スキンケア大学 メンズスキンケア大学

キーワード「ワセリン」の関連記事

  1. 1
    白色ワセリンは副作用が起こる?肌への効果・効能とスキンケアへの応用
    大澤一弘 先生

    大澤一弘 先生

    白色ワセリンは副作用が起こる?肌への効果・効能とスキンケアへの応用

    保湿効果に注目が集まるワセリンですが、その保湿機能はどの程度のものなのでしょうか。また、副作用はないのでしょうか。ここでは保湿効果の解説とあわせ、その他の用途についてもドクター監修のもとに、ピックアップして紹介します。

  2. 2
    ワセリンを顔にぬってもよい?アトピー肌への効果と有害事象
    坪内利江子 先生

    坪内利江子 先生

    ワセリンを顔にぬってもよい?アトピー肌への効果と有害事象

    ワセリンは昔から医療の現場などで使用され、なじみ深い保湿剤の1つです。このワセリンを顔の保湿に使用することには、効果が期待できるのでしょうか。また、アトピー肌への使用は問題ないのでしょうか。ドクター監修のもと解説します。

  3. 3
    石油が原料!?白色ワセリンに副作用はある?ない?
    板東浩 先生

    板東浩 先生

    石油が原料!?白色ワセリンに副作用はある?ない?

    副作用リスクの有無、鉱物油の問題など、ワセリンに関する疑問を解消します。乾燥対策に多用される白色ワセリンのリスクを徹底検証。気になる油焼けのリスクについても触れています。

  4. 皮膚科医に聞く!アトピーのステロイド・ワセリンを使った治療方法
    板東浩 先生

    板東浩 先生

    皮膚科医に聞く!アトピーのステロイド・ワセリンを使った治療方法

    世間では保湿成分を塗布することでアトピーが軽快するという考え方が知られており、ワセリンの効能に注目が集まっていますが、アトピー性皮膚炎のケア方法としては有効なのでしょうか?

  5. ワセリンを荒れた唇に塗っても大丈夫?
    黒木絵里

    黒木絵里

    ワセリンを荒れた唇に塗っても大丈夫?

    唇の乾燥や荒れは気になるものですよね。人の目にも止まりやすい唇は、お手入れにも気を使いたいパーツです。お手入れ方法はどうしたらいいの?そんな疑問を持った人におすすめしたいリップケア方法をご紹介します。

  6. 赤ちゃんのスキンケアに。オールマイティなワセリンの使い方
    スキンケア大学参画ドクター

    スキンケア大学参画ドクター

    赤ちゃんのスキンケアに。オールマイティなワセリンの使い方

    赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんの肌を守るためには、ワセリンは口の周りから、お尻までオールマイティに使用でき重宝します。ここでは、ワセリンの種類や上手な使い方について、ドクター監修のもと解説します。

  7. ワセリンは花粉症に効果あり?まぶた・鼻・皮膚など肌荒れ解消の塗り方
    松本愛

    松本愛

    ワセリンは花粉症に効果あり?まぶた・鼻・皮膚など肌荒れ解消の塗り方

    ワセリン(ヴァセリン)は添加物を含まないので肌に余計な負担を与えずに優しい使い心地で、お年寄りから子供まで幅広く使われています。最近では花粉症の予防にワセリンが効くのではないかと言う声も聞かれますが、なぜでしょうか。おすすめの塗り方なども見ていきましょう。

  8. ワセリンは日焼け止めをプラスすると効果的?
    松藤あつこ

    松藤あつこ

    ワセリンは日焼け止めをプラスすると効果的?

    ワセリンは、肌の水分を逃さないようしっかり守ってくれる保湿剤。ここでは日焼け止めと一緒に使うと効果がさらにアップすると言われているワセリンの効果的な方法をご紹介します。

  9. 身近にひとつ。マルチユース対応の保湿ジェリー「ヴァセリン」
    スキンケア大学編集部

    スキンケア大学編集部

    身近にひとつ。マルチユース対応の保湿ジェリー「ヴァセリン」

    肌のうるおいを守り、すこやかな肌へと導くスキンケアブランドとして知られる「ヴァセリン」。さまざまな用途に使えるマルチユース性や、多彩な商品ラインナップも特徴です。ユニリーバ・ジャパンの横井恵美さんに、ブランドの歴史やその魅力をお伺いします。  

  10. 乳児湿疹にも!赤ちゃんへのワセリンの使い方と注意
    眞々田容子 先生

    眞々田容子 先生

    乳児湿疹にも!赤ちゃんへのワセリンの使い方と注意

    赤ちゃんの肌を守るためにはワセリンが有効です。ここではドクター監修のもと、口の周りのかぶれから、おむつかぶれといった軽度の炎症を防ぐための方法を紹介します。赤ちゃんのデリケートな肌をしっかりと保護してあげましょう。

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー