スキンケア大学 メンズスキンケア大学

美肌は1日にして成らず!40歳からの正しい「肌育」とは?

更新日:2020/01/29 公開日:2020/01/29

鏡を見る女性イメージ

年齢を重ねても、ずっと「美しくすこやかな肌」で生きていきたいもの。「今の肌をキープしたい!」と高価な化粧品を使ったりエステに通ったりする方も少なくないでしょう。でも肌のしくみさえ理解していれば、もっと手軽に美肌を保つことが可能に。まずは肌のしくみを理解しましょう。

美肌を保つ秘訣は「毎日の積み重ね」

スキンケアをする女性イメージ

寝不足や偏食が続くと、身体だけでなく肌の調子まで悪くなりますよね。毎日の栄養摂取や睡眠は、近い将来の美肌を作り出す大切なファクター。年齢を重ねるにつれ、そのことを実感している方も多いのでは?

スキンケアについても、その日のケアが劇的に肌を美しくするわけではありません。たまに行うスペシャルケアもよいものですが、基本的には毎日コツコツと行うスキンケアが美肌を育みます。

スキンケアを効果的に行うためにも肌が生まれるしくみ、「ターンオーバー」を理解することからはじめましょう。

ターンオーバーのしくみとは?

ターンオーバー図説

肌表面の平均0.2mmの層を「表皮」と言います。さらに表皮は外側から、「角層」「顆粒層」「有棘層」「基底層」の4層で構成されています。ターンオーバーとは、表皮で行われる肌の生まれ変わりサイクルのことです。

基底層で生まれた肌の細胞は、形を変えながら表面に押し上げられ、角層細胞となります。適切に育った角層細胞や細胞間脂質はうるおいをたっぷり含んでおり、紫外線や外部刺激から肌を守るバリアとしての役割を果たします。

つまり肌表面に質のよい角層細胞を並べ、バリア機能を正常に働かせるためには、基底層からよい状態に整えることが重要なのです。

ターンオーバーをきちんと働かせるには?

睡眠をとる女性イメージ

ターンオーバーのサイクルは、加齢や肌の乾燥、睡眠不足などの要因で乱れることがあります。ターンオーバーが乱れているときに作られた肌細胞は、うるおいを保持する力が不十分。肌を乾燥させ、ターンオーバーをさらに乱し、悪循環を引き起こすことも…。

ターンオーバーを正常化するには、体の中と外の両方からのケアが大切です。内側からのケアでは、主に以下の3つを意識しましょう

  • バランスのよい食生活…肌の材料として使われる、代謝をサポートする
  • 質のよい睡眠…成長ホルモンを分泌させ、肌ダメージを修復
  • 適度な運動…血流を増やす、代謝を高める、寝つきをよくする など

スキンケアでは、洗顔や保湿、紫外線対策といった基本のケアをコツコツと行いましょう。

ただし40代ともなると、肌のターンオーバーは長期化。肌に水分をキープするために欠かせないセラミドや天然保湿因子、皮脂の産生量も減少します。以前と同じ保湿ケアでは、乾燥を防げなくなることもあるのです。

そこで提案したいのが「肌の細胞が生まれる場所」から立て直す「肌育ケア」。肌が水分をキープする本来の機能を改善していきましょう。基底層までアプローチしてセラミドの産生量を増やす唯一の有効成分「ライスパワー®No.11」に注目です!

「肌育」をかなえる唯一の成分!ライスパワー®No.11とは?

お米イメージ

「ライスパワー®No.11」は、醸造発酵技術とバイオテクノロジーから生まれたお米由来の天然エキス。日本で初めて「皮膚水分保持能の改善」効果が認められた医薬部外品の有効成分です。

肌に塗ると角層を瞬時にうるおし、キメを整えてふっくらハリのある肌へ。それだけでなく肌の細胞が生まれる基底層までアプローチし、肌のターンオーバーを整えます。一時的な効果ではなく、肌そのものをすこやかで透明感あふれる状態へと導きます。

さらにライスパワー®No.11には、角層のセラミドを始めとする細胞間脂質を増やす働きもあります。セラミドは水分をミルフィーユのように何層にも包み込み、水分が肌の外に蒸発するのを防ぐ成分。同時に角層細胞のすき間を埋め、外部刺激の肌への侵入をブロックします。

このようにライスパワー®No.11を使い続けると、うるおいを外側から補うだけのスキンケアとは異なり、肌内側からすこやかに育むことができるのです。

年齢とともに乾燥しやすくなり、外部刺激にも弱くなる肌。しかし、毎日コツコツと正しいスキンケアを重ねれば、肌はしっかりと応えてくれますよ。ライスパワー®No.11を活用して、肌が美しくすこやかに育つ感覚を楽しんでみませんか?

関連記事

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー