夏ミカンの栄養で健康なからだを

この記事の監修者

管理栄養士北川みゆき

夏ミカン

ミカンにはさまざまな種類がありますが、今回は比較的酸味が強く、さわやかさが魅力の夏ミカンの栄養についてご紹介します。

夏ミカンの栄養と効果

■ビタミンC

「ミカンといえばビタミンC」と言うほど、ミカンには多くのビタミンCが含まれていますが、夏ミカンにももちろん多くのビタミンCが含まれています。
ビタミンCには、シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑制し、美白へと導くだけでなく、コラーゲンの生成にも関与しており、ハリのある肌が期待できます。
また、強い抗酸化作用を持つため、エイジングケアにも効果的です。さらに、免疫力を高め、風邪を予防したり、貧血や白内障の予防にも効果を発揮します。何かとストレスの多い現代社会ですが、ビタミンCにはストレスを和らげる作用もあるので積極的に摂りたい成分です。

■オーラプテン
夏ミカンの香り成分でもあるオーラプテンには、がんを抑制する働きがあると言われています。オーラプテンは皮の部分に多く含まれているので、マーマレードジャムや砂糖で煮たりして活用すると良いでしょう。

■クエン酸
クエン酸には、エネルギーを効率よく作り出し、代謝を高める作用があることから、ダイエット効果が期待できます。
また、筋肉痛の緩和や疲労回復効果、肝臓病や痛風を改善する働きもあるので、健康に関心のある方は注目したい成分です。

■ペクチン
食物繊維の一種であるペクチンには、腸内環境を整える作用があるため、便秘や下痢を改善する働きがあります。
また、体内に余分な糖分を吸収するのを抑制し、肥満の原因となる血糖値の急激な上昇を防いだり、糖尿病の予防効果も期待できます。
さらに、高血圧や高脂血症、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールの値を下げる働きもあるため、健康維持にも役立ちます。

ななつのしあわせミックスナッツ

Facebookもチェック

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

カテゴリー

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン