スキンケア大学 メンズスキンケア大学

コンニャクセラミド配合のサプリメントで潤いある生活へ。ダイセルの「ピュアセラミド」

更新日:2018/11/09

株式会社ダイセル
有機合成カンパニー コスメ・ヘルスケアマーケティング部
課長 稲井田 有希さん

植物性にこだわって、コンニャク芋由来のセラミドを使用

Daicel1

セラミドが含まれた化粧品はこれまでも聞いたことがありますが、なぜ御社では、サプリで摂取できるセラミドにこだわったのでしょうか?

稲井田:

セラミドと聞くと、化粧品に配合されているイメージが強いですよね。でも実は、セラミドは経口摂取によってより効果的に取り入れることができるといわれています。口から摂取することで、からだの内側からセラミドを合成する効果が期待できる、ということをまずは知ってほしいと思っています。

「ピュアセラミド」を開発するにあたって、セラミドが多く含まれている植物を200種類ほど調べました。お米などにも含まれていますが、圧倒的に多かったのがコンニャク芋でした。コンニャク芋を製粉するときに出る「飛粉」という、周りについている皮のような部分に多く含まれているので、製品作りには「飛粉」を利用しています。当社では、コンニャク芋由来のセラミドの製造特許も持っています。

セラミドには、いろいろな種類があるのですね。

稲井田:

市販の化粧品などに含まれているセラミドは、合成されたものが多いようです。セラミドには合成によって作られたものと天然由来のものがあります。さらに、天然由来のものには動物性と植物性があり、動物性のものはウシ由来のセラミドなどです。直接口にすることを考えると、植物性のものを使用することがもっともよいのではないかと考え、植物性のセラミドにこだわりました。

飲むことで、体の内側からケアが期待できる!

セラミドをサプリとして口から摂取することで、どのような効果が期待できるのでしょうか?

稲井田:

詳しく説明するのは難しいのですが、食べたものが、そのまま肌のセラミドになるのではありません。この商品は、植物性の「グルコシルセラミド」(=グルコースという糖質とセラミドがくっついたもの)でできています。グルコシルセラミドは腸で分解され、皮ふのセラミドを作る酵素の活動を活発にすると考えられています。そして、からだに含まれるセラミドが増えていくといわれています。

体の中からケアできることが、期待されているのですね。

稲井田:

ヒアルロン酸やコラーゲンは真皮といって、皮ふの角層の下にある部分に必要とされる成分です。セラミドは、皮ふの一番外側の角層に影響します。この角層は、乾燥や紫外線など外的刺激から真皮を守ってくれています。ですので、セラミドでしっかりケアしていないと、コラーゲンもヒアルロン酸も壊れやすくなると考えられています。

皮ふに塗るタイプのものと違い、口からの摂取によって全身のセラミドを増やすことが期待できるので、化粧品を塗りにくい部分のケアにもおすすめしたいですね。約3か月を基本にデータを取っていますが、短期間で変化を感じたと言われる方が多いですね。

セラミドが減ると、肌のバリア機能が弱ってしまう!

Daicel2

肌にとって、セラミドは大切な存在なのですね。

稲井田:

セラミドはもともと人の肌にあるものですが、人によってその量はさまざまです。生まれつき少ない方もいますし、乾燥や紫外線、PM2.5などといった外的環境の変化や、加齢によって減ってしまうといわれています。セラミドが減ると肌のバリア機能が弱ってしまい、肌は外的刺激を受けやすくなってしまうんです。アトピーの方などの肌トラブルの原因はこのバリア機能の低下といわれることもあります。

そういった理由から、お客様の中には「ピュアセラミド」で調子がよくなったと言ってくださる方も多くいます。もともと、この商品は、肌にトラブルを持った方に向けて開発を始めたものなんです。アレルギー科の先生に治療と併用して使ってもらっていましたが、モニターをお願いした方から「もっとほしい」という声をいただき、製品化することになりました。

セラミドの研究は今、どんどん進んでいるんですよ。国もセラミドの効果を示したデータを認めていて、特定保健用食品の成分として認めています。(コンニャク)セラミドは、口からの摂取で効果や機能が証明されている成分であることを、もっとたくさんの人に伝えていきたいですね。

「コンニャクセラミドといえばダイセル」といわれる存在を目指して

今後はどのように製品を育てていきたいと考えていますか?

稲井田:

「ピュアセラミド」のように研究所で開発され、機能がはっきりとデータでも表れている製品を、お客様に発信していくために、さまざまな工夫をしています。コンニャク芋の産地として有名な群馬県とタイアップし、「コンニャクにはセラミドが入っていて、肌にもよいので食べましょう」と、イベントでのPR活動にも力を入れています。いずれは「コンニャクセラミドといえばダイセル」と認知していただけるようになりたいですね。

今のところ、商品の販売は通販がメインです。ターゲットは、敏感肌やゆらぎ肌でお悩みの方ですね。肌のゆらぎの幅を小さくできるようにサポートするだけでなく、環境に影響されやすい新型トラブル肌、なんとなく不調が続くといった肌の方にも使っていただきたいと思います。

当社では、セラミドの機能拡張、健康作用について、さらに研究を進めているところです。多くの方の肌の悩みを解決できるよう、これからも努力を続けていきます。

Daicel3

ブランド情報

ピュアセラミド

2004年に専門医と敏感・トラブルでお悩みの方のためのサプリメントとして開発しました。コンニャク芋から抽出された植物由来のセラミドとしてご愛用いただいています。また、飲むことで全身へ内側から働きかけるため、外側から塗る化粧品とは違う価値を感じていただいています。

今後も北海道大学との共同研究など引き続きセラミド研究を継続し、お客様にセラミドの良さを届けていきたいと思っています。

http://www.daicel-shop.jp/pureceramide/e/pc/

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー