ベリーの宝石「ボイセンベリー」の抗酸化力に注目!

この記事の監修者

野菜ソムリエ上級プロ・栄養士・アスリートフードマイスター立原瑞穂 先生

ボイセンベリー

ベリー類の中で、ラズベリーやブルーベリーなどは有名ですが、ボイセンベリーは初めて耳にしたという方もいらっしゃるかもしれません。このボイセンベリーは「ベリーの宝石」ともいわれるほど、すごいパワーがあることで知られています。今回はボイセンベリーについて詳しくご紹介します。

ボイセンベリーとは?

ボイセンベリーとは、ブラックベリーとラズベリーを掛け合わせて作られた、深い紫色をした果実のことで、甘酸っぱい風味が特徴です。
主にニュージーランドで作られており、非常に傷みやすいことから、生のまま出荷されることはほとんどなく、ジャムやジュースなどに加工されているものがほとんどです。

このボイセンベリーに含まれている「アントシアニン」という物質は、目の働きを高め、かすみ目などの目の疲れを改善する働きがあります。
ほかにも、皮膚の乾燥や肌荒れを防止するビタミンA、美白効果のあるビタミンC、貧血の改善によい鉄分や葉酸、そして健康な髪を育てる亜鉛、骨粗しょう症を予防するカルシウムなど、とにかく栄養素が非常に豊富に含まれ、女性にとっても嬉しい効能がたくさんつまった果実なのです。

ボイセンベリーの嬉しい効能とは?

ボイセンベリーの注目すべき成分は「エラグ酸」です。エラグ酸には、ブルーベリーの300倍もの抗酸化力があり、シミやソバカスの原因となるチロシナーゼの活性化を抑える働きがあります。
老化の防止や美白効果がある成分として、薬用化粧品の原材料にも用いられるほど優秀な成分なのです。

また、エラグ酸には美白効果だけでなく、ウィルスから体を守る働きによって、風邪の予防にも威力を発揮します。

ボイセンベリーが含まれる食品には、100%ジュースやゼリーなどがあります。乳製品との相性もよく、ヨーグルトやアイスクリームなどにかけて食べると甘味と酸味が絡み合い、バランスのとれた味を楽しむことができます。機会があればぜひ、試してみてはいかがでしょうか。

ななつのしあわせミックスナッツ

Facebookもチェック

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

カテゴリー

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン