スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

ニキビと言えば!「クレアラシル」の歴史と強み

更新日:2018/10/16

レキットベンキーザー・ジャパン株式会社
マーケティング本部
アシスタントブランドマネージャー 高橋英子 さん

世界161か国で使われているニキビブランド

clearasil1

まずは、ブランドの歴史を簡単に教えていただけますか?

高橋:

クレアラシルは1953年に薬剤師との共同開発から生まれたアメリカのブランドで、ブランド名もティーンのクリアな素肌(Clear Skin)を実現させたい、というところから来ています。

日本への進出は1960年にニキビ治療薬クリーム(医薬品)を輸入販売したことに始まり、その後世界161か国に販売が拡大するなど、さまざまな国でシェアを広げてきました。

そうした背景から、クレアラシルは海外のブランドというイメージが強いようですが、実は日本国内で取り扱っている製品はすべて、日本で製造しており、皆様が使いやすいよう開発されたものです。

現在は、医薬品の治療薬クリームのほか、医薬部外品の薬用洗顔クリームや薬用ローション、大人の肌にも使える薬用アクネジェルなどを販売しており、ニキビ予防と治療をトータルにサポートできるラインナップが揃っています。

ニキビ治療クリームには、赤みをカバーする肌色タイプも

ブランドのなかでも、柱となる商品について教えてください。

高橋:

医薬品である治療薬クリームがもっとも有名ですが、ニキビ予防を目的とした洗顔クリームや泡洗顔など洗顔アイテムもよく売れています。

治療薬クリームは有効成分としてイオウとレゾルシン等を配合しています。(*1) 80年代のテレビCMなどでも「サルファ・レゾルシン処方」と言ってきましたが、このサルファとはイオウのことで、中心成分は今も変えていません。

本治療薬は皮脂を吸収し、アクネ菌を殺菌し、ニキビの赤みやはれを抑える働きがあり、ニキビ治療に効果があります。そのため、皮脂の分泌が多いことで発生するタイプのニキビに対して多く使われています。

また、治療クリームには白色タイプと肌色タイプの2種類があります。外出時などニキビの赤みをカバーしたいときは肌色、就寝前のケアには枕カバーなどに色がつかない白色タイプと、使い分けるのもおすすめです。

(*1)有効成分:イオウ、レゾルシン、グリチルリチン酸二カリウム、トコフェロール酢酸エステル

大人のニキビ予防にも!薬用洗顔クリーム

clearasil2

薬用洗顔クリームの方の特徴はいかがですか?また、どんな方に多く使われていますか?

高橋:

薬用洗顔クリームには、ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌する有効成分サリチル酸が配合されています。また、「しっかりタイプ」にはビタミンC誘導体が入っています。

治療薬クリーム同様、ティーンの方々のニキビ予防に多く使われているアイテムですが、意外なところでは、若い社会人の女性などにも愛用されています。

その方々は、普段は一般的な洗顔フォームを使っていて、ニキビができやすい季節や生理の前だけクレアラシルの洗顔アイテムに切り替えるそうです。なぜかというと高校生の頃に使っていてよかった、肌に合っていたと感じていて、コストパフォ―マンス的にも魅力だからという理由だそうです。

そのようにしてクレアラシルのよさをわかっていただき、戻ってきていただけるのもうれしいことですよね。

今年に入り、テレビCMとパッケージデザインを刷新

最近のプロモーションなどについてもお聞かせいただけますか。

高橋:

中高生に向けて認知度を高めていきたいとのことで、今年からはティーンに人気の飯豊まりえさんをアンバサダーに起用したテレビCMをオンエアしています。

また、今年は治療薬クリームと洗顔クリームのパッケージもリニューアルを行いました。女性だけでなく男性も使うので、デザインはユニセックスなイメージを基調としています。さらに、治療薬には「ニキビを治す」「赤く、目立ちやすいニキビも治す」、洗顔クリームには「ニキビ予防に」と、大きく表示することによって、特徴がわかりやすく伝わるよう工夫しています。

最後に、今後についてお聞かせください。

高橋:

クレアラシルはニキビに悩むあらゆる世代、あらゆるユーザーをサポートしていくブランドです。現在は、皮脂の分泌が盛んな思春期ニキビに悩む子供たちと、その親御さんに向けてプロモーションを強化していますが、ニキビは思春期以外の人たちも多くが悩んでいらっしゃると思うので、今後はニキビブランドとして対象を広げていきたいと考えていますし、サポートできるアイテムを増やしていけたらいいですね。

クレアラシルのアイテムはいずれも手ごろな価格ですし、薬局やスーパー・ドラッグストア、ディスカウントショップなど身近な場所でお買い求めいただけます。ティーンに限らず、ニキビの無いクリアな素肌にぜひご活用いただけたらと思います。

clearasil3

ブランド情報

クレアラシルは1953年に「ティーンのクリアな素肌(Clear Skin)を実現させたい」という想いから、ニキビ治療薬クリーム(医薬品)を薬剤師と共同開発し誕生したブランドです。現在は治療薬クリームのほか、医薬部外品の薬用洗顔クリームや薬用化粧水、大人の肌にも使える薬用アクネジェルなども販売しており、ニキビ予防と治療をトータルサポートしています。「ニキビといえばクレアラシル」と世代を超えて支持されるブランドを目指してこれからも進化し続けます。

https://www.clearasil.jp/

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー