アルコールで頭痛になった時の対処法

この記事の監修者

管理栄養士北川みゆき

お酒と頭痛

お酒を飲んで楽しくなると、気持ちも大きくなって飲み過ぎてしまいがちです。しかし翌朝、起きてみると頭がズキズキと痛んだまま、辛い一日を過ごしてしまった経験はありませんか?
今回は、どうしてアルコールを飲むと頭痛が起こるのか、また、頭痛を引き起こさない為にどのようなことに気をつければよいのか紹介していきたいと思います。

お酒を飲むと頭が痛くなるのはなぜ?

お酒を飲んだ翌朝、頭痛が生じる原因として代表的なものに「アセトアルデヒド」という物質があります。
アルコールは、肝臓でアセトアルデヒドに変化し、最終的には脂肪組織や筋肉で二酸化炭素と水に分解され、体外に排出されます。しかし、肝臓の処理機能が追いつかないとアセトアルデヒドは分解されず体内に残ってしまい、それによって頭痛や吐き気、呼吸促拍などの症状が強く引き起こされてしまいます。
また、アルコールには脱水作用があるため、脳細胞の中にある水分が減少し、縮小することでも頭痛になります。

それでは、頭痛を引き起こさないためには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか?

頭痛が起こらないようにする方法とは?

・飲み方の工夫
お酒を飲むことによって起こる頭痛は、体内にアルコールが残ることが原因ですので、翌日にアルコールが残らない飲み方をすることが大切です。アセトアルデヒドを分解する能力には個人差がありますが、いずれにしても深酒をしないことが大切です。

・水分を多めに飲む
体内にあるアセトアルデヒドを薄め、体外に排出させることによって頭痛が起こりにくくなります。お酒を飲む時は、意識して水分を多めに摂るとよいでしょう。
また、緑茶に含まれるカフェインには利尿作用があったり、スポーツドリンクは体の中に吸収されやすいため、一緒に飲むのもよいでしょう。

・アミノ酸を多く含む食品を摂る
アミノ酸には、肝臓でアルコールを分解するのを助ける働きがあります。お酒の席では豆腐やチーズ、鶏の軟骨、マグロの刺身、えび、かになどがオススメです。

・ビールのお供には枝豆がおすすめ
枝豆にはアルコールの代謝を助けるビタミンB1、肝臓の働きを助けるコリン、ビタミンCが豊富です。余分な塩分を排出していくれるカリウムも含まれているので、二日酔い予防には枝豆とビールの組み合わせは最適です。

頭痛が起こった後にも対処法はありますが、まずは頭痛が起こらないように予防策を講じることも重要です。頭痛が原因で貴重な一日がブルーにならないよう、気をつけてくださいね。

ななつのしあわせミックスナッツ

Facebookもチェック

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

カテゴリー

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン