スキンケア大学 メンズスキンケア大学

インタビューアディダス ジャパン

アクティブに、ポジティブに楽しむ「攻め女」

(スキンケア大学) all in for #mygirlsには、「攻めろ女子」という強いメッセージがありますが、このテーマにした理由をお伺いできますか?

(石橋) 20~30代の女性にアンケートをとった結果、約半分の方はスポーツをやっていないという結果となりました。昔やっていたが、やめてしまった。やりたいけれど、できていないという人も多いようです。

現代女性は忙しく、スポーツをする機会も少ないと思いますが、アディダスでは、仕事や恋愛だけでなく、スポーツも、欲張りに全部あきらめて欲しくないというメッセージを込めて「攻めろ女子」というテーマを打ち出しました。

今回、アンバサダーとしてなでしこジャパンの澤さんであったり、現役を引退された浅尾さんを起用し、仲間と一緒に楽しむことや、力を抜いて自然体で楽しむといったことを伝えたいと思っています。
「攻めろ」という強いメッセージですが、スポーツをすることを日常の楽しみとして、より一層充実した生活を過ごして欲しいですね。
ひとりではなく友人とはじめるだけでも、日常生活にスポーツが溶け込みやすくなるかと思いますし、ファッションという面から、女性がスポーツに関心を持っていただくことでもよいのではないでしょうか。

(スキンケア大学) どのような反響がありましたか?

(石橋) 「攻めろ女子」ということで、強すぎるメッセージに聞こえてしまうかな、とも思ったのですが、20~30代の方々を中心に共感をいただいています。
攻めている(なんでも楽しんでいる)女子のことを、私たちの周りでも「攻め女(セメジョ)」と呼び、もっと多くの「攻め女」が増えることを願っています。

スポーツ観戦で盛り上がる

(スキンケア大学) 今後はどのような展開になりますか?

(石橋) 2013年3月から2015年まで、グローバル(世界的な)レベルで女性向けの打ち出しを展開していきます。来年にはサッカーのワールドカップがありますので、サッカー日本代表のユニフォームを作っているアディダスとしても、まずは「観る」ことを楽しむという流れを作っていきたいと思っています。

また、機能性はもちろんのこと女性が着たくなるようなファッション性も大事にしています。女性用のスポーツ用品となると、機能よりもデザイン重視になってしまいがちですが、そこはスポーツメーカーなので両方備わっており、安心して使っていただくことが出来ます。
具体的には、ウェアに消臭性を持たせたり、シューズでも軽さや柔らかさなども女性への配慮を大切にしています。

毎日の生活にスポーツを

(スキンケア大学) みなさまに何かメッセージがあればお願いいたします。

(石橋) 忙しい中でも、スポーツを毎日の生活に取り入れることで、世の中の女性に内面も輝いて欲しいと思っています。アディダスでもそのような女性のみなさまをサポートできればと思っています。

アディダス ジャパン 企業情報

今回のキャンペーンは、アディダスとして史上初のグローバルガールズキャンペーンです。
特に、日本のマーケットでは、アディダスブランドは男性のイメージが強いため、
女性にも受け入れられるブランドを目指すべく、今回のようなキャンペーンを展開しています。
また、日本のマーケットに向けて、スポーツとの親和性の高い女性タレントや、
スポーツ選手を起用することで、ブランドへの親近感をいだいていただけるようなプロモーション施策を実行しています。

アディダス ジャパンのサイトへ

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

ビューティーサポーターズとは?

女性がキレイになるために必要な情報や、
素晴らしいサービス・製品に注目し、
それに取り組む企業を紹介しています。
私たちスキンケア大学では、
「ビューティーサポーターズ」各企業の
取り組みを通して、「お肌のための暮らし」を
提案していきたいと考えます。

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー