チンゲン菜の栄養が目の疲れに効果アリ!?

この記事の監修者

野菜ソムリエ上級プロ・栄養士・アスリートフードマイスター立原瑞穂 先生

チンゲン菜

チンゲン菜の旬と栄養素

チンゲン菜はハウス栽培も盛んなため、通年出回っている野菜ですが、旬は春と秋の年2回です。また、白菜の仲間なので、甘味を出すために敢えて霜が降りる冬に旬を合わせるものもあります。

含まれる栄養はβ-カロテン、ビタミンC、ビタミンE、鉄分、カルシウム、リン、カリウム葉酸、食物繊維などで、中でも特に注目してほしい栄養素は「β-カロテン」。

β-カロテンは、身体に入ると必要に応じてビタミンAに変わり、不足したビタミンAを補う働きがあります。ビタミンAは皮膚や粘膜など身体の機能を健康に保ち、病原菌などが入ってくるのを防ぐバリア的な働きをしてくれます。

しかし、欠乏しても取り過ぎてもダメなビタミンで、欠乏すれば皮膚や粘膜の乾燥や角化症、夜盲症、乾燥眼炎が起こりますし、過剰摂取をすると頭痛やめまい、脂肪肝、脱毛などになる恐れがあります。

ビタミンAの多くは動物性つまり脂質を多く持った食品に多く含まれているのですが、動物性食品(バター、牛乳、鶏卵、レバー、うなぎなど)のビタミンAは、排出されず体内に溜まってしまいます。

その点、植物性のビタミンAは尿とともに排出される性質を持っているので過剰摂取になる心配がありません。チンゲン菜などの緑黄食野菜から変換されたビタミンAを摂ることは、身体に負担をかけない賢い摂取法だと言えます。

VDT症候群に効果あり

ビタミンAには、VDT(Visual Display Terminal)症候群を緩和する効果があります。

VDT症候群とは、パソコン画面などを見て長時間作業を続けた時に、心身に不調をきたす現代病です。ドライアイや眼精疲労もこの中に含まれます。

ビタミンAは涙の量を一定に保ち、網膜や角膜を保護する働きがあるので、パソコン、スマホなどで目を酷使する方はチンゲン菜をはじめ、緑黄色野菜を日頃から摂取するよう心掛けましょう。

チンゲン菜の効果的な食べ方

チンゲン菜はビタミン豊富で油との相性が良い食材なので、炒めものがオススメです。さらに、チンゲン菜のビタミンはタンパク質と一緒に摂ると吸収率がよくなるので、卵や豚肉、鶏肉と一緒に食べるようにしましょう。

火の通りが早いので、手早くサッと炒めましょう。また、茹でる場合はお湯に油を少し足すとお湯の温度があがり、色鮮やかに早く茹でることができます。

ななつのしあわせミックスナッツ

Facebookもチェック

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

カテゴリー

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン