冬にオススメ!咳に効く飲み物

この記事の監修者

野菜ソムリエ上級プロ・栄養士・アスリートフードマイスター立原瑞穂 先生

咳に効く飲み物

蕎麦はちみつは市販の咳止め薬より効果アリ?

身体を温め、関節の痛みを緩和する「生姜」と、抗菌・消炎作用が高い「そば蜂蜜」を使います。元々、蜂蜜は抗菌作用が高く、炎症を鎮める効果があるため、古くから民間療法で使われてきました。特に、喉の奥の炎症を鎮める効果が高いと言われ、咳止め薬として重宝されてきました。

なかでも、そば蜂蜜は普通の蜂蜜より色が濃いのが特徴です。その濃い色には抗酸化物質が多く含まれており、米国ペンシルバニア州立大学の研究では、市販の咳止め薬より、そば蜂蜜の方が効果があったという研究結果が発表されてています。

但し、蕎麦アレルギーの方は蕎麦以外の蜂蜜で作りましょう。また、1歳未満のお子様は抵抗力が弱く、蜂蜜に含まれるボツリヌス菌が感染する恐れがありますので、蜂蜜は与えないようにしましょう。

レモンジンジャードリンク

■材料
生姜…2cmぐらい/そば蜂蜜…小さじ1/レモン…半分/沸騰したお湯…適量

■作り方
1.お気に入りのマグカップに生姜をすりおろす。
2.そこへレモンの搾り果汁とそば蜂蜜を入れます。
3.沸騰したお湯を入れかき混ぜれば完成です。

火傷しないよう、ゆっくり飲みましょう。また、咳がひどい場合は保温機能がある水筒に入れ、こまめに飲むようにしましょう。

焼きネギのスープ(ねぎ酒)

焼きネギは、昔から咳や喉の痛みに効果があり、さらにネギの白い部分を焼き挟んで首に巻くと咳が止まるとも言われていますよね。
これは、ネギ独特の匂い成分でもある硫化アリルには殺菌作用と血行促進作用があり、ネギを首に巻くことでこの匂い成分を使った民間療法なのです。

今回は、そんな焼きネギを簡単なスープにします。

■材料
長ねぎの白い部分…5cmぐらい/味噌…小さじ1/沸騰したお湯…適量

■作り方
1.ねぎを4等分に切ります。
2.フライパンで少し焦げ目がつくぐらいに焼きます。(油不要)
3.お椀に焼いたねぎと味噌を入れ、沸騰したお湯をお注げば完成。

温かいうちに飲みましょう。物足りない場合には、生姜やニンニクをお好みで入れてください。

ななつのしあわせミックスナッツ

Facebookもチェック

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

カテゴリー

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン