スキンケア大学 メンズスキンケア大学

スキンケア大学タイアップ企画 [PR] 提供:株式会社Rambut

あなたは大丈夫?髪と頭皮の心配度チェック

更新日:2019/10/07

生え際を気にする男性

第一印象を大きく左右する髪ですが、生え際など髪の状態が気になり始めても、なかなか周りの人に「ケアをするべきかな?」とは聞けませんよね。そこで今回は、簡単なセルフチェックをご用意。

「頭皮ケアって何?」「いつ頃始めればよいの?」という方のために、頭皮ケアの基本についてもご紹介します。

髪と頭皮は大丈夫?心配度セルフチェック

男性の頭皮イメージ

効果的にヘアケアを行うためには、現在の髪と頭皮の状態、および生活習慣の影響を正しく理解しておくことが大切です。

まずは簡単なチェックリストを使って、心配度を客観的に見てみましょう。以下の質問に当てはまるものにチェックをしてください。

5個以上の項目でチェックがついた方は、髪や頭皮の状態が少し気になりますね。

でも、諦める必要はありません。肌のお手入れと同様に、髪や頭皮もきちんとケアを続ければ今の状態をキープしていくのに役立ちます。

また「チェックが4個以下だった」という方も、今後のヘアケアや生活習慣によっては髪や頭皮の健康状態が悪化する可能性も。正しいケアができているか、確認しておきましょう。

頭皮ケアの基礎知識① 生活習慣の見直し

睡眠中の男性イメージ

頭皮は肌の一部。健やかな状態を保つには、生活習慣を見直して内側からケアをしていくことが大切です。具体的には以下のポイントを意識していきましょう。

  • 栄養バランスの取れた食事を心がけ、1日になるべく多くの食材を食べるようにしましょう
  • 睡眠をしっかり取ることも大切。毎日決まった時間に起床し朝の光を浴びると夜に自然な眠りへと促されます。夜更かしは控えましょう
  • ウォーキングやサイクリングなど続けやすく、心地よく汗をかける運動習慣を持ちましょう
  • ストレスには皮脂を増やす働きがあると言われています。趣味を楽しんだり運動をしたりして上手に発散しましょう
  • 喫煙やお酒の飲みすぎはできるだけ控えましょう

頭皮ケアの基礎知識② ケアアイテム種類や違いも認識しておこう

ヘアケアグッズイメージ

最近ではスカルプシャンプーやヘアトニック、育毛剤などさまざまな頭皮ケアアイテムが販売されています。その違いについてご存知ですか?

自分の悩みに合ったアイテムを選ぶことができるよう、各アイテムの役割や違いについて理解しておきましょう。

スカルプシャンプー

市販のシャンプーのなかには「スカルプシャンプー」などと銘打って販売されているものがあります。アミノ酸系などマイルドな洗浄力の界面活性剤が配合された製品が多く、頭皮の皮脂を適切な状態に保つことで健やかな頭皮環境を維持することが期待できます。直接的に育毛を促すものではありませんが、シャンプーを変えるだけで頭皮ケアができる手軽さから、人気が高まっています。

トニック・ローション

シャンプーの後、髪を乾燥させるときや寝る前などに使うプラスαのアイテム。

「頭皮を保湿して乾燥から守る」ことが主な効果です。

多くは化粧品のカテゴリに分類されますが、「薬用」とついている商品は、独自の成分が配合されており、医薬部外品としての効果も期待されます。

育毛剤

育毛剤は医薬部外品に分類されるもので、同じくシャンプー後や寝る前、朝などに使用します。頭皮のめぐりを促したり栄養を与えたりする成分が配合されており、健やかな毛髪を育てるのに役立ちます。

このように頭皮ケアにはさまざまなアイテムがありますが、ケアをする上では「続けやすいか」という点も大切なポイントです。アウトバスで使うアイテム、毎晩寝る前に使うアイテムもよいですが、できればお風呂でシャンプーをした後、セットで使えるアイテムがあると便利ですよね。そこでおすすめしたいのが、「ランブット・トリートメント」です。

お風呂で新しい頭皮ケア!ランブット・トリートメント

Rambut商品画像

ランブット・トリートメント」は東南アジアや太平洋諸島に自生するトロピカルフルーツ「ノニ」に着目したスカルプケアトリートメント。インドネシアで古くから伝わる頭皮ケアをヒントに、日本人男性の使いやすさを重視して開発された商品です。

南国のフルーツ「ノニ」を頭に塗る理由とは?

インドネシアの美容室では、数百年も前から「ノニの実を直接頭に塗る」という頭皮ケアが日常的に行われているそうです。ノニにはビタミンCやアミノ酸、ミネラル、ポリフェノールなど、体によいとされる140種類以上の栄養が含まれており、それらを直接塗り込むことで美容に役立てています。

ランブットは、このノニの実に人間の皮脂によく似た成分を持つホホバオイルを配合し、セルフケアでも頭皮に塗りやすいよう工夫。頭皮の余分な皮脂を落としながら、ノニの豊富な栄養を頭皮にじっくり浸透*させるトリートメント剤を開発しました。

* 角層(角質層 )まで

週2回のケアだから続けやすい

使用するタイミングは入浴時。シャンプーで頭皮を清潔にしてから塗布し、そのまま15~20分置いてから洗い流します。塗りながら頭皮をマッサージするとさらによいですね。ランブットは週に2回の使用で十分。「毎日続けなきゃ」というプレッシャーも少なく、初めての頭皮ケアにもおすすめです。

髪や頭皮の悩みはなかなか周囲に相談しづらく、何から始めればいいかもわかりづらいもの。そんな時は、いつものシャンプーを変えてみる、トリートメントをプラスしてみる…など、身近なところから取り組んでみるとよいですね。食事や生活習慣にも気を配りながら、新しいヘアケア習慣を始めてみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちら

気になる頭皮に、週2回の「トリートメント習慣」

関連記事

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー