スキンケア大学 メンズスキンケア大学

スキンケア大学タイアップ企画 [PR] 提供:株式会社ナノエッグ

本当に乾燥しない?習慣性敏感肌の冬用化粧品は11月が見極めるタイミング

更新日:2019/10/29

鏡を見る女性イメージ

本格的な乾燥シーズンに向けて、そろそろ化粧品を切り替える時期。より保湿ケアができる化粧品を選んでも、実際に使ってみないとわかりません。特にオールシーズンで乾燥しやすい習慣性敏感肌の方は「これでも乾燥するかも?」という心配は消えませんよね。

実は12月~2月までの乾燥シーズンを乗り切る化粧品を確かめるには、11月中の保湿ケアがきちんとできていることが目安になります。

「今使用している化粧品で冬を乗りきれるかな?」という方は、ぜひこのタイミングでスキンケアを見直してみましょう。

肌トラブルが頻発!本格的な乾燥シーズンに向けて行う準備とは?

スキンケアする女性イメージ

1年のうちで最も湿度が低く、肌が乾燥しやすくなる12月~2月。肌の乾燥は、あらゆる肌トラブルの原因となります。特に、常に乾燥しやすい「習慣性敏感肌」の方は注意が必要です。

症状が悪化しやすい「習慣性敏感肌」とは?

習慣性敏感肌とは、化粧品や化学物質などの刺激による影響を受けやすい「敏感肌」の状態がずっと続いている肌のことを指します。

一般的な保湿化粧品を使っても肌の調子が良くならず、むしろ合わない化粧品が多いと感じることもあるでしょう。また、髪の毛や衣服のちょっとした擦れで刺激を感じるのも習慣性敏感肌の特徴です。

肌バリア機能の低下によって起こる肌トラブル

常に肌が乾燥している習慣性敏感肌の方にとって欠かせないのは「肌のうるおいを維持する」ということ。肌が敏感になっているときは、あらゆる外部刺激から肌を守り、体内の水分の蒸散を防ぐ「肌バリア機能」が低下している状態です。この状態が続くと、ちょっとした刺激でも肌荒れを起こしてしまう…という症状悪化にもつながります。

また、習慣性敏感肌にとって、これからの乾燥シーズンはツライ時期ですが、11月のうちに十分な保湿ケアができる状態に整える理由があります。

急激に湿度が下がりはじめる11月。早めの保湿ケアをはじめよう

寒さを感じる女性イメージ

1年を通して湿度と温度が急降下するのが11月末から12月のあたま頃。このとき12月~2月の湿度レベルまで下がります。以降は日によって多少の違いはあるものの、大きな湿度低下がないことが気象庁のデータからもわかります。

つまり、十分な保湿ケアができる化粧品であるかどうかは、湿度が冬並みに低下する11月中の使用で見ることができます。

今使っている化粧品や冬用に新しく用意した化粧品の保湿レベルを確認するためにも、意識して実践してみましょう。

習慣性敏感肌が化粧品を選ぶときの注意点

化粧品イメージ

習慣性敏感肌の方は、普通肌の方に比べて化粧品を塗ったときにピリピリと刺激を感じやすい特徴があります。そのため、次のようなポイントを押さえて化粧品を検討しましょう。

低刺激なヒトの肌に近い成分を採用している化粧品を選ぶ

習慣性敏感肌は低下しやすい肌バリアを維持するために、肌に存在している成分を配合した化粧品がおすすめ。

肌バリアは「天然保湿因子(NMF)」、「細胞間脂質」、「皮脂膜」の3つの要素で成り立っています。これらを踏まえて以下のような化粧品や成分があげられます。

  • 皮脂を落とし過ぎないorカバーできる洗顔料など
  • 天然保湿因子である「アミノ酸」など
  • 細胞間脂質である「セラミド」など

化粧品を使ってピリピリと刺激を感じるということは、肌が化粧品成分を異物であると認識するために起こる反応。しかし、肌に存在している成分であれば、異物ではないため低刺激で肌になじみやすくなります。

化粧品には品質を維持するために、どうしても肌には存在しない成分も配合されるので、成分数が少ないだけで判断はできませんが、メーカーによってどういったこだわりを持っているのかを確認してみましょう。

ケア方法も慎重に!習慣性敏感肌が意識すべきこと

保湿する女性イメージ

習慣性敏感肌にとって使用する化粧品だけでなく、使い方にも注意が必要です。せっかく肌に合った化粧品を見つけたとしても、間違ったケア方法はかえって肌に刺激を与えてしまいます。特に「洗顔」と「保湿ケア」の2点で起こりやすいので、しっかり確認をしましょう。

落としすぎは絶対NG!正しいクレンジング&洗顔方法

メイクや汚れを落とすために欠かせないクレンジングと洗顔ですが、洗いすぎは肌に必要な皮脂まで落としてしまいます。

洗顔後に肌がつっぱる場合は、皮脂が落ちて肌の水分が抜けやすい状態にあるというサイン。まずは、洗う時間を短くします。たとえば、顔に泡を伸ばして汚れを浮かせる工程の時間を半分にしてみましょう。このとき、時間が短いからといって手を速く動かしたり、チカラを入れて擦らないように注意してください。

それでもつっぱる場合は、化粧品によって洗浄力が強いと考え、クレンジング剤や洗顔料を見直しましょう。

水分と油分を補う保湿ケア

洗顔後はすぐに肌に水分と油分を補給します。このとき、肌がうるおいを維持している状態がイメージできると◎。十分なうるおいが維持できて、肌バリアが保たれている肌は水分と油分のバランスが整っています。

化粧水は水分なので、肌にまんべんなく塗ることで問題ありませんが、油分であるクリームは塗り方にコツがいります。まず、油分は失った皮脂の代わりになるものと考えます。私たちの肌は部位によって皮脂の量が変わるため、皮脂の代わりとなるクリームをつける量も部位によって調節する必要があるのです。

ただ、習慣性敏感肌の方は皮脂の量が少ない傾向があるので、顔全体にまんべんなくクリームを塗るようにしましょう。さらに、目の周辺など特に乾燥しやすい部位は厚めに塗ります。雑になってしまうと、塗り忘れてしまう部位が出るので注意してください。

習慣性敏感肌のケアを追求したブランド「MediQOL」!スキンケア大学編集部おすすめ化粧品

メディコルブランドイメージ

習慣性敏感肌の方で、低刺激の保湿ケアアイテムを探している方におすすめしたいのは、習慣性敏感肌のために作られた「MediQOL(メディコル)」のスキンケアシリーズ。

すべての製品にアルコール、防腐剤、界面活性剤、香料、着色料、鉱物油など、刺激になりうる成分を使わず、本当に肌が求めているものだけを配合しています。そして、冬の乾燥シーズンだけでなく、一年を通して乾燥対策ができるアイテムです。

MediQOLウォッシングパウダー(洗顔料)

MediQOLウォッシングパウダー商品画像

ヒトの皮脂と類似する組成の成分を主成分とした、ふんわりとやわらかなパウダータイプの洗顔料。

肌トラブルの原因となる皮脂や汗、花粉やほこりなどをやさしくきれいに取り除き、キメが整ったなめらかな肌に洗い上げます。もともとヒトの皮脂にある成分(脂肪酸)で作られているため、洗い流したあとは適度に肌に残った成分が保護皮脂膜を形成。皮膚のバリアとしても働き、洗顔後の乾燥を防いでくれます。

MediQOL スキンウォーター 35/54(補充水)

MediQOL スキンウォーター商品画像

肌に存在する水分と類似する成分で設計され、角質層のすみずみまでしっかりとうるおいを与える補充水。1本1本を個別に無菌充填することで衛生的で、肌の刺激になり得る防腐剤や防腐成分を配合しないカタチ。

また、角層の水分を担っている「アミノ酸」、「ビタミン類」、「無機質」、「補酵素」、「糖」の5項目に該当するすべての成分を配合し、肌の力をサポート。さらに、pHを生体内(細胞が生きている環境)に近づけて、皮膚内に浸透した際の刺激が少なくなるように工夫するなど、とことん低刺激な設計になっています。

MediQOLスキンリピッド 15/33 タイプⅠ・Ⅱ(補湿クリーム)

MediQOLスキンリピッド画像

肌が水分を保つための機能をサポートする、「皮脂」と「細胞間脂質(ラメラ)」を補うクリーム。商品名にある「15/33」とは、皮脂膜と細胞間脂質が33種類で構成されており、そのうち化粧品に配合可能な15種類がクリームに配合されていることを表しています。

詳しくはこちら

習慣性敏感肌にとことんやさしく作られたメディコルのスキンケアシリーズで、刺激に負けない強い肌を育てましょう!

習慣性敏感肌のためのベーシックスキンケア

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー