スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

粉瘤(ふんりゅう)

粉瘤(ふんりゅう)は、アテローム(またはアテローマ)とも呼ばれる皮膚の良性腫瘍の1つで、皮膚の下に古い角質が溜まってしまった状態です。ここでは、粉瘤の症状や原因、メカニズム、治療方法などについて、ドクター監修の記事で詳しく解説します。

記事ランキング

  1. 1
    耳たぶ・耳の裏にできる粉瘤の症状と原因・治療方法
    谷祐子 先生

    谷祐子 先生

    耳たぶ・耳の裏にできる粉瘤の症状と原因・治療方法

    粉瘤(ふんりゅう)は身体中のどこにでもできる可能性がありますが、中でも耳たぶや耳の裏はできやすい部位といわれています。耳たぶや耳の裏にできる粉瘤の症状と原因・治療方法について、ドクター監修の記事で詳しくお伝えします。

  2. 2
    粉瘤(アテローム)手術は痛い?手術後も痛みは続くの?
    谷祐子 先生

    谷祐子 先生

    粉瘤(アテローム)手術は痛い?手術後も痛みは続くの?

    粉瘤(ふんりゅう=アテローム)を完治させるためには、手術で中にたまった嚢腫(のうしゅ)を取り除く必要があります。その手術方法はどういったもので、術後の痛みやダウンタイムはどの程度か、ドクター監修の記事で詳しくお伝えします。

  3. 3
    粉瘤(アテローム)ができる原因はストレス?体質?症状と特徴について
    谷祐子 先生

    谷祐子 先生

    粉瘤(アテローム)ができる原因はストレス?体質?症状と特徴について

    ニキビだと思っていたら、なかなか治らず、どんどん大きくなってきた…それは、皮膚の腫瘍「粉瘤(アテローム)」かもしれません。粉瘤とはいったいどういったものか、その症状や原因について、ドクター監修の記事で解説します。

  4. 4
    ニキビとは違う!しこりになった粉瘤の臭いの原因とは
    谷祐子 先生

    谷祐子 先生

    ニキビとは違う!しこりになった粉瘤の臭いの原因とは

    皮膚の下にできた袋の中に老廃物が溜まり、しこりとなった良性腫瘍の粉瘤(ふんりゅう=アテローム)。この粉瘤から嫌な臭いがすることがありますが、それはなぜでしょうか?ドクター監修のもと、原因と対処法についてお伝えします。

  5. 5
    粉瘤(アテローム)の皮膚科治療と根治のポイント
    谷祐子 先生

    谷祐子 先生

    粉瘤(アテローム)の皮膚科治療と根治のポイント

    粉瘤(ふんりゅう=アテローム)は、自然に治癒することはあまりなく、自分で治すこともできません。では、皮膚科ではどのような治療を行っているのでしょうか。粉瘤の治療方法について、ケースごとに詳しくご紹介します。

  6. 粉瘤が化膿して破裂した場合の対処法!正しい処置で再発を防ぐ
    阪田和明 先生

    阪田和明 先生

    粉瘤が化膿して破裂した場合の対処法!正しい処置で再発を防ぐ

    皮膚の下に袋ができ、その中に老廃物が溜まることでしこりとなる粉瘤。炎症を起こすと袋がもろくなり、破裂することがあります。もしそうなってしまった時は、どう対処すればよいのでしょうか。ドクター監修の記事で詳しくお伝えします。

  7. 粉瘤(アテローム)の症状は自然治癒する?手術・治療の必要性
    鈴木稚子 先生

    鈴木稚子 先生

    粉瘤(アテローム)の症状は自然治癒する?手術・治療の必要性

    皮膚の良性腫瘍のなかでもっとも多いと言われるのが粉瘤(アテローム)です。顔や背中、お尻などにできることが多く、原因ははっきりとしません。粉瘤は自然治癒することはあるのでしょうか。ドクター監修の記事で詳しくお伝えします。

  8. 傷跡は残る?顔にできる粉瘤の治療と術後の経過
    谷祐子 先生

    谷祐子 先生

    傷跡は残る?顔にできる粉瘤の治療と術後の経過

    顔にもできることの多い粉瘤(ふんりゅう=アテローム)。治療法には手術が有効ですが、場所が場所だけに傷跡が残らないか心配という方も多いのでは?ドクター監修のもと、顔の粉瘤の治療と術後の経過について解説します。

  9. 粉瘤が痛み出したらすぐに治療すべき?
    松井潔 先生

    松井潔 先生

    粉瘤が痛み出したらすぐに治療すべき?

    粉瘤は通常、痛みはないといわれています。そのため放置しておいたり、背中など目が届かない場所だと見逃しているケースも多いようです。もし、痛み出したらすぐに治療すべきか、ドクター監修の記事で詳しくお伝えします。

  10. 小さい粉瘤は自分で潰した方がいい?正しい治療方法
    阪田和明 先生

    阪田和明 先生

    小さい粉瘤は自分で潰した方がいい?正しい治療方法

    ニキビと見分けがつかないほど小さな粉瘤。大きく成長する前に、自分で潰してしまっても大丈夫なのでしょうか。それとも、自然に治るまでできるだけ触れずに待つほうがよいのでしょうか。ドクター監修の記事で詳しくお伝えします。

粉瘤の原因と治療

粉瘤(ふんりゅう)の治療法や原因などを解説しています。

粉瘤に関する疑問・質問

粉瘤(ふんりゅう)とは、古い角質や皮脂などが皮膚下に溜まり、触ると硬いしこりを感じるのが特徴です。ここでは、粉瘤の疑問をドクター監修のもと解説します。

カテゴリー