エイジングケアを意識した食事とは

この記事の監修者

管理栄養士北川みゆき

エイジングケアを意識した食事方法とは

若いころは、特別なケアをしなくても体の健康維持が可能かもしれません。しかし、年齢を重ねるにつれ、避けることができなくなってくるのが「老化」です。

もちろん老化の仕方や時期に個人差はありますが、日頃の食生活を意識することで老化を遅らせることも可能なのです。今回は、老化予防を意識した食事方法をご紹介します。

エイジングケアのために必要な食生活とは

■バランスの良い食事を心がける
忙しいと麺類などの単品料理でサッと済ませがちですが、栄養の偏りは老化が進む原因となります。多種多様な食材を食べることによって多くの栄養素を摂ることができるので、三大栄養素である糖質、タンパク質、脂質や、食物繊維、ビタミン、ミネラル類などバランス良く食べるようにしましょう。

■抗酸化物質が含まれている食品を積極的に摂る
抗酸化作用のあるビタミンは、「抗酸化ビタミン」とも呼ばれるビタミンA、C、E(ビタミンエース)ですので、覚えておきましょう。また、ポリフェノールやカロテノイドなどファイトケミカルと呼ばれる植物のもつ物質にも強い抗酸化作用があるので、これらを豊富に含んだ食品を取り入れるようにしましょう。

■良質な油を適度に摂る
調理に使用する油は植物性のものがオススメです。時間が経過したものや、何度も加熱した食物は酸化が進んでいるため、体内に取り込まれると老化の原因物質が作られやすくなるので注意をして下さい。マグロやサンマなど魚の油には、DHAやEPAが含まれているので上手に取り入れると良いでしょう。

■旬の食材を食べる
新鮮な旬の食材は栄養価が高く、安価でたくさん出回ります。旬の食材からは、私たちの身体が季節ごとに必要とする栄養素を上手に摂ることができます。

■加工食品を避ける
加工食品には多くの添加物が含まれており、老化の原因物質である活性酸素を発生する要因のひとつとなります。コンビニ弁当やお菓子類などをはじめとする食品添加物の多い食品は可能な限り避けるよう心がけましょう。

食習慣の改善がエイジングケアの第一歩

エイジングケアの方法には、紫外線対策や運動療法などさまざまなものがありますが、食事は生きる上で欠かせないものであり、早い段階から食習慣の改善を行うことで老化の進行を防ぐことが可能となります。

ぜひ、この機会に食習慣の見直しからはじめてみてはいかがでしょうか?

ななつのしあわせミックスナッツ

Facebookもチェック

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

カテゴリー

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン