コラーゲンの経口摂取とその効果

この記事の監修者

管理栄養士北川みゆき

コラーゲン

体を構成するたんぱく質の一種であるコラーゲンは、肌の弾力やハリを保つ作用がありますが、年齢と共に減少する性質があるため、積極的に摂ることがオススメです。しかし、コラーゲンを多く含む豚肉やフカヒレなど、どの食材も比較的カロリーが高い傾向にあります。
近年、コラーゲンサプリなど健康補助食品が多く発売されていますが、そもそもコラーゲンにはどのような特徴があるのでしょうか。

コラーゲンの特徴

人間の体は、主に水分、たんぱく質、脂肪で構成されており、中でもたんぱく質は約18%程度の割合となっています。さらにコラーゲンは全たんぱく質の約30%も占めているのです。
コラーゲンは肌を構成する成分で、細胞と細胞をつなぎ合わせる働きであったり、皮膚をはじめ、骨や軟骨、血管、筋肉にも存在しています。また、それぞれの器官で絶え間なく新陳代謝を繰り返しながら、その量を維持しています。

しかし、年齢と共に量と質が低下していくことが明らかにされており、コラーゲンの質が低下することで、新しいコラーゲンが作られにくくなり、肌のハリや弾力が失われやすくなってしまいます。

コラーゲンの経口摂取は効果があるのか

「肌の弾力やハリを保つためには、コラーゲンを摂取するとよい」ということでブームに火がつき、手軽に摂取できるコラーゲンドリンクやサプリなどは本当に数多く発売されています。しかし、コラーゲンを経口摂取することの効果を疑問視する声も上がっており、さまざまな研究がなされています。
血液の循環をよくする作用や体内のコラーゲン合成を促進する働き、また、コラーゲンに含まれるアルギニンやグルタミンといった成分にも、コラーゲンを合成する作用があることが分かってきていますが、科学的に検証が不十分な部分も多く、今後も更なる研究が必要とされています。

ななつのしあわせミックスナッツ

Facebookもチェック

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

カテゴリー

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン