スキンケア大学 メンズスキンケア大学

スキンケア大学タイアップ企画 [PR] 提供:資生堂ジャパン株式会社

シミのない未来の私へ!25歳からの「ちゃっかり美白」ケア

更新日:2019/07/11

紫外線を気にする女性

うっかり日焼けをしても元に戻りやすい20代の肌。美白*ケアが必要になるのはまだまだ先だと思っていませんか?これから先も明るい美白肌を保つには、シミのない20代の今から対策することが大切です。その理由と効果的な美白ケアのポイントを紹介しますね。

*美白化粧品はメラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぎます。

レジャー紫外線より手ごわい!?日常の紫外線にご用心

外出の紫外線に要注意

海やBBQ、野外フェスなどのレジャーでは、しっかり日焼け止めを塗って紫外線対策している人が多いはず。でも思う以上に手ごわいのは、日常生活で浴びている紫外線の影響です。

日常生活で外に出るのが通勤やランチの時だけだと、UVケアに気がゆるみがち。「曇っているから」「寝坊したから」と、日焼け止めを省略してしまう時もあるのではないでしょうか。

しかし少しずつ紫外線を浴び続けると、シミの原因になるメラニンがつくられ、知らぬ間にダメージが蓄積。30代になって突然シミが現れることがあるんですよ。資生堂の調査では30代前半から後半にかけて、シミの数が顕著に増えることがわかっています。「少しぐらいの紫外線なら大丈夫」と油断できませんよね。

曇りの日も秋冬も紫外線は降り注いでいるので、1年365日UVケアを行いましょう。日焼け止めや日中用乳液の数値は、次の2つを目安にしてみてくださいね。

日常使い
SPF20~30、PA++~+++
炎天下のレジャー
SPF50または50+、PA+++~++++

UVケアに加えて取り入れたいのが美白ケア。シミができる前に始めておくと、より心強いですよ。

美白ケアをプラスして抜かりなくシミ予防

スキンケアを行う女性

美白ケアというと「肌を明るくするもの」「シミを目立たなくするもの」という印象がありますよね。本来の美白ケアとは、メラニンの生成を抑えて、シミ・そばかすを防ぐスキンケアのことをいいます。

シミを薄くすることが目的のケアではないからこそ、先回りのケアとして今から対策することが大事。未来の私へのプレゼントになるはずです。

ただ「美白化粧品は価格が気になるし、毎日ケアするのも面倒そう…」と感じる人もいますよね。そんな人にぴったりなのが、HAKUの「薬用美白美容液ファンデ」なんです!

メイクしながら素肌までケアする、ちゃっかり美白ファンデ

HAKU 薬用 美白美容液ファンデ

HAKU 薬用 美白美容液ファンデ
(医薬部外品)
[SPF30・PA+++]
全4色 30g 4,800円(税別)
資生堂オンラインショップ販売価格
販売名:HAKU メラノフォーカスF オークル10・オークル20・オークル30・ピンクオークル10

HAKUの「メラノフォーカスF」は、肌を美しく魅せながら美白ケアもできる美白美容液ファンデーション。肌にうれしい美容成分を凝縮しています。

美白有効成分4MSK*

美白美容液「HAKU メラノフォーカスV」にも採用されている美白有効成分。メラニン色素の過剰生成を効果的に抑えて、シミ・そばかすを防ぎます。

Vカット複合体**

肌を整えて保護する成分。紫外線による乾燥などから肌を守ります。

さらにSPF30・PA+++のUVカット効果で、日常生活はもちろん屋外での軽いレジャーまで対応。スキンケアで肌を整えた後に、直接塗ってOKです。ほおは日焼けしやすいので、少量を重ね塗りしてくださいね。色ムラを目立たせないファインレッドパールが、透明感のある美しい肌に仕上げてくれますよ。

1本にうれしい機能が凝縮されたHAKUの薬用美白美容液ファンデ。使い心地も気になるところですよね。そこで20代のスキンケア大学編集部が、1週間お試ししてみました!

*4-メトキシサリチル酸カリウム塩
**トルメンチラエキス、イチヤクソウエキス、グリセリン

薬用美白美容液ファンデの使用感をセキララレビュー!

HAKU薬用美白美容液ファンデをお試しするスキンケア大学編集部員

透明感ってこういうことね!
このファンデを塗り始めてから、肌に自信がもてるようになってきました。「透明感ってこういうことね!」とわかった気がします(笑)。スポンジで塗ると暑い日でもかなり崩れづらく、さらにお粉もするとバッチリ。リピート確定です!

(トネ)

保湿重視の私もお気に入り
夏でも乾燥しやすいので、ふだんは保湿力の高いファンデを使っています。HAKUの美白美容液ファンデも心地よく使えました!塗っている感覚があまりないのに、しっかりカバーできて素肌ケアもできている感じが好きです。これからも使っていきたいな。

(NATSUKI)

自然にカバーできる
毛穴をしっかりカバーしてくれて、クマや赤みが気になるところも薄く重ねづけするだけで自然にカバーできました。オークル10と20、どちらも肌によくなじみます。UVケアもお肌のケアもできるので、時短になるしコスパがいいと思います!

(ティティ)

スキンケア感覚で使えて自然なカバー力が好評価のようですね!

HAKUの薬用美白美容液ファンデなら、特別なケアをしなくても明るい美肌をキープ。ずっと自信が持てる肌で、大人の階段を上っていきましょう!

HAKU 薬用 美白美容液ファンデ
(医薬部外品)
[SPF30・PA+++]
全4色 30g 4,800円(税別)
資生堂オンラインショップ販売価格
販売名:HAKU メラノフォーカスF オークル10・オークル20・オークル30・ピンクオークル10

詳しくはこちら

シミの記憶をゼロ化へ。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー