粧品のサプリメントです。高品質な原料と高い精製技術によって無味無臭を実現し、料理や飲み物にも溶かしやすく味を邪魔しないので、毎日続けられます。

同じコラーゲンでも分子の大きさが違うと、体内への吸収のされやすさも違ってきます。「ニッピ コラーゲン100」は、体内に最も吸収されやすい大きさの分子量のコラーゲンペプチドを使用。

1日のコラーゲンペプチド摂取目安量を、専用スプーン1杯(5,000mg)で効率よくとることができます。さらに17.2kcalと、低カロリーなのもうれしい点。美容への意識が高い人にこそ試してほしい「食べる」美容ケアです。

詳しくはこちら

詳しくはこちら

せっかくの美容ケアで効果を実感できないなら、内側からのアプローチを積極的に始めてみましょう。続けやすい「ニッピ コラーゲン100」なら、美容と健康の両面で力強い味方になってくれますよ。

「食べるコラーゲン」で内側から美容ケア!

関連記事

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー