キウイの栄養と効果

この記事の監修者

管理栄養士北川みゆき

キウイ

甘さと酸っぱさのバランスが絶妙なキウイフルーツ。南国果実としてはもはや定番の存在ですが、栄養が非常に豊富なことから、機能性果実としても注目されています。

キウイフルーツの健康・美容効果

■疲労回復
疲労の原因となる乳酸を分解してくれるリンゴ酸やクエン酸、キウイフルーツの酸味の成分でもあるキナ酸などの有機酸には、疲労回復効果が期待されています。また、ビタミンCにもストレスに対する抵抗力を高めて、疲労回復につながります。

■エイジングケア
キウイフルーツには、抗酸化作用のある成分がたくさん含まれています。まずは「若返りのビタミン」と呼ばれているビタミンE、美白効果のあるビタミンC、さらにポリフェノールも多く含まれているため、身体のサビつきを防いでくれます。

特に、ビタミンCは果物の中でもトップクラスの含有量を誇り、1日1個の摂取で1日の必要量を摂れるほど豊富に含まれています。加熱に弱いビタミンCでも、フルーツなら生の状態で摂取できるので、効率よく栄養補給できます。

■風邪の予防
体内に入ってきた細菌やウィルスと戦う白血球の働きを助けるだけでなく、自らも細菌と戦うビタミンCが豊富なため、免疫力が高まり、風邪の予防効果が期待できます。

■むくみの改善
むくみを予防・改善する働きのあるカリウムが含まれています。

■胃もたれを防ぐ
キウイフルーツ特有の成分で、タンパク質分解酵素であるアクチニジンには、消化を促し、胸やけや胃のムカつきを改善する働きがあります。​アクチニジンは熱を加えるとその効果が失われてしまうので、注意が必要です。

■コレステロールの排出
食物繊維であるペクチンが豊富に含まれており、果物の中では1番多いとされています。

■冷え性の改善
ビタミンEには血液の流れをよくする働きがあるため、血液の循環不全が原因で起こる肩こりや冷え性を改善する作用があります。

いかがでしたか?キウイフルーツの栄養を存分に味わうならば、デザート、サラダ、ジュースなど、加熱せず生のまま取り入れた方がよさそうです。手軽に手に入るキウイフルーツで健康を手に入れましょう。

ななつのしあわせミックスナッツ

Facebookもチェック

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

カテゴリー

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン