スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

コラーゲン

お肌がプリプリになる!と言われ、食べ物にも含まれているコラーゲン。真皮と呼ばれる肌の奥に存在し、ハリや弾力を保ってくれる働きがあります。しかし、コラーゲンを食べたり、肌に塗ったりすることで、真皮のコラーゲンが補われるというわけではありません。

食べ物から摂取した場合は、一度アミノ酸に分解されますし、化粧品として肌に塗った場合は真皮まで届きません。しかし角質内で水分をキープする保湿成分として働いてくれます。

真皮にあるコラーゲンは、年齢とともに減少していくため、肌のハリや弾力の低下につながっていきます。そうならないためにも、体内でコラーゲンを生成させることが重要になってきます。

カテゴリー