乾燥肌をつくる食事チェック

この記事の監修者

管理栄養士北川みゆき

乾燥肌をつくる食事チェック

お肌の乾燥が気になりだすと、保湿系の化粧品でスキンケアを一生懸命される方も多いと思いますが、持続してお肌の潤いを保ちたいと考えた時、やはり大切なのは食生活の改善です。

あなたは乾燥肌を引き起こす食生活を送っていませんか?チェックシートを参考に食生活の振り返りをしてみましょう。

乾燥肌を引き起こす食習慣5つ

□極端なダイエットを行っている、あるいは頻繁に行う
(○○ダイエットにはまりやすい、食べないで痩せるのを繰り返す)

□栄養バランスに偏りがある
(好きなものばかり食べる、食事の時間や量が不規則、野菜や果物を食べない)

□加工食品をよく食べる
(コンビニ弁当やインスタント食品など食品添加物が使われているものが多い)

□冷めたい飲み物や食べ物が大好き
(清涼飲料水ばかり、冬でもアイスクリームはよく食べる)

□アルコール
(飲酒は毎日~週に4日以上、喉が渇いたからお水代わりにビールを飲む)

これらのチェック項目の中で、ひとつでも当てはまっている方は乾燥肌予備軍あるいはすでに乾燥肌の兆候が出ている可能性が高いと言えます。

栄養不足が原因の乾燥肌

スキンケアを念入りに行っているのに症状の改善が見られない場合は、極端なダイエットや不規則な食習慣が関係している可能性があります。

近年、○○ダイエットといった、ひとつの食材のみ食べ続けるダイエット法が流行っていたり、忙しいことを理由に1日1食しか摂らない方が増えていることもあって、必要な栄養素を身体に取り込むことができずに乾燥肌を引き起こしている方が増えているのです。

また、加工食品に含まれているリン酸塩などのさまざまな化学物質や添加物にも、身体に必要な栄養素の吸収を妨げる可能性があります。

飲み物でもお肌が乾燥!

冷めたい飲み物や食べ物は、身体が冷えて血液循環が悪くなるため乾燥肌の誘因になります。特に、大量の糖分が使われている清涼飲料水は、体内で砂糖を代謝する際にミネラル、特にカルシウムやビタミンB群などお肌に必要な栄養が使われてしまいます。

また、アルコールには脱水作用があり、体内の水分を奪う性質があるため、肌水分が減少し、乾燥が進む恐れがあるのです。肌と食生活は密接に繋がっており、日ごろから好き嫌いなく適切な食事をバランス良く摂るようにしましょう。

ななつのしあわせミックスナッツ

Facebookもチェック

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

カテゴリー

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン