スキンケア大学 メンズスキンケア大学

スキンケア大学タイアップ企画 [PR] 提供:株式会社JIMOS

乾燥ダメージは美容オイルでケア!肌の土台を調える植物の生命力とは

更新日:2020/09/28

エイジングが加速しやすい秋の肌

肌のゴワつきが気になる女性

紫外線にさらされ続けた夏をのりこえて、ホッとひといき。これからは「乾燥対策を始めなくちゃ!」と、スキンケアの衣替えを意識するころですよね。

化粧水を変えようかな?保湿美容液をプラスしようかな?と検討する前に、まずは肌の感触を確かめてみましょう。

もし「ゴワついている…」と感じたら、紫外線ダメージで肌表面の角層が厚くなっている可能性があります。

バリア機能が低下した肌のイメージ

肌を守るために大急ぎでつくられた角層は、うるおいが少なく未熟。肌内部の水分蒸散を防いだり、外気の乾燥や紫外線、ウイルスなどを跳ね返すバリア機能が低下しています。

秋の乾燥でエイジングが深まる前に、美容オイルで肌の土台を整えておきましょう。

肌の土台ケアに美容オイルがイイ理由

美容オイルでスキンケアする女性のイメージ

美容オイルをおすすめする理由は、大きく二つ。

  • 肌を柔軟にする
  • バリア機能を整える

働きがあるからです。

肌を柔軟にする

角層が厚く硬くなった肌は、スキンケアが浸透しにくい状態。まずは柔らかくほぐして、うるおいを受け入れやすい状態に整えることが大切です。

ゴワゴワの革製品にオイルを塗るとしなやかになるように、オイルには肌を柔軟にする働きがあります。

バリア機能を調える

バリア機能が働いている肌のイメージ

オイルは年齢とともに減少する皮脂の量と質を整え、すこやかな皮脂膜を再現。肌にフタをするように、うるおいを閉じ込めて外部刺激を跳ね返します

また角層の脂質とよくなじんで、角層細胞どうしを隙間なく満たし、内側*からもバリア機能をサポートします。

柔軟・保湿・保護が同時にできるのは、オイルならではの魅力。原料の種類が豊富なのも、オイルの特徴です。

*角層

オイルの特徴を知って心地よくケアしよう

さまざまなオイル

美容オイルの原料には、大きく分けて動物性と植物性があります。それぞれの特徴を紹介しますね。

動物性のオイル

深海ザメの肝臓からとれるスクワランオイルがおなじみ。多くとれるので、化粧品のエモリエント剤としても広く使用されています。

馬やエミュー(ダチョウに似た鳥)の皮下脂肪からとれるオイルは、ヒトの皮脂と成分が似ているのが特徴です

植物性のオイル

植物の種子や果実などからとれるオイルです。海外産のものではアルガンオイルやホホバオイル、オリーブオイルなどがおなじみ。日本人に身近な国産オイルには、コメヌカ油やツバキ種子油、ユズ種子油などがあります。

サラリとして軽いものが多いので、肌質を問わず使いやすいでしょう。

生命力あふれる植物オイルでエイジングケアも*

椿

植物のオイルは、強い紫外線にさらされても生き抜く生命力を備えています。

オリーブ果実油
過酷な環境下で身を守るためのポリフェノールやビタミンEがたっぷり。
コメヌカ油
肌本来のうるおいをサポート。
ツバキ種子油
日本人が古くから美容に活用。肌を保護してつややかに。
ユズ種子油
うるおいを与えて透明感を引き出す。

このように植物性のオイルは、エイジングケア*にもぴったりなんですよ。

*年齢に応じたお手入れ

4種の植物オイルを厳選!ベタつきしらずの美容液オイル

coyori 美容液オイル

Coyori 美容液オイル
20mL

詳しくはこちら

Coyoriの美容液オイルは100%ピュアな植物オイルと、和漢植物エキスの美容液を組み合わせた2層式オイルです。

オイルが乾燥して硬くなった肌を耕し、美容液のうるおいを引き込んだら、すばやく膜をつくって密封。みずみずしい透明感とツヤを放ちます。

4種のオイルがバリア機能をサポート

日本人の皮脂の構成にこだわって選び抜いた、ツバキ種子油*、オリーブ果実油*、コメヌカ油*、ユズ種子油*を独自ブレンド。バリア機能を担う上質な皮脂膜を再現します

*保湿成分

オイルであることを忘れそうな使用感

Coyori美容液オイルを手になじませている様子

美容液がオイルを包み込み、みずみずしく肌に伸びてベタつき知らず。朝のメイク前でも使用できます。

高麗人参・イチヂク・アロエベラ

美容液にはイチヂク**や高麗人参**、アロエベラ**、角鹿霊芝**など21種もの和漢植物エキスを使用。「育つ力」が凝縮された美容液が、イキイキとしたハリを与えます。

肌へのやさしさを考えた低刺激処方

石油系界面活性剤やパラベン、石油系鉱物油、合成香料、シリコンは不使用。バリア機能が低下したお疲れ肌にうれしいこだわりですね。

自然のめぐみがギュッと詰まった美容液オイルで、秋の乾燥に負けないすこやかな肌づくりを始めましょう。

詳しくはこちら

**イチヂク樹皮エキス、オタネニンジン根エキス、アロエベラ葉水、ガノデルマアンボイネンセエキス、他17種の和漢植物エキス(保湿成分)

年齢不詳のハリ・ツヤ肌はオイルコンディションを整えてつくる!

関連記事

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー