ホルモンバランスを整える食生活とは

この記事の監修者

管理栄養士北川みゆき

納豆

ここ数年ほど、日本人女性でホルモンバランスの崩れている方が非常に多くなってきています。生理痛や月経前症候群などが約8割の女性にみられているのも、ホルモンバランスの乱れが原因であると考えられているようです。

ホルモンバランスの乱れは、内服薬によって治療をすることも可能ですが、副作用が起こる可能性があるため、食事によってホルモンバランスを調整するほうが、リスクや危険性がほとんどなくオススメです。

では、ホルモンバランスを整えるためには、いったいどのような食事の摂り方をするとよいのでしょうか?

ホルモンバランスを整える3つのポイント

■規則正しい食生活を心がける
規則正しい食生活とは、1日3食をきちんと摂っていればいいというものではありません。食べる量を腹八分目で抑え、栄養をバランスよく摂取することが大切です。

■大豆製品を積極的に摂る
大豆には女性ホルモンのエストロゲンと似た働きを持つ“イソフラボン”という物質が含まれています。女性ホルモンが低下した場合に摂取するとホルモンの代わりに作用してくれます。

■ビタミンを効果的に摂る
ビタミンB6、Eには女性ホルモンの分泌を促し、ホルモンバランスを整える働きがあります。ビタミンB6には月経前症候群のさまざまな症状を和らげる働きもあるといわれています。また、ビタミンEは血液循環を改善し、生理痛を和らげます。ビタミンB群の一種であるパントテン酸はストレス緩和作用のある副腎皮質ホルモンの合成・促進に関与しています。

ビタミンB6…かつお、さんま、まぐろなどの魚類
ビタミンE…アーモンドやヘーゼルナッツなどのナッツ類
パントテン酸…アボカドや卵など

特にオススメは納豆!

特にオススメなのが、約1パックの摂取で1日の必要量を満たす納豆です。納豆は、原料となる大豆が発酵することによって吸収率が高まります。積極的に取り入れていきましょう。

ななつのしあわせミックスナッツ

Facebookもチェック

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

カテゴリー

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン